足の親指の骨折はどんな症状で疑い、どう判別するか?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

足の親指は一番前に出ていて、
一番大きな足の指ですから、
傷めやすいわけですね。

ここをぶつけたり、捻ってしまった場合、
骨折を疑うのはどんな症状なのか?

骨折と打撲はどう判別するのか?

そういったことを解説したいと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

足の親指の骨は2本 もしくは 3本

足の親指の骨には何があるのか
という基本からいきましょう。

こちらのイラストをご覧いただくと、

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

足の親指は明らかに他の指より太い部分ですが、
他の指より1つ骨が少ないです。

他の指では

  • 末節骨
  • 中節骨
  • 基節骨
  • 中足骨

という構成ですが、

親指は

  • 末節骨
  • 基節骨
  • 中足骨

 

中節骨がありません。

(実際は、他の指も中節骨がないケースがありますが)

さらに中足骨というのは、
足の甲を形成する骨ですので、
足の指の骨に数えるかは微妙なところです。

そういう意味で
足の親指の骨は2つ、もしくは3つということですね。

足の親指の骨折と打撲はどこで判別する?

判別するポイントは
結論を言えば、最終的には
レントゲンを見ないとわかりません。

ただし、やはり特徴的な症状はあります。

足の親指の骨折の症状は?

足の親指に限ったことではありませんが、
打撲に比べて、
骨折の方が、

ほとんどの症状で強く出ます。

  • 痛みが強い
  • 痛みの持続時間が長い
  • 関節を動かしたときの痛みが強い
  • 腫れが強い
  • 内出血が強い

などなどですね。

これらについて、
詳しくはこちらで解説していますので、
参考にしていただければと思います。

足の指の骨折は痛みは3つのポイントで判断!専門家解説

2016.09.24

カンタンにおさらいすると、

痛みの評価ポイントとして、

  1. 痛みの強さ
  2. 痛みの持続時間
  3. 何をすると痛いか

これがどうか。

つまり、痛みが強くても、
すぐにひくのか、長引くのか、

動かすと痛いのか、
歩くと痛いのか、

そういった点で痛みを評価しています。

さらには、腫れと内出血ですが、

骨折していれば
骨折している骨から、
出血しています。
それが内出血と腫れの原因です。

ただ、その周りの出血の場合もあるので、
骨折していなくても腫れますし、
内出血することもあります。

そうは言っても、骨折の時の方が
腫れや内出血は一般的には強くなります。

スポンサード リンク

骨折と打撲の判別テクニック 「圧痛点探し」

ここでは、判別のテクニックとして、

圧痛点探しというものをご紹介します。

圧痛というのは、押して痛いということですが、
この押して痛い部位を圧痛点と呼びます。

つまり、どこを押すと痛いのか?
それを探すというのが「圧痛点探し」
ということになります。

そして、打撲の場合は、
その直接強打した部位にある程度限定して、
圧痛点があります。

しかし、骨折というのは、
その骨が折れているわけですから、
上から押しても、下から押しても、
右から押しても、左から押しても痛い

というのが1つの特徴です。

そのときに、1つの骨を正確に押す必要がありますので、
骨の形などを把握しておくことは大切です。

前半で解説した部分、イラストをよくご覧いただきながら、
圧痛点探しをしていただくのもいいかと思います。

ただ、やはり何より大切なのは、
骨折を疑えば病院を受診するということですね。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。