足の指の骨折を放置するな!その危険性を解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

足の指の骨折・・・
これは他の部位の骨折に比べると、
軽く見られがちな骨折です。

しかし、その足の指の骨折を
しっかりと治療せずに放置した結果、
非常に残念な結果になることがあります。

その危険性について
いくつか解説していきたいと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それでは、いきましょう!

まず足の指の骨についてのおさらいです。

足の指の骨とはどんな骨があるのか

足の指の骨は足のつま先から

  • 末節骨
  • 中節骨
  • 基節骨
  • 中足骨

という名前がついています。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院


しかし、時に中節骨と基節骨が
生まれつき1つに癒合しているケースがあります。

また、中足骨は足の骨のイラストを見ると、
指の骨のようですが、
実際は足の裏と甲を形成している場所の骨です。
指と言えるのは基節骨からになります。

そのため、中節骨と基節骨がそれぞれあって、
中足骨も数に入れると4つになりますが、

中節骨と基節骨が1つに癒合していて、
中足骨を数にいれなければ2つになります。

足の指の骨折を放置した結果起こり得る4つの悪いこと

それでは、足の指の骨折を
放置してしまったとして、
起こりうる悪いケースを想定してみましょう。

これらが必ず起こるということではなく、
可能性があるということですが、
どれも残念なことですよね。

足の指の痛みが残る

まずはこれです。
痛みが残ってしまうということ。

その原因はいくつかありますが、
この後に解説するような
変形してしまったり、くっつかなかったり、
切断せざるを得なくなるなんてケースの時は、
当然痛みが残っていることがほとんどです。

ただ、そこまで重症の後遺症でなくても、
痛みが残ることがあります。

通常、足の指に骨折があれば、
適切な処置をします。

それはテーピングであったり、
固定であったり、
時に手術であったりします。

治療についてはこちらもご参照ください。

足の指の骨折はテーピングで十分?その方法は?

2016.09.28

足の指の骨折はどう固定?固定が必要?専門家解説

2016.09.26

これらの適切な治療をしない場合、
つまり、放置する場合は
たいてい、安静が足りません。

つまり、多少の痛みを我慢しながら
生活することになるだろうと思います。

その場合は、
骨折部位とその周囲の炎症というものが、
長く残ってしまい、
骨折部以外の回復も遅くなります。

骨折部以外というのは、
皮下脂肪組織であったり、
関節包であったり、
靱帯であったり、
筋肉・腱であったりします。

これらの回復が遅れ、
完全には治らずに痛みが残る。

そういった可能性があるということになります。

足の指の骨が変形した形でくっつく

足の指の骨折にズレがあったり、
最初はズレがなくても、
放置することでズレてしまった場合に、

骨がくっついても、
ズレた状態でくっつく

つまり変形を残すことになります。

そのせいで痛みが残ったり、
動きが制限されたりしてしまうことがあります。

スポンサード リンク

足の指の骨がくっつかない

骨折が治るには、
骨折部位が安定して、ほとんど動かないことが大切です。

しかし、放置してしまっているということは、
骨折部位も動いていることになりますので、

骨がくっつかないということも考えられます。

最終的に、くっつくことを全く期待できない状態を
偽関節(ぎかんせつ)と呼びます。

関節のように折れたところで動いて、
もうくっつかないことを表す言葉ですが、

この状態になると、
通常の関節ではありませんから、

動くたびに痛い

ということが多いです。

足の指を切断せざるをえなくなる

これはさすがに滅多にありませんが、
糖尿病や脚の血管の障害のある人は要注意です。

骨折の後は、腫れてしまい、
血流が悪くなります。

それにもかかわらず、
適切な治療を受けずに放置をした結果、

腫れが持続したり、悪くなったりして、

足の指の血流がどんどん悪くなる。

最終的には足の指の血流がほとんどなくなり、
壊死とよばれる状態になり、
切断せざるを得なくなる。

それはまったくあり得ない話ではありません。

ちょっと脅かすような話になってしまいましたが、
しっかりと治療をすれば、
足の指の骨折の多くは、
後遺症なく治ります。

 

ぜひ、骨折を疑うときは整形外科の受診をしてくださいね。

どういうときに骨折を疑うかについては
こちらをご参照ください。

足の指の骨折は痛みは3つのポイントで判断!専門家解説

2016.09.24

 

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。