開放骨折の応急処置は?現場から救急室まで!専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

開放骨折の応急処置について、
今回は受傷してしまった現場でやるべきことから、
救急室で我々、整形外科医が行う処置について
できるだけわかりやすく解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

まずは、開放骨折とは?という、
基本的な部分を解説した、こちらの記事を
ご覧いただけると、より理解が深まると思います。

開放骨折とは?専門医がわかりやすく解説します

2016.10.02

カンタンにおさらいすると、

開放骨折の定義として、
最重要ポイントは、

骨折部が外界と交通してしまっている。

という部分です。

通常、骨は皮膚、皮下組織、
筋肉、骨膜などに覆われ、
無菌状態ですが、

それが雑菌だらけの外界にさらされてしまった

その結果、

細菌感染のリスクが高く、

かつ、その状態になったからには、
骨以外の周りの組織の損傷が大きい

という重症型の骨折ということになります。

開放骨折の現場での応急処置は?

まず、骨折をしてしまった瞬間からの現場での対応です。

骨折を疑うような強い痛み、
それにその部位の傷(キズ)を伴う。

この時点で開放骨折を疑ってください。

緊急事態です。
しかし、焦らず・・・

やるべきことはシンプルです。

  • 固定:痛みがある部位を動かさないようにすること
  • 連絡:救急車を呼ぶこと
  • 洗浄保護:キズを洗って、きれいなもので覆うこと

この3つです。

固定:痛みがある部位を動かさないようにすること

救急箱にソフトシーネなどの
応急処置用のシーネを準備しておきたいですね。

なければ、傘でもなんでも、
硬いまっすぐのものと、
包帯やテーピングで骨折部位が動かないように固定します。

連絡:救急車を呼ぶこと

骨折部位の固定と同時並行で、
別の人間が救急車を呼んでください。

開放骨折は時間との勝負です。
ここは躊躇せずにいきましょう。

洗浄保護:キズを洗って、きれいなもので覆うこと

次にキズの処置です。
救急車を待っている間に、
水道水でもいいので、キズとその周囲を洗い流します。

ただでさえ痛いのにゴシゴシと
さらに痛めつけるようなことはしてはいけません。

ただ、大量の水で洗い流す
ということです。

その後、きれいなガーゼなど
なければ包帯などで
キズを覆って、かるく圧迫します。

特に出血しているときは、
出血部位を直接圧迫することで
止血を図ります。

よく腕や脚の根本をきつくしばる人がいますが、
原則は直接出血部位を圧迫することです。

スポンサード リンク

開放骨折の救急外来での応急処置は?

そして、病院の救急外来に到着したあと、
これはもう、整形外科医、看護師、スタッフに
治療をお任せいただければいいわけですが、

一般的にどういったことをやるのかについて、
解説いたします。

基本は現場でやっていただいた応急処置を
さらに専門的にやるということです。

キズの処置:徹底した洗浄

まずは元々無菌状態であったキズの中

ここを大量の水で洗います。
これは数リットルにも及ぶ水で洗います。

引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

キズの大きさにもよりますが、
徹底して洗うために、
手術室で全身麻酔をかけてやることも多いです。

つまり、もう手術です。

それだけ徹底して、侵入してしまった細菌や、
汚れを追い出したいわけですね。

その追い出す作業、洗い流す作業にも、
タイムリミットがあります。

早ければ早いほどいいわけですが、
6時間以上経過してしまうと、
かなり細菌が繁殖し始めてしまうと言われています。

この6時間をゴールデンタイムと呼びます。

そうなると、キズを持続的に洗浄したり、
何回も洗浄するためにも、
キズを縫って閉じることができません。

その意味で、時間との勝負と言ったわけです。

骨折の固定:金属インプラントを使うかどうか

もし6時間以内の
ゴールデンタイムに間に合っていれば、

緊急手術の中で、
骨折を金属で固定してしまう

という手術も選択肢に入ります。

ただ、多くの場合は、
骨折の最終的な手術的固定は、
しっかりと骨折に合ったインプラントを
準備して行いますので、

緊急手術の中では、
金属は入れないか、
細い針金を一時固定目的に入れる、

もしくは、創外固定と言って、
キズから離れた部位の骨にネジを入れて、
固定する金属が、体の外にでるという
ぱっと見、かなり怖い手術を選択することもあります。

External ring fixation technique in orthopedic medicine

External ring fixation technique in orthopedic medicine

軽症の場合:救急室で完結します

ここまで、手術室で
しっかりとした手術的な処置をする場合の
解説をいたしました。

ただ、キズが小さかったり、
骨折のズレが小さい場合、
つまり、もう少し軽症の場合は、

救急室で、局所麻酔をして、
キズを洗浄して、
骨折部位は、シーネという
ギプスの副え木バージョンで固定する

という処置をします。

 

 

大雑把な解説となってしまいましたが、

 

開放骨折の応急処置

骨折部位の処置と
キズの処置が必要ということ。

そして、時間との勝負であるということ。

 

ここが重要ポイントになります。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。