手首の骨折の痛みと症状の特徴を専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

手首の骨折の痛みと症状の特徴を専門医が解説

今回は手首の骨折についてです。

骨折と打撲の見分け方という一般的な基本や、

手首と言っても、
多くの骨がありますので、その解説。

そして、その中でも代表的な橈骨遠位端骨折と
舟状骨骨折の症状、痛みについて、

解説していきたいと思います。

できるだけわかりやすくを心がけますので、
おつきあいいただければと思います。

こんにちは、こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日の記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

手首の骨は10個!?

手首は関節を表す言葉ですが、
関節とは骨と骨のつなぎ目のことで、
そこで動くわけですね。

そのため、非常に大切かつ、
負担がかかりやすいものです。

特に手首は、
多くの骨が関わる関節で、

実際は手首という1つの関節ではなく、
10個にも及ぶ骨が複雑に絡まり合っています。

メインは橈骨と尺骨という前腕2本の骨

手首の中枢側の骨は、
要は前腕(肘から先の腕)の骨ですが、

橈骨(とうこつ)と
尺骨(しゃっこつ)という名前がついています。

並行に肘から手首まで走っている2本の骨で、

手首側で太くよりメインと言えるのは、
親指側の橈骨(とうこつ)です。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

尺骨(しゃっこつ)は、
手首では非常に細いですが、

逆に肘では尺骨の方が太くなって、
メインの骨と言えます。

手根骨という小さい骨がたくさん

そして、手首の末梢側、
つまり指の方の骨ですが、

これがたくさんあります。

手根骨とひとくくりで言われますが、

1列に4つの骨で、
2列あります。

2列のうち、中枢側を
親指側から順に

  • 舟状骨(しゅうじょうこつ)
  • 月状骨(げつじょうこつ)
  • 三角骨(さんかくこつ)
  • 豆状骨(とうじょうこつ)

末梢側の1列を
親指側から順に

  • 大菱形骨(だいりょうけいこつ)
  • 小菱形骨(しょうりょうけいこつ)
  • 有頭骨(ゆうとうこつ)
  • 有鉤骨(ゆうこうこつ)

と名前が付いています。

骨折と打撲の見分け方

手首に限らず、
一般的に骨折と打撲、

これを見分けるには、

最終的にはレントゲンなどの
画像検査が必須です。

というのも、

骨折もほとんどズレがない、
ひびのような状態では、

腫れや痛み、内出血の程度など、
打撲と同じくらい、
もしくは結構激しい打撲であれば、
そっちの方が強いことすらあります。

ただ、通常は、

  • 痛み
  • 腫れ
  • 内出血

については骨折の方が大きくなります。

骨折と打撲の判別テクニック 「圧痛点探し」

さらに判別のテクニックとして、
圧痛点探しというものをご紹介します。

圧痛というのは、押して痛いということですが、
この押して痛い部位を圧痛点と呼びます。

つまり、どこを押すと痛いのか?
それを探すというのが「圧痛点探し」
になります。

打撲の場合は、
その直接強打した部位にある程度限定して、
圧痛点があります。

しかし、骨折では、
その骨が折れているわけですから、
上から押しても、下から押しても、
右から押しても、左から押しても痛い

ここが判別点です。

 

1つの骨を正確に押す必要がありますので、
骨の形などを把握しておくことは大切です。

手首の解剖イラストをよくご覧いただきながら、
圧痛点探しをしていただくのもいいかと思います。

橈骨遠位端骨折の痛みと症状の特徴

手首のメインの骨と解説しました、
橈骨のそれも手首側の骨折

これを橈骨遠位端骨折

といいますが、

この骨折の痛みと症状の特徴です。

この橈骨遠位端骨折は、
手首の骨折では圧倒的に頻度が高いもので、

僕も毎週のように診察しています。

特徴としては、

手首の特に親指側の痛みで
特に手首の皮膚の線より、
中枢側に腫れや痛みが目立つのが特徴です。

かなりズレが大きいケースもあり、
ぱっと見で折れているなということが多い骨折ですが、

ズレが全くなければ、
打撲と勘違いして放置してしまうこともありますので、
一度はレントゲンを撮りに早めに受診しましょう。

舟状骨骨折の痛みと症状の特徴

もう一つ、手首の骨折で注意が必要なのは、

手根骨の一番親指側にある
舟状骨骨折です。

これは、小さい骨なので、
派手に変形したり、腫れたりしないから、

かなり多くの選手が放置して、
後遺症を残したり、手術になったりします。

その特徴は
snuff boxと呼ばれる、
圧痛点です。

引用画像:運動療法のための機能解剖学的触診技術 メジカルビュー社

引用画像:運動療法のための機能解剖学的触診技術 メジカルビュー社

前半で、「圧痛点探し」のお話をしましたが、
この中でもこのsnuff boxというのは
特徴的な圧痛点ですね。

ちょうどこのsnuff boxに
舟状骨という骨があり、

舟状骨骨折の時は、
ほぼ確実にここの圧痛があります。

舟状骨骨折については、
こちらの記事もご参照ください。

舟状骨骨折の症状の特徴 これで疑え! 専門医解説

2016.09.27

手首が痛いときに、
どこに圧痛があるのか?

というのは、受診していただければ、
当然、整形外科医が診ますが、
現場でも使えるテクニックとして覚えていただいていいかと思います。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。