腰椎分離症とは?その原因とスポーツとの関連を解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は腰椎分離症とは?
という定義や意味についての解説から、

その腰椎分離症とは
疲労骨折を表しますので、
その疲労骨折の原因についてお伝えします。

この原因ではスポーツが多いことから、
どういったスポーツのどういう動作
原因となりやすいのかということまで解説していきます。

こんにちは、こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日の記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

腰椎分離症とは腰の背骨の疲労骨折!?

腰椎分離症とは、
腰の背骨の疲労骨折である。

これが結論です。
もう少し順を追って解説いたします。

疲労骨折とは、
骨に長い間、負担がかかりすぎていたために
折れてしまう骨折であり、

そのメカニズムから、負荷がかかる部位であれば、
どこの骨でも起こりえます。

 

今回のように腰の骨の場合は、
特に負荷がかかる部位として、
椎間関節(ついかんかんせつ)と呼ばれる部位があります。

この椎間関節は
その名の通り腰椎の間の関節です。
背骨全般は積み木のように積み上がった形状をしていますが、
その積み上がった一つ一つの腰の骨の上下の骨の間の関節です。

そして、この関節を作る上下の骨は
腰椎の中でも突起状の上下に出っ張っているので、
上関節突起と下関節突起と呼ばれます。

一つ一つの骨が、上の骨と下の骨と
関節を作っていますから、

突起も上と下にあるわけですね。

そして、その上と下の関節突起の
ちょうど間くらいで疲労骨折が起こってしまいます。

ここらへんになります。

引用:整形外科専門医になるための_脊椎・脊髄 羊土社

引用:整形外科専門医になるための_脊椎・脊髄 羊土社

これを腰椎分離症と言うのですね。

腰椎分離症の原因とは?

この腰椎分離症=疲労骨折と言うことで、
原因は

使いすぎ

オーバーユース

ということになります。

そして、もう一つ原因と言える、
大事な要素があります。

それが年齢です。

この疲労骨折は原則10代
中学生や高校性などがほとんどです。

骨の成熟段階と関連があると考えられております。

つまり、この年代の腰痛、
特に腰の負担が強くかかっている子供の腰痛
要注意であるということですね。

スポンサード リンク

腰椎分離症の原因になりやすいスポーツと動きは?

使いすぎ、
オーバーユースと言われても、

どういう動作が問題となりやすいのか、

これを知らないと防ぎようもありませんね。

これには2つの動作の複合的な動きが
原因になりやすいと言われています。

それは

背骨の後屈=後ろに反らすこと(エビ反り)

Profile of sporty young man working out, doing exercises for flexible spine, yoga asana from Surya Namaskar, Sun Salutation complex on white background

Profile of sporty young man working out, doing exercises for flexible spine, yoga asana from Surya Namaskar, Sun Salutation complex on white background

背骨の回旋=スピン動作

Swing

の2つです。

例えば、

野球のバットスイング、バレーボールのスパイク、
水泳のバタフライ、柔道の投げ、投げられ・・・

などなど

様々な局面で起こりうる動きですね。

特にオーバーユースですから繰り返す動きとなります。

自分のしているスポーツにおいて、
どういう動作を繰り返しているのか、

その動作を分析してみて、
腰を反りつつ、回旋する
それも高速であったり、強い力の動きがないか。

それがある場合に、
フォームの修正ができるかどうか、
そういった視点で原因と向き合いたいですね。

 

特に腰椎分離症が起こってしまった後では、
治療の記事に詳細は譲りますが、

再発防止や、そもそもの腰の負担軽減のために
原因についてよく検討することは大切です。

今回は腰椎分離症≒疲労骨折であり、
その原因は、
腰を反らして、回旋する動きである

ということを解説いたしました。

少しでも参考になりましたら、幸いです。

 

次は腰椎分離症の症状の詳細記事と、
治療の基本であるコルセットについての解説記事になります。

腰椎分離症の痛みや症状の3大ポイント解説 専門医解説

2016.10.04

腰椎分離症の治療方法 コルセットの重要性を専門医が解説

2016.10.02

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。