腰椎分離症の治療方法 コルセットの重要性を専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は腰椎分離症の治療方法について、
特にコルセットですが、
その重要性や方法、時期を解説していきます。

できるだけわかりやすくお伝えしたいと思いますので、
おつきあいいただければと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう。

まずはおさらい記事ですが、
腰椎分離症とは?
という定義や原因についてはこちらです。

腰椎分離症とは?その原因とスポーツとの関連を解説

2016.10.01

カンタンにおさらいすると、

腰椎分離症≒腰の骨の疲労骨折であり、
その原因は、
腰を反らして、回旋する動きである

ということです。

そして、この腰椎分離症の
症状、痛みについての解説記事がこちらです。

腰椎分離症の痛みや症状の3大ポイント解説 専門医解説

2016.10.04

カンタンにおさらいすると、

腰椎分離症では腰を反らしたときの痛みが特徴的で、
他には脚の痛みしびれ、脱力感などがでることがある。

そして、痛みが引いてきたとしても
自己判断で治療中止やスポーツ復帰は危険。

ということを解説いたしました。

まだご覧いただいてない方は、
理解が深まると思いますので、
ご参照ください。

腰椎分離症のマスト治療方法:コルセット

腰椎分離症というのは、
腰の骨の疲労骨折だということは
前述した通りですね。

他の部位の骨折、
例えば、手首の骨折を思い浮かべてください。

まず何をするかと言えば、
当然、ギプスやシーネなどで
手首が動かないように固定します。

これをやらずに治そうとすると、
非常に難しいですよね。

手首が動いてしまい、
それにともない骨折した場所がグラグラ動き、
そのたびに痛い、
それだけでなく、
固定されていないので、
骨がくっつかないという最悪の結果を招く可能性が高まります。

これと同じことが
腰椎分離症でも言えます。

腰が動かないように固定しない限りは、
痛みも持続しますし、
何より疲労骨折がくっつきません。

そういった意味で腰椎分離症の治療方法として、
固定するコルセットはマスト治療方法と言えるわけですが・・・

腰椎分離症はくっつかなくても何とかなってしまう・・・

ただ、手首の骨折ほど、
痛みが強くなくて
また、骨がくっつかなくても、
なんとかなってしまう。

というのが腰椎分離症の
いいところであり、厄介なところでもあります。

かなり多くの人が、
腰椎分離症が発症したとき、
つまり疲労骨折を起こしたときに、
病院に行けず、

時間が経ってから見つかって、
骨がくっつかないことは多々あります。

これを偽関節と言い、
腰椎分離症ではかなり多い状態です。

ただ、それでも周りの靱帯、筋肉で
しっかりと骨を支えて、
グラグラしないで安定した体幹として、
スポーツできる人も十分います。

そのため、本当に大事な大事な、

例えば、
甲子園決勝を前に診断がついて、
それを棒に振って、治療をするのか?

とか、

インターハイ出場が決まったが、
コルセットで固定すると、
間に合わない。というときに、

非常に悩みつつ、
家族、本人、指導者と相談しつつ、
コルセットを行わない

という選択をすることがあります。

 

 

しかし、
分離症がくっつかなかったために、

腰椎が不安定であり、
腰椎分離すべり症となってしまったり、
滑膜炎という炎症が長引いたりして、

スポーツパフォーマンスはもちろん、
日常生活の腰痛がとれない人も
ある一定の割合でいるわけです。

そうなってしまったときに、
できうる処置として、
もう固定してもくっつかないわけですから、
手術が選択肢に入るわけですが、

かなり大きな手術になることが多いです。

腰椎分離症の後遺症は予測困難

こういった後遺症として痛みなどが残るかどうかの
正確な予測は無理です。

ですから、腰椎分離症を自然とくっつけられる
唯一の時期にちゃんと診断できたなら、
しっかりと固定してくっつけるべき

というのが僕の考えです。

ここまで、コルセットの重要性と、
その考え方について解説いたしました。

次に方法と時期ですね。

スポンサード リンク

腰椎分離症のコルセットの時期と方法?

コルセットをつける最初の判断はMRI

まずコルセットをやる第一義は、
疲労骨折をくっつけることです。

それ以外にも炎症を落ち着かせるための
安静目的にやることもありますが、

まずこの第一義を考えると、

診断を受けた時点で、
この腰椎分離症≒疲労骨折が
まだくっつく可能性がある時期なのか、

もう手遅れなのか

を判断する必要があります。

それにはMRIが最適と言われていて、
そのMRIにて
腰の骨に椎弓根という根っこの部分
信号強度の変化(MRI上の色の変化)があれば、
まだくっつく見込みありと判断しています。

引用画像:腰痛クリニカルプラクティス-(整形外科臨床パサージュ)-中山書店

引用画像:腰痛クリニカルプラクティス-(整形外科臨床パサージュ)-中山書店

そして、そう判断すれば、
まずはスポーツを中断です。

コルセットを装着する期間は3−6ヶ月

そして、コルセットを自分の体幹にピッタリ作り、
骨がくっつくまでは装着します。

この骨がくっつくまでというのが厄介で、
通常の骨折より時間がかかります。

お腹には内臓もあり、背骨も、
背中から比較的深いところにあるという体幹の特徴から、
コルセットをしても
多少は骨折部位が動いてしまうということや、

さすがに24時間完全に装着することは
とくに夜間が難しいことから、

時間がかかるのだろうと思います。

目安として3ヶ月から6ヶ月くらい装着が必要なことが多いです。

コルセットの注意点:しっかり骨盤からフィットを

こるせっとは様々なものが開発されていますが、
結局は

腰を反らしたり、曲げたり、捻ったりしないように
固定するということになります。

腰を固定すると言っても、
どこからどこまでというのが難しいわけですが、

腰の骨が連結している他の部位を考えると、

大切なのは骨盤から下部肋骨まで、
固定範囲に含めるということが大切になります。

引用画像:腰痛クリニカルプラクティス-(整形外科臨床パサージュ)-中山書店

引用画像:腰痛クリニカルプラクティス-(整形外科臨床パサージュ)-中山書店

そのため、コルセットをしっかりとフィットさせずに、
だんだん上に上がってきたり、
ゆるゆるに装着したりなどはNGです。

以上、腰椎分離症のコルセット治療方法について
解説いたしました。

主治医のお話をよくきいて、
わからないことは積極的に質問しながら、
めざすゴールを描きながら治療していただければと思います。

 

次に腰椎分離症の手術についての解説記事です。

腰椎分離症は手術をすれば完治する?治療期間は? 専門医解説

2016.10.03

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。