肋骨骨折の症状と痛みを解説!どのくらいの期間続くのか?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肋骨骨折の症状と痛み方、
痛み具合について解説していきます。
また、どのくらいの期間続くものなのか?
ということについても解説いたします。

肋骨骨折というのは、
本当に多くの方が受傷され、
毎週のように診察します。

それだけ多くの方が悩む
肋骨骨折ですが、
正しい知識をお持ちの方は多くありません。

こんにちは、こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日の記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

まずはおさらいです。
肋骨の大切な特徴と、放置してはいけない
理由についてこちらの記事で解説しております。

肋骨骨折を放置してはいけない3つの理由

2016.09.28

今回のように肋骨骨折の症状、痛み
について理解いただく際に必要なのは、

その肋骨の形状、解剖学的な特徴です。

肋骨は左右12本ずつ、背骨から、
前の方では肋軟骨という軟骨になって、
胸骨までぐるーんと回り込んでいる骨です。

大切なポイントは、
そのすぐ内側深くに「肺」がある

ということです。

そして、肋骨でできている
胸郭という骨格、これが
呼吸によって膨らんだりしぼんだりします。

この

胸郭を形作る骨であると言うこと、
呼吸によって動くということ

これが大切なポイントです。

スポンサード リンク

肋骨骨折の痛みと症状の特徴は?

他の部位の骨折と異なり腫れが目立たない

ただ、他の骨と異なり、
肋骨が1本折れたくらいでは、
あまり腫れが目立ったり、
変形したりということはわかりにくいです。

それは12本あるということと、
その12本が筋肉や膜で連結していることが
理由です。

肋骨骨折は呼吸関連の痛みでツラい

当然ある症状としては、痛みですね。

他の部位の骨折と同様に痛いです。

ただ、他の部位の骨と違って、
生きるために必要な呼吸するときや、

他にも、
咳をするとき、
大きな声を出すとき、
笑うとき

そんなやむを得ない時に痛いのがツラいわけですね。

これが胸郭を形作るが故の
肋骨骨折の宿命です。

これが痛くないようにするには、
胸郭が動かなくなるように固定することになりますが、
それは息を止めろと言っているようなものです。

そのため、ある程度、
痛みを我慢しなくてはいけない期間があるということです。

肋骨骨折の痛みはどのくらいの期間続くのか?

つまり、他の部位の骨折は、
固定してしまうので、
1週間もすれば痛みが減ってくることが多いわけですが、

肋骨の場合は
たえず動いてしまっているので、

もっと長い期間痛いわけです。

ただ、骨がくっつくまでの期間は、
そこまで変わらず、

痛みが引くくらいに
ある程度くっつくのは4週間から6週間

そのくらいの期間だと考えてください。

当然、その期間、
無理して、動いて、
運動などをしていれば、

もっと期間が長引くこともあります。

ただ、このくらいの期間は続くものだと
思っていただき、
無理せずにできるトレーニングをしていく、
日常生活を過ごしていく

ということになると思います。

 

ただし、冒頭でご紹介した

肋骨の大切な特徴と、放置してはいけない
理由についてこちらの記事

肋骨骨折を放置してはいけない3つの理由

2016.09.28

この記事の放置してはいけない理由である、

肺の病変がある場合は、
痛み以外にも症状が出ますし、
本当に放置してしまうのは危険ですので、
一度はご覧いただければと思います。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。