肋骨骨折で運動しても大丈夫?専門医が答えます

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

肋骨骨折をしてしまった・・・
けど、運動がしたい!

っていうことありますよね。

このくらいの運動なら大丈夫かな?
でも・・・悪くなったりするのかな?

お医者さんは「安静に」しか言わないし。

そんな方に対して参考になるお答えを届けられたら
と思って記事を書いています。

 

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日の記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

肋骨が折れているときに運動するとどうなる?

まず肋骨骨折部の影響を考えてみましょう。

体幹の動きで直接骨折部が動く

運動といっても、
様々な動きがありますが、

肩を大きく使ったり、
腰や背中を大きく曲げ伸ばしする、
捻るような動きは

胸郭も大きく動きます。

とすると、肋骨骨折部も動きます。

激しい呼吸で骨折部が動く

運動の動きで直接骨折部が動かなくても、
激しい運動で
呼吸が荒くなれば、

呼吸による胸郭の動きは大きくなります。

スポンサード リンク

骨折部が動くと骨のくっつきに悪影響が出る

このように骨折部が動くと、
まず当然痛いので、1つ指標になります。

そして、骨折部が動いた結果、
骨のくっつきが遅れてしまう

ということが起こりえます。

また、最悪の場合は肋骨骨折部が
くっつかなくなる。

そういうことがあります。

骨折部が動きすぎると内側の肺を損傷する可能性がある

また、骨折部が激しく動けば
その内側の肺を損傷する可能性があります。

肋骨と肺の距離は想像以上に近いです。

こちらのCT画像を見ていただくとわかります。

Lung cancer ( CT scan of chest and abdomen : show right lung cancer ) ( Coronal plane )

Lung cancer ( CT scan of chest and abdomen : show right lung cancer ) ( Coronal plane )

ですから、極端な話、
肋骨骨折部が肺に刺さってしまう。

そんな状況もあり得なくはないわけです。

どの程度の運動まで大丈夫か?

では、どの程度の運動なら大丈夫なのか?
ということが気になりますよね。

これは間違いなく、
担当医師と相談してください。

骨折のズレ具合、
骨折の部位によって異なるからです。

そして、さらには、
肺の損傷がすでにあるケースもありますから、

その場合は絶対安静になります。

 

 

ただ、間違いないのは、

痛みがある動きはしない

ということです。

痛みがある以上は、
骨折部位に負荷がかかっています。

つまり、治りに悪影響が出ます。

それでも、どうしてもやらなくてはいけない運動、
どうしてもやりたい運動の時は、

担当医師と相談。

これに尽きます。

主治医のお話をよくきいて、
わからないことは積極的に質問しながら、

めざすゴールを描きながら治療していただければと思います。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。