指の剥離骨折はテーピングだけで十分か?その方法は?固定は?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は指の剥離骨折の治療についての解説です。
指の剥離骨折の治療として、
テーピング、外固定(シーネ固定)、手術などがありますが、

それらをどのように使い分けるのか?
テーピングの方法は?

ということについてお話いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

今回の剥離骨折とは英語ではavulsion fractureのことを指します。
ただ、元来、avulsion fractureは裂離骨折(れつりこっせつ)
と言う言葉が正しいとされ、
剥離骨折という言葉は間違って使われている。

と言葉の使い方に厳しい先生が指摘されるケースは
よく見てきました。

現段階では日本整形外科学会は
どちらの用語も認めておられます。

用語集の解説を引用いたします。

【avulsion fracture】
この語は第 5 版増補までは「裂離骨折」としていたが,第 6 版では「裂離
骨折,剥離骨折」と 2 通りの言い方を認めた.元来 avulsion fracture は骨折
機序に重きを置いた用語で,筋腱付着部の骨が引っ張られることによる骨折を
意味する.本用語集では従来からこれを「裂離」と呼び,母床から離れている
かどうかに重きを置いた「剥離」とは区別してきた.また手術操作としての
「剥離」と同じ日本語になることを回避する意味もあった.しかし現実には
avulsion fracture を「剥離骨折」と言う習慣が根強くあり,審議の結果,2 つ
を併記することにした.この判断については,会員から賛否両論が寄せられた
が,第 8 版では変更せず,継続課題とした.
整形外科学用語集 第8版 日本整形外科学会編

指の剥離骨折の代表的な3つの損傷

まずおさらいとして、
剥離骨折の定義、特徴について
こちらをご参照ください。

剥離骨折とは?どんな症状?意外と多い勘違い 専門医解説

2016.10.19

要は、筋肉や靱帯の付着部である骨が
一部剥がれるように折れてしまう。

そのメカニズムは肉離れや靱帯損傷と類似している。

ということを解説しております。

スポンサード リンク

こと、指の剥離骨折ということで言うと、

非常に稀なものを除けば、

  • 指の伸筋腱付着部の剥離骨折=骨性マレット指
  • 指の側副靱帯付着部の剥離骨折
  • 指の掌側版付着部の剥離骨折

という3種類が主なものになります。

それぞれについて、解説していきましょう。

指の伸筋腱付着部の剥離骨折=骨性マレット指

まず1つ目は、
指を伸ばす筋肉である伸筋
その腱である伸筋腱が付着する部位の
剥離骨折です。

これは指の中でも一番先端の末節骨
その関節よりの部分が折れます。

このときに伸筋腱だけが切れてしまうのを
腱性マレット指

骨ごと剥がれてしまうのを
骨性マレット指と呼びます。

引用画像:整形外科 Knack&Pitfalls 手の外科の要点と盲点 第一版 文左堂

引用画像:整形外科 Knack&Pitfalls 手の外科の要点と盲点 第一版 文左堂

完全日本語で言うと、
マレット指は槌指(つちゆび)といいます。

これは、よほどズレてない、
ほぼヒビが入っただけ

という程度でない限りは、
ほぼ手術が第一選択です。

それは筋肉に引っ張られて
骨片が離れていって、
くっつくことが期待できないこと。

そして、くっつかなかったら、
指の第1関節(DIP関節)を伸ばせなく
なってしまうからです。

一般的には局所麻酔でやる日帰り手術で、
2-3本の細い針金で固定します。

引用画像:整形外科 Knack&Pitfalls 手の外科の要点と盲点 第一版 文左堂

引用画像:整形外科 Knack&Pitfalls 手の外科の要点と盲点 第一版 文左堂

もし、ズレてなくて、
手術をしない場合でも、

これは先ほどの理由で、
厳密な骨の癒合を目指すので、
テーピングではいけません。

金属や専用の装具を使って、
指が曲がらないように徹底して固定します。

 

次の2つについてはまとめて
指の靱帯付着部の損傷としてまとめて解説します。

指の靱帯付着部の剥離骨折

側副靱帯というのは、
関節の内側、外側についている靱帯です。

指は曲げて、伸ばしてはできますが、
横には曲がりませんよね?

それは関節の形もそうですが、
この側副靱帯が曲がらないように
ピンと張って安定させているわけです。

 

もう一つ、
掌側板というのは、
指が伸びすぎないように、反り返らないように
している靱帯だと考えてください。

しかし、時にボールが当たったり、
壁に引っかかったり、
他人に引っかかったりして、

指が反り返ったり、
あらぬ方向に曲がってしまったり・・・

そんなときに、この靱帯損傷、
もしくは靱帯の付着部の剥離骨折が起こります。

 

これに関しては、
骨片が大きくて、ズレている
という条件が揃わない限りは、

まずは手術ではなく、
固定やテーピングで対処します。

掌側板の剥離骨折には外固定

固定というのは
一般的には
アルフェンスと呼ばれる金属製の副え木で行います。

これで指の関節が曲げ伸ばしできないように
固定するというのが一般的です。

特に掌側板は反り返らないように、
伸びすぎないようにする役割があるので、
このアルフェンスで曲げ伸ばしもしっかり防ぐ固定

これが行われます。

側副靱帯の剥離骨折にはテーピング

それに対して、
側副靱帯付着部の剥離骨折では、

横に曲がらなければいいので、
横の指と一緒に巻いてしまう
バディーテーピング(buddy taping)と呼ばれる
テーピング方法がよく用いられます。

これは主に靱帯付着部を傷めてしまった側
隣の指と一緒に巻くことで、
その靱帯が再び引っ張られてしまう動きを制限できます。

 

この動画のように、

テープを一周以上で、しっかり巻きすぎてしまうと、
血の巡りを阻害してしまうことがあるので、

注意しましょう。

 

ここまで、指の剥離骨折の代表例3つについて、
治療方法を解説いたしました。

次に、治療経過や治療期間、つまり全治どのくらいか?
ということについて、
こちらの記事で解説しておりますので、
ご参照ください。

指の剥離骨折の全治はどのくらい?治療経過は? 専門医解説

2016.10.21

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。