足首のくるぶしの剥離骨折とは? 専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は足首のくるぶしの剥離骨折について、
どんな骨折なのか?
どういった症状なのか?
痛みはどうなのか?

そういった特徴について解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

今回の剥離骨折とは英語ではavulsion fractureのことを指します。
ただ、元来、avulsion fractureは裂離骨折(れつりこっせつ)
と言う言葉が正しいとされ、
剥離骨折という言葉は間違って使われている。

と言葉の使い方に厳しい先生が指摘されるケースは
よく見てきました。

現段階では日本整形外科学会は
どちらの用語も認めておられます。

用語集の解説を引用いたします。

【avulsion fracture】
この語は第 5 版増補までは「裂離骨折」としていたが,第 6 版では「裂離
骨折,剥離骨折」と 2 通りの言い方を認めた.元来 avulsion fracture は骨折
機序に重きを置いた用語で,筋腱付着部の骨が引っ張られることによる骨折を
意味する.本用語集では従来からこれを「裂離」と呼び,母床から離れている
かどうかに重きを置いた「剥離」とは区別してきた.また手術操作としての
「剥離」と同じ日本語になることを回避する意味もあった.しかし現実には
avulsion fracture を「剥離骨折」と言う習慣が根強くあり,審議の結果,2 つ
を併記することにした.この判断については,会員から賛否両論が寄せられた
が,第 8 版では変更せず,継続課題とした.
整形外科学用語集 第8版 日本整形外科学会編

足首のくるぶしとは?

よく足首のくるぶしとはよく言いますね。

実際、正確にはどこを指すのかと言うと、

足関節の内果と外果を指します。

足関節 骨折

ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

 

内果脛骨というスネの骨が、
足首のところで内側に出っ張った部位で、

足首の内側の壁を作っています。

これを内くるぶしと言いますよね。

それに対して、外果外くるぶしと言って、
スネの骨でも外側に走る細い 腓骨という骨の
先端です。

足関節 骨折

引用元:ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

足首の外側の壁ですね。

足首のくるぶしの剥離骨折とは?

剥離骨折について語る上で重要なのは、

この内くるぶしと外くるぶし

両方とも、
足首の捻挫を防ぐための靱帯が付着している

ということです。

つまり、足首が捻られてしまった時に、

この靱帯が過度に引っ張られ、
その付着部であるくるぶしの骨ごと
剥がれ折れてしまった

これを足首のくるぶしの剥離骨折というわけですね。

スポンサード リンク

足首のくるぶしの剥離骨折の症状と痛みは?

そう考えると、
足首のくるぶしの剥離骨折は、
足首の捻挫と同じような原因で起こるということですね。

つまり、足首の捻挫で靱帯が一部でも切れてしまっている場合と
剥離骨折している場合で、
区別がつきにくいということが注意点です。

共通点としては、

  • 足首を捻って受傷
  • くるぶしの周りが腫れて、痛くなる
  • 重症では体重をかけるのも困難
  • 足首を動かすのも痛い

ということになります。

捻挫だと思ったら、折れていた。

そういうことは多々あります。

 

特にお子さんの場合は、
靱帯が柔らかく切れにくいので、
骨が剥がれることが実際は多いと言われています。

そういう意味でも、やはり捻挫と決めつけずに、
レントゲンを撮ること。
そのために当然、病院を受診することが大切と言えます。

足首の捻挫とくるぶしの剥離骨折の判別ポイント

それでも、少しでも判別したいということであれば、

圧痛点ということがポイントになります。

押して痛い部位を把握するということです。

靱帯損傷であれば、靱帯の柔らかい部位が
押して一番痛いはずです。

はずです・・・と言いながら、
実際は靱帯損傷も骨にくっつくところで
靱帯だけ剥がれるように切れることも多々あるのですが。

逆に剥離骨折であれば、
くるぶしの骨を押せば、
必ず痛いところがあります。

折れているんだから当然です。

ですから、くるぶしに圧痛があれば、
剥離骨折の可能性がある。ということは言えますね。

 

 

ここまで足首のくるぶしの剥離骨折について、
解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

足関節 骨折

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。