有鉤骨骨折の治療法は?手術は何をする?専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は有鉤骨骨折の治療法について、

手術はした方がいいのか?
どういう手術法があるのか?

保存療法はどうなのか?
治療期間は?

といったことについて、専門医の視点から
できるだけわかりやすく解説したいと思います。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

有鉤骨骨折の治療の前に・・・そもそも有鉤骨とは?

まず基礎のおさらいからいきたいと思います。

有鉤骨骨折の基礎から症状について
こちらの記事で解説しておりますので、
ご参照ください。

有鉤骨骨折とは?その症状と痛みの特徴を専門医が解説

2016.10.28

ポイントをおさらいすると、

 

有鉤骨は手のひらや手首を構成する
手根骨という骨のひとつで、

手根骨の並びの2列のうち、
指側、小指側に位置します。

そして、大切なポイントとして、

有鉤骨は手のひら側に出っ張る
有鉤骨鉤があるということです。

こちらのイラストを参考に
注意深く探っていくと、
カタい部分が触れます。

引用画像:復帰をめざすスポーツ整形外科  第一版 メジカルビュー社

引用画像:復帰をめざすスポーツ整形外科 第一版 メジカルビュー社

さらにこの有鉤骨鉤は

横手根靱帯という靱帯と
小指球筋という筋肉の付着部であること、

手根管という、
正中神経と指を曲げる筋肉の腱が入っている
スペースの小指側の壁を形成している

ということがポイントと言えます。

有鉤骨骨折の治療は?

この有鉤骨が折れてしまう、
特に有鉤骨鉤が折れてしまうことが多いわけですが、

この治療法には、

シーネやギプスなどによる固定をする方法
手術をする方法があり、

手術にも主に2種類あります。

それは骨をくっつけるためにネジを入れる方法と、
折れてしまった有鉤骨鉤を取り除いてしまう(摘出)方法です。

それぞれについて解説いたします。

有鉤骨骨折の治療法:ギプスなど保存療法

有鉤骨骨折に限らず、
骨折部のズレが小さければ、

一般的には骨折部が動かないように固定すれば
基本的には骨は自然とくっつきます。

そのため、手術せずに治せるなら、
それを第一優先に考えます。

有鉤骨骨折の場合は、
手関節と指の根本のMP関節を
しっかりと固定する必要があります。

保存療法のデメリット:治療期間が長い

ただ、スポーツに多いということと、
指を曲げる腱がある手根管の壁であり、
かつ、小指球筋の付着部である

という特徴から、

この保存加療はデメリットもあります。

まず、筋肉に引っ張られたり、
手根管内の腱の滑走により
(指の第1,第2関節は拘縮予防のため固定しません)

骨折部が完全には固定できないので、

骨がくっつくまでの時間が長くなります。

時に2ヶ月以上必要になることがあります。

その間、手首と指のMP関節を固定していますので、
どうしても関節はカタくなりますし、

スポーツ復帰はさらに遅れます。
3ヶ月以上かかることもあります。

そういった意味で、
保存療法ではなく手術を選ぶ

というケースは比較的多いです。

保存療法が特に望ましいケース

それでも早期に固定を外して、
スポーツ復帰が可能になるケースもあります。

その代表例が、
有鉤骨鉤の先端だけの骨折の場合です。

この場合は骨のくっつきが早く、
1ヶ月程度で固定を外して、
少しずつ動かしていけることもあるので、

ケースバイケースで主治医と相談していただければと思います。

有鉤骨骨折の治療法:手術療法

手術法:骨折部をネジで固定する

まずは骨接合術と呼ばれる手術です。

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

有鉤骨というのは小さい骨ですので、
小さいネジを1本、
骨折部をまたいで固定するということになります。

これによって、
ギプスなどの固定よりはしっかり強い固定ができますが、

やはり骨がくっつくまで時間がかかるので、
負荷がかかるスポーツ復帰については
ギプスほどではないにしろ、時間がかかります。

スポンサード リンク

手術法:有鉤骨鉤を取り除いてしまう

この有鉤骨鉤を摘出する方法が、
一番早いです。

ある意味当然ですね。

骨がくっつくのを待つ必要がないわけですから。

それでも、取っちゃって大丈夫なのか?

ということが心配ですよね。

 

骨折治療の原則として、

元の形に戻せるのであればそれを目指す。
ただし、最優先するのは、
骨の形ではなく、その骨の関わる「機能」である。

ということがあります。

つまりは、
骨を元通りにするというのも大事ですが、

それ以上に、
スポーツに復帰して、
いいパフォーマンスを発揮するための手首にする

ということが大切というわけです。

 

 

そういう観点から、
この有鉤骨骨折については、
有鉤骨鉤を摘出するという方法が、

時にベストな方法と判断され、選択されています。

 

実際、術後3-4週間でスポーツ復帰し
その後、特に後遺症を残さない
という選手が多いのがこの治療です。

もちろん、元の形でないこと、
筋肉や靱帯の付着部であることから、

筋力低下や、
腱の走行異常による痛み、

などのリスクは理屈の上ではありますが、

 

むしろ、
保存療法や骨接合術で
骨がズレてくっついたり、
偽関節と言ってくっつかなかった結果、

小指を曲げる腱が断裂してしまう
痛みが残ってしまう

という報告が時にあるくらいですから、

主治医と相談の上、
有鉤骨鉤を摘出するという選択肢も
十分考慮に入れていいと考えています。

 

 

ここまで、
有鉤骨骨折の治療法について、
ギプスなどの保存療法から、
手術方法についても解説いたしました。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。