有鉤骨骨折で後遺症を残さないリハビリポイントを解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。
引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

今回は有鉤骨骨折において
いかに後遺症を残さないかということについて
解説いたします。

そのためには2つ大きなポイントがあって、

1つは有鉤骨骨折を見逃さない
ということ。
つまり、早く見つけて適切な治療をする
ということです。

そして、2つ目がリハビリテーションです。

この2つのポイント、
特にリハビリについて注意点、
重視する点について解説いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

有鈎骨骨折の基礎をおさらい

まず基礎のおさらいからいきたいと思います。

有鉤骨骨折の基礎から症状についてと、
さらに治療方法について
こちらの記事で解説しておりますので、
ご参照ください。

有鉤骨骨折とは?その症状と痛みの特徴を専門医が解説

2016.10.28

有鉤骨骨折の治療法は?手術は何をする?専門医解説

2016.10.26

ポイントをおさらいすると、

有鉤骨は手のひらや手首を構成する
手根骨という骨のひとつです。

手根骨の並びの2列のうち、
指側、小指側に位置します。

有鉤骨は手のひら側に出っ張る
有鉤骨鉤があるということがポイントです。

 

さらにこの有鉤骨鉤は

横手根靱帯という靱帯と
小指球筋という筋肉の付着部であるということ、

手根管という、
正中神経と指を曲げる筋肉の腱が入っている
スペースの小指側の壁を形成している

ということがポイントと言えます。

治療としては、
ギプスなどの保存療法と、
骨接合術、骨片摘出術などの手術法があり、

一番早期にスポーツ復帰できるのは
骨片摘出であるということを解説いたしました。

スポンサード リンク

有鉤骨骨折において後遺症を残さないために:見逃さない!

有鉤骨骨折は、
さきほどご紹介した記事において解説したとおり、

手首の捻挫などと勘違いしやすい骨折です。

そのため、病院受診が遅くなったり、
一度病院受診しても
レントゲンで発見できなかったりして、
治療が遅れることがあります。

 

症状が一般の骨折ほど強くないので、
放置しやすいのも注意が必要で、

時に骨折部位の影響で、
小指を曲げる腱が切れてしまって、
「小指が曲がらない!」

という症状で受診する人もいるくらいです。

有鉤骨骨折において後遺症を残さないために:リハビリをしっかり

次に大切なのはリハビリテーションです。

保存療法でも手術でも、
手関節や手指の固定期間は少なからずありますし、
全力で力を入れられるようになるまでは
時間がかかります。

そういう意味では
手首や指がカタくなったり
握力が落ちる

というのが後遺症として残りやすいものになり、
これはリハビリで改善するしかありません。

指と手首の可動域を拡大する

まず可動域訓練、
つまり、カタくなった関節を柔らかくする
そういうリハビリです。

これは主にギプスやシーネなどの
固定が外れてから行います。

ただ、固定している期間も、
指の第1,第2関節(DIP,PIP関節)は動かせるはず
ですので、
積極的に動かしましょう。

手首、指の詳しい可動域訓練の
ポイントについては、
こちらの記事をご参照ください。

手首 骨折後のリハビリポイントを専門医が解説

2016.10.10

握力を回復させる

もう一つ、有鉤骨骨折で
特にスポーツ選手に有害なのは
握力の低下です。

当然、握力を鍛えるトレーニングで
改善していくことになりますが、

よくあるグリッパーでは、
有鉤骨骨折部に痛みが走って、
思うようにトレーニングができない
ということが起こりえます。

そのため、以下、2つのトレーニングを
試してみてください。

ソフトテニスボールをニギニギ

まずはグリッパーで痛ければ、
もっと柔らかいモノで鍛えましょう。

という単純な方法です。

軟式テニスボールくらいがちょうどいいかと思います。

 

あとは、こういった特殊な器具もオススメです。

これは中のボールが動いて、
握っている指に遠心力による負荷がかかる
というものです。

巻き上げリストカール

次に、リストカールという
手首の基本的なトレーニングを
あえて、おすすめしたいです。

握力とは主に
指を曲げる筋肉の力を反映しますが、

その指を曲げる筋肉は
肘あたりから始まって、指についています。

そして、手首を曲げる筋肉も、
すごく近い位置から始まっています。

こちらの動画のように、
指先にダンベルを下ろして、
指から巻き上げるようにトレーニングをすることで、

指を曲げる筋肉とともに負荷をかけることができ、

通常のニギニギトレーニングより
効果的なトレーニングになることがあります。

 

 

そのため、トレーニング中に痛みがないという前提がありますが、
ニギニギトレーニングと、
巻き上げリストカールの両方を
組み合わせてトレーニングしていくことをオススメします。

 

 

ここまで、有鉤骨骨折によって
後遺症を残さないための注意点

早期発見とリハビリテーションについて

解説いたしました。

 

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。