鎖骨骨折の痛みや症状の特徴は?医師はどこを見てる?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は鎖骨骨折についての基本的な内容

すなわち、
鎖骨ってどんな骨?
鎖骨の役割は?

といったことから、

鎖骨骨折にはどんな種類がある?
鎖骨骨折の痛み、症状の特徴は?

といったところまで

専門医の視点からできるだけわかりやすく
解説したいと思います。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それでは、さっそくいきましょう!

鎖骨とは?役割は?

まず鎖骨という骨について
どこかわからないってことはないと思いますが、

どんな役割をしているのか?

もっと言うと、なんで鎖骨なんて骨があるのか?

これについて解説いたします。

鎖骨は胸骨と肩甲骨を繋ぐ骨

まず鎖骨の位置ですが、
中央部は胸骨という胸のど真ん中の骨と連結して
胸鎖関節という関節を形成しています。

そして、外側では肩甲骨と連結して、
肩鎖関節という関節を形成しています。

つまり、胸骨という胸の骨と
肩甲骨という肩の骨を繋ぐのが鎖骨
ということです。

この位置関係、そのものが
鎖骨の役割です。

肩甲骨というのは背中側にあって、
肋骨や頚椎、つまり背骨と
連結しているようなイメージがあるかもしれません。

しかし、どちらも関節という形での連結はありません。
筋肉では繋がっていますが、
ゆるーい連結です。

そのため、
鎖骨を介しての連結のみで、
肩甲骨、もっと言うと肩から腕は繋がっている。

そう言えます。

そして、肩を動かすときには、
肩甲骨も動くわけですが、

それも鎖骨が胸骨を視点に、
360°様々な方向に動くことで、
肩甲骨の動きを大きくしつつ、
体幹から飛んでいかないように支えています。

つまり、鎖骨の役割の一番は、
肩甲骨の支点としての役割です。

鎖骨の裏側には大事な血管、神経がある

もう一つの役割として、
腕を栄養する血管や、
腕を支配する大事な神経を守る役割

これがあります。

首から腕に神経や血管が走っているわけですが、
もし鎖骨がなければ、
それらの大切な血管、神経が、
皮膚や脂肪、筋肉など
柔らかい組織でしか守られていない

という状態になってしまいます。

これでは危険なので、
そういう意味でも鎖骨の役割は大きいわけですね。

鎖骨骨折には部位で3種類に分けられる

この鎖骨ですが、
長い骨ですので、

骨折の部位によって、3つに分類されています。

それぞれ注意する点や治療も変わってきます。

引用画像:ビジュアル基本手技 カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫 羊土社

引用画像:ビジュアル基本手技 カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫 羊土社

鎖骨骨幹部骨折 真ん中1/3骨折

まず頻度が一番多い、
2/3以上を占める真ん中での骨折です。

骨の幹なので、
骨幹部骨折と呼ばれます。

この部位の鎖骨は、
非常に骨のくっつきがいいので、
多少のズレがあっても、
手術をせずにくっつきます。

鎖骨遠位端骨折 外側1/3骨折

次に頻度が高く、1/3近くを占めるのが
鎖骨の外側の骨折で、

鎖骨遠位端骨折、もしくは
鎖骨外側端骨折と呼ばれる骨折です。

これは鎖骨の肩甲骨側の骨折で、

肩の痛み、肩の骨折という性質が強まります。

 

肩甲骨との関係が重要で、
肩甲骨と鎖骨を繋ぐ靱帯の状態で、
治療方法が変わり、

本当に様々な固定金属や
治療方法がある骨折です。

スポンサード リンク

鎖骨近位端骨折 内側1/3骨折

最後に2%程度と、頻度が非常に低い骨折である、
鎖骨近位端骨折です。

この骨折は肋骨や胸骨とかぶるために、
レントゲンで診断がつきにくく、
CTによる精密検査で見つかることもあります。

ズレが大きい場合は、
さらに重要な大血管や食道などを
傷めてしまうこともあり、
しっかりと診察をし、
しっかりと経過観察をする必要がある骨折です。

鎖骨骨折の症状、痛みの特徴

鎖骨骨折の症状についてですが、

頻度が高い症状と
頻度が低いが危険な症状

について解説します。

鎖骨骨折の頻度が高い症状

骨折部の痛み

これは説明するまでもありませんね。
骨折すれば、痛いです。

多くの場合は肩から地面に転倒したケースで、
コンタクトスポーツや柔道などで
頻度が高いものです。

骨折部での変形

次に変形です。

鎖骨骨折は比較的ズレやすい骨折です。

それは鎖骨が肩から腕の重みを支えている
ということと、

首から強い僧帽筋によって引っ張られている

ということで、

内側の骨片は上に、
外側の骨片は下に、

そして、大胸筋などの作用で、

その骨片同士が重なるように短縮する

というズレ方をします。

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

その結果、

ズレ方が大きいと、
明らかに見た感じで、
骨折部位で肩がトンガってしまいます。

鎖骨骨折の頻度が低いが危険な症状

次に、頻度は低くとも
見逃せない危険な症状です。

神経や血管の損傷

鎖骨の役割として、腕にいく
大事な血管や神経を守っている
と述べました。

その血管や神経を
骨折部で圧迫してしまったり、
損傷してしまったりすることが稀にあります。

そうなると、出血量が多くなったり、
血の巡りが悪くなって、
腕が異常にむくんだり

また、神経損傷では
腕がしびれる、麻痺する
などの症状が出ます。

これは緊急事態です。

肺の損傷

鎖骨の下には肺がありますし、
また、鎖骨骨折と同時に肋骨骨折も
合併することは稀ではありません。

そのため、肺の損傷

つまり、肺から空気が漏れる気胸
また、肺の周りに血が溜まる血胸

これらについても注意が必要です。

骨折部が皮膚を突き破る

頻度が高いモノとして、
変形と述べましたが、

それがあまりに強くなれば、
皮膚を突き破ってしまうこともあります。

これも緊急事態です。

 

 

ここまで、まずは鎖骨骨折の導入編として、
鎖骨骨折の基礎知識と、
鎖骨骨折の症状について
解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

 

次に鎖骨骨折の治療において
手術をしなくてはいけないのかどうか?
その判断について解説しております。

ご参照ください。

鎖骨骨折の手術はどんなケースで必要? 専門医解説

2016.10.29

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。