鎖骨骨折の手術はどんなケースで必要? 専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

鎖骨骨折の治療方法は
保存療法と手術療法がありますが、

頻度の高い鎖骨骨幹部骨折では手術が必要なのか?
そうでないのか?

必要なのはどのような骨折か?

そういったことについて、
専門医の視点から解説いたします。

 

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

鎖骨骨折の手術・・・の前に基礎をおさらい

まず鎖骨という骨について、
その役割から、

鎖骨骨折の基礎について解説した
こちらの記事をご参照ください。

鎖骨骨折の痛みや症状の特徴は?医師はどこを見てる?

2016.10.28

鎖骨という骨は

胸骨という胸の骨と、
肩甲骨という肩の骨を繋ぐ役割があり

言い方を変えると、
鎖骨で肩から先の腕は吊られている
支えられている

と言えます。

また、その裏側には
腕に向かう大事な神経、血管があり、
それを守る役割もあります。

この鎖骨骨折ですが、

部位によって

  • 鎖骨遠位端骨折(外側1/3)
  • 鎖骨骨幹部骨折(中1/3)
  • 鎖骨近位端骨折(内側1/3)

と分類されており、

特に頻度が高いのが
鎖骨骨幹部骨折で、鎖骨骨折の2/3以上です。

今回はこの頻度が高い鎖骨骨幹部骨折に対する
手術に関して解説していきたいと思います。

どんな鎖骨骨折では手術が必要か?

鎖骨骨折、特に骨幹部骨折では、
骨のくっつき(癒合)が良好なので、

手術をせずとも骨はくっつきやすく、

特にとてもくっつくとは思えないくらいに
骨折部がズレていても、
時間をかければ(時に半年くらい)、
ほとんどのケースで骨がくっつく

ということはよく知られたことです。

 

そのため、鎖骨骨折においては
手術をすべきかどうかということについて、
長年議論されており、
いまだに決着はついていません。

スポンサード リンク

手術を積極的に検討すべき2つのケース

そんな中でも、
手術を積極的に推奨するケースがあります。

それは早期スポーツ復帰を目指すケース

骨が筋膜を突き破ってそうなくらいに
骨折部位のズレがあまりに大きいケース

の2つです。

早期スポーツ復帰を目指すケース

これが一番多い手術ケースでしょう。

鎖骨骨折の骨のくっつきがいいとは言え、
やはり時間がかかります。

そして、骨がくっつくまでは、
肩の動きを制限せざるを得ません。

最初は三角巾で吊りながら、
ほとんど動かせず、

少し骨がくっついてきたな
という時期には(3-4週くらい)
90°まで肩を上げるのを許可する

さらに骨がくっついたら、
積極的に肩を動かしていく

という段階を踏みながらやっていくため、

 

肩がカタくなったり、
筋力が落ちたり、

そして、手術が順調に終わったケースに比べれば、
ほぼ間違いなくスポーツ復帰は遅くなります。

骨折部位のズレや短縮が大きいケース

これも積極的に手術を検討していいと考えます。

これでも時間をかければくっつく可能性が高いわけですが、
逆に言えば、時間がかかる(時に半年以上)
というデメリットがあり、

また、この大きなズレが残った、
つまり変形した状態で骨がくっつくので、

ある程度痩せていれば、
見た目でも目立ちます。

さらに、大きな後遺症にはなりにくいのは事実ですが、
鎖骨の形状、長さが
著しく変われば、
肩、肩甲骨の動き、筋力に影響が出る可能性があります。

これらのデメリットを考えると、
手術を積極的に考えてもいいのではないかと思います。

手術を必ずやるべきと言える2つのケース

また、検討するとか、
そういうレベルではなく、

手術をしないと危ない!というケースもあります。

非常に稀ですが、

開放骨折と、神経血管の損傷の2つのケースです。

開放骨折

開放骨折とは、
骨折部が皮膚を突き破って、
外界と交通してしまった骨折です。

この問題は、
それだけ骨折部周囲の軟部組織である、
筋肉、脂肪、皮膚の損傷が大きいことと、

外界の細菌が、
もともとクリーンな骨折部に侵入してしまったことです。

そのため、骨折部周囲を
大量の水で洗い流しつつ、
骨も固定しないといけません。

細菌が繁殖してしまう前に
緊急手術をしなくてはいけません。

開放骨折については、
こちらの記事で詳しく解説しております。

開放骨折とは?専門医がわかりやすく解説します

2016.10.02

開放骨折では感染が最大の敵! 専門医解説

2016.10.01

神経・血管の損傷

鎖骨の役割として、
腕に向かう大事な神経、血管があり、
それを守るということがあると
述べましたが、

その鎖骨が折れてしまって、
不運にも、
守るべき大事な神経や血管を傷めてしまう、
もしくは圧迫してしまう

ということが起こりえます。

その場合も、
修復したり圧迫を解除したりしないといけないので、
手術が必要です。

 

 

ここまで、鎖骨骨折、
特に骨幹部骨折において、
手術が必要かどうか?についてお話しいたしました。

手術を積極的に考えたい2つのケースと
必ずしなくてはいけない2つのケースについて解説いたしました。
少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。