鎖骨骨折でも小学生では治し方が違う!専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は鎖骨骨折の治療のお話ですが、
特に小学生など小児、子供の場合です。

子供では発達段階で、
鎖骨の性質が成人とは異なりますから、

そこを念頭に入れた治療方針を考えていく必要があります。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

鎖骨骨折の基本をおさらい

まず鎖骨という骨そのものについて、
その役割から、

鎖骨骨折の基礎を解説した
こちらの記事をご参照ください。

鎖骨骨折の痛みや症状の特徴は?医師はどこを見てる?

2016.10.28

鎖骨という骨は

胸骨という胸の真ん中の骨と、
肩甲骨という肩の骨を繋ぐ役割があります。

言いかえると、
鎖骨で肩から先の腕は吊られている
支えられている

と言えます。

また、その裏側には
腕に向かう大切な神経、血管があり、
それを守る役割もあります。

この鎖骨ですが、長い骨であるため、

部位によって

  • 鎖骨遠位端骨折(外側1/3)
  • 鎖骨骨幹部骨折(中1/3)
  • 鎖骨近位端骨折(内側1/3)

と分類されており、

特に頻度が高いのが
鎖骨の真ん中である骨幹部骨折で、
鎖骨骨折の2/3以上です。

鎖骨骨折の治療原則

鎖骨は特に骨幹部骨折では
骨のくっつき(癒合)がいいので、
多少のズレでも手術せずに、
治療することが可能です。

それでも手術を検討した方がいいケースとして、

  • スポーツへの早期復帰を望むケース
  • ズレがあまりに大きいケース

そして、原則手術をすべきであるケースとして、

  • 皮膚を骨が突き破った開放骨折
  • 神経・血管損傷を伴ったケース

ということを解説いたしました。
こちらの記事で詳しくお話ししていますので、
ご参照ください。

鎖骨骨折の手術はどんなケースで必要? 専門医解説

2016.10.29

小学生など小児の鎖骨骨折は原則手術をしない

それでも、小学生などの子どもの場合は、
できる限り手術をせずに治したいし、治せる

というのが鎖骨骨折です。

その理由として主に2つ挙げます。

理由1:骨の自家矯正力

小学生くらいの子どもの鎖骨の特徴として、

成長途中であるということ、
また、その鋳型とも言うべき骨膜
鎖骨の周りに存在し、成人に比べ強い
ということが特徴です。

そのため、鎖骨骨折によって、
骨の形が変形していても、

骨がくっつく過程で、
徐々に元の形に近づいていきます。

これを自家矯正力と言います。

これは成人にはほとんどない、
子どもの特徴です。

理由2:骨のくっつきが早い

次に骨のくっつきが早いということが挙げられます。

さきほど、手術を考えるケースとして、
早期復帰など時間的な要素を挙げました。

しかし、小学生くらいの子どもの場合、
3-4週間で骨がくっついて、
肩を動かして良くなることも多いので、

早期復帰を目指して、手術をする

ということは考えにくいと言えます。

 

このような特徴が子どもの鎖骨にはあるため、
原則、手術ではなく保存治療、

三角巾などの固定や、
鎖骨バンドなどを使用していく

ということになります。

 

鎖骨バンド(クラビクルバンド)についての解説記事は
こちらになります。

鎖骨骨折のクラビクルバンドは万能ではない! その使い方は?

2016.10.29

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。