鎖骨骨折のクラビクルバンドは万能ではない! その使い方は?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は鎖骨の保存治療でよく使用される
鎖骨バンド、クラビクルバンドについて、

そのメカニズム、意味から
使い方

そして、勘違いされやすい部分について
解説いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

鎖骨骨折の基本

まずはおさらいから入ります。
鎖骨という骨そのものについてのお話から

鎖骨骨折の基礎を解説した
こちらの記事をご参照ください。

鎖骨骨折の痛みや症状の特徴は?医師はどこを見てる?

2016.10.28

カンタンに復習しますと、

鎖骨という骨は

胸骨という胸の真ん中の骨と、
肩甲骨を繋ぐ役割があります。

言いかえると、
鎖骨で肩から腕までは吊られている
支えられている

と言えます。

また、その裏側には
腕から手に向かう大切な神経、血管があり、
それを守る役割もあります。

この鎖骨は長い骨であるため、

部位によって

  • 鎖骨遠位端骨折(外側1/3)
  • 鎖骨骨幹部骨折(中1/3)
  • 鎖骨近位端骨折(内側1/3)

と分類されており、

特に頻度が高いのが
鎖骨の真ん中である骨幹部骨折で、
鎖骨骨折の2/3以上です。

鎖骨骨折の治療原則

鎖骨は特に骨幹部骨折では
骨のくっつき(癒合)がいいので、
多少のズレでも手術せずに、
くっつけることができます。

それでも手術を検討した方がいいケース、
手術をしなくてはいけないケースについて、

こちらの記事で詳しくお話ししていますので、
ご参照ください。

鎖骨骨折の手術はどんなケースで必要? 専門医解説

2016.10.29

また、こちらの記事では
子どもの鎖骨骨折では
保存治療が原則である理由について
解説いたしました。

鎖骨骨折でも小学生では治し方が違う!専門医解説

2016.10.29

鎖骨骨折の保存治療のポイント

鎖骨骨折に限らず、
骨折の保存治療においては、

骨折部ができるだけ元の形(整復位)で
固定されている状態を作ること

になります。

これを一言で言えば、
整復固定ということになります。

一般的にはギプスやシーネなどを使って、
関節から固定するわけですが、

鎖骨に関しては体幹を固定するということが
なかなか難しいので、

最近はほとんど行われていません。

そこで鎖骨の場合は
2つの整復固定のためのポイントがあります。

1.鎖骨の長さを保つために胸を張る

肩甲骨と胸骨を繋いでいるのが鎖骨ですが、
鎖骨骨折がズレているときは、
肩甲骨が前に丸まるように出ていて、
鎖骨が短縮しています。

それを戻すには、
肩甲骨を後ろに持っていく。

つまり、胸を張るという姿勢をキープします。

2.肩から腕の重さを下から支える

肩から腕をつり下げているのが
鎖骨ですから、

骨折した際には、
肩の側の外側の骨片が重さで下に落ちます。

それを整復するために、
下から腕を持ち上げる必要があるわけです。

この2つをしっかりと満たす保存治療が必要なわけですが、
クラビクルバンドだけではダメなのがわかりますね。

スポンサード リンク

クラビクルバンドは胸を張らせるのが目的

さきほどのポイントで言えば、
1番目の
「鎖骨の長さを保つために胸を張る」

という目的のために、
クラビクルバンドを使用します。

 

Clavicle fracture and  immobilize bandage

Clavicle fracture and immobilize bandage

Clavicle fracture and  immobilize bandage

Clavicle fracture and immobilize bandage

クラビクルバンドは両肩の上と、脇の下を通して、
背中で8の字型に、引っ張って
マジックテープで止める

というバンドで、

これで胸を張った状態をキープする
というのが目的です。

この目的を理解せずに、
猫背のままで、
鎖骨を上から抑えればいいのだろうと
勘違いしている人がいますが、

クラビクルバンドの装着で、
一番大切なのは、

痛みを我慢して、全力で胸を張った状態で、

さらに、ギューッと鎖骨バンドを引っ張って
固定するということです。

そして、そのマジックテープを固定した位置に
印をつけておいて、
だんだん緩んできてないかを確認することと、

脇の下の神経や血管が通っているところを
ダイレクトに強く圧迫していないかを確認することがポイントです。

しかしこれだけでは、
1つめのポイントしか満たせていませんね。

2つめの「肩から腕の重さを下から支える」
というものは鎖骨バンド、クラビクルバンドではできません。

ですから、クラビクルバンドだけやっていれば大丈夫
ということではないんですね。

それどころか、骨折型によっては
クラビクルバンドは不要ということもあります。

肩から腕の重さを下から支える:三角巾で十分

この目的には三角巾もしくは
類似の簡易装具で十分です。

Rka na temblakuZamanie rki, opatrunek gipsowym

これをしっかり、肘から手の方まで幅広く覆って、
しっかりと長さを調節して、三角巾で
腕の重さを支えるようにします。

特に鎖骨の短縮がないケースや
鎖骨遠位端骨折では、

クラビクルバンドよりも、
この三角巾による腕の重さを支えることの方が、
はるかに重要です。

 

整形外科医の中でも、
時に必要性の低いケースで鎖骨バンドだけを装着し、
腕の重さを支えるという指導をしていないケースがありますので、

ぜひ、注意していただければと思います。

 

今回は鎖骨骨折の保存治療で重要な
鎖骨バンドについて、
保存療法に必要なポイントから
その使い方を理解していただけるように心がけました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。