鎖骨骨折のプレートを使った手術法の利点欠点解説!

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は鎖骨骨折の手術の中でも
プレートという金属を使った手術について、

そのメリット(利点)、
デメリット(欠点)について、
解説したいと思います。

プレートと言っても、
実際はいくつか種類があります。

それぞれにどういう違いがあるかについても
解説いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

鎖骨骨折の基礎をおさらい

まずはおさらいから入りましょう。

鎖骨骨折の基礎を解説した
こちらの記事をご参照ください。

鎖骨骨折の痛みや症状の特徴は?医師はどこを見てる?

2016.10.28

カンタンに復習しますと、

鎖骨という骨は

胸骨という胸のど真ん中の骨と、
肩甲骨を繋ぐ役割があります。

言いかえると、

鎖骨によって
肩から腕までは吊られている
支えられている

と言えます。

また、その裏側には
腕から手に向かう大切な神経、血管があり、
それを守る役割もあります。

この鎖骨は長い骨であるため、

部位によって

  • 鎖骨遠位端骨折(外側1/3)
  • 鎖骨骨幹部骨折(中1/3)
  • 鎖骨近位端骨折(内側1/3)

と分類されており、

特に
鎖骨の真ん中である骨幹部骨折は、
鎖骨骨折の2/3以上を占めています。

鎖骨骨折の治療原則

鎖骨は特に骨幹部骨折では
骨のくっつき(癒合)がいいので、
多くは手術せずに、
くっつけることができます。

それでも手術を検討した方がいいケース、
手術をしなくてはいけないケースについて、

こちらの記事で詳しくお話ししていますので、
ご参照ください。

鎖骨骨折の手術はどんなケースで必要? 専門医解説

2016.10.29

また、こちらの記事では
子どもの鎖骨骨折では
手術をしないことが多い理由について
解説いたしました。

鎖骨骨折でも小学生では治し方が違う!専門医解説

2016.10.29

鎖骨骨幹部骨折のプレート固定手術

頻度が大きい鎖骨骨幹部骨折の手術について、
そのプレート固定について解説します。

スポンサード リンク


まず、プレート固定全般のお話ですが、

プレートとはその名の通り、
板状の金属です。

ただの板では当然、骨折は固定できません。

この板にはたくさんの穴が空いており、
その穴にはスクリュー、ネジが入るようになっています。

引用画像:ビジュアル基本手技 カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫 羊土社

引用画像:ビジュアル基本手技 カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫 羊土社

つまり、板状の金属を
骨に沿って当てて、
その板を介してネジを入れることで、
骨折部を固定しましょうというものです。

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

プレート手術のメリット

メリット、利点は
特にロッキングプレートというもので顕著ですが、
非常に強い骨折部の固定ができるということです。

鎖骨の場合は
大きくないものの、
あらゆる方向に、つまり
前後左右、回旋もふくめて動きますので、

プレートによる固定は
早くから動かすことを可能にし、

スポーツ復帰を早めます。

プレート手術のデメリット

それに対して、デメリット、欠点ですが、

1つは、どうしても
プレート自体が大きなモノになりますので、

手術の傷が大きくなります。
一般的にはそのため、手術の侵襲は大きめです。
(MIPOという低侵襲の手術法もありますが)

このデメリットを考慮して、
できるだけ小さなプレートを入れようとすると、

それはメリットである固定性を犠牲にすることになり、
本末転倒、やるべきではないと考えられています。

 

鎖骨骨幹部骨折で使われる2種類のプレート

この鎖骨骨幹部骨折で使われるプレートは
主に2種類あり、

昔から使われている、コンベンショナルプレートと
ここ10-20年くらいで主流に躍り出た
ロッキングプレートです。

ロッキングプレート

さきにロッキングプレートから解説します。

このロッキングプレートは、
プレートとスクリュー(ネジ)が、
ロックする、固定されるということが特徴です。

それはプレートにもねじ切りされており、
スクリューをしっかり締め込むと、
プレートからスクリューが抜けずに、
また、スクリューの角度がぶれない

ということです。

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

 

それによって、骨折部の固定効果が高まります。
メリットはまさにこれです。

骨に沿ってプレートを当てるわけですが、
密着させて固定はしなくてもいいということも特徴です。

極端な話、骨から浮いた状態で
プレートを設置してネジを入れても、
固定ができる

ということです。

それによって、骨膜という
骨を栄養する膜を犠牲にしなくても
プレート固定ができるので、

骨のくっつきにもいい効果があります。

 

 

デメリットは、
鎖骨ではかなり大きなデメリットですが、

「分厚い」ということです。

それは、スクリューを固定させるために
最小限必要な分厚さなわけですが、

それによって、
骨がすぐ触れるような鎖骨ですから、
プレートが皮膚上からもわかるくらいになります。

そういった見た目の問題だけでなく、
その上で修復を期待するべき
筋肉や皮膚にもストレスがかかる

ということはデメリットと言えるでしょう。

コンベンショナルプレート

次に、コンベンショナルプレートです。
コンベンショナルとは伝統的と言うことで、

昔からあるといいましたが、
今は使われないかと言えば、そうではありません。

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第二版 医学書院

先ほどのロッキングプレートの
メリット、デメリットの真逆だと思っていただければと思います。

つまり、スクリューとプレートは
ロックされませんので、固定性は少し劣ります

しかし、その分、薄いために、
皮膚から目立ちにくいこと、
その上に乗る筋肉や皮膚のストレスがすくないことが
メリットと言えるでしょう。

 

ここまで鎖骨骨折の治療法の1つ
プレート固定手術について解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。