鎖骨骨折のリハビリ方法のポイントを専門医が解説します

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は鎖骨骨折後のリハビリテーションについてです。

鎖骨骨折後、
手術をするケースとしないケースがありますが、

どちらでも共通した基本的な考え方があり、

その考え方に基づいた
リハビリポイントについて解説いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いいただきありがとうございます。

それではいきましょう!

鎖骨骨折の基本をおさらい

まずはおさらいから入りましょう。

鎖骨骨折の基本事項について解説した
こちらの記事をご参照ください。

鎖骨骨折の痛みや症状の特徴は?医師はどこを見てる?

2016.10.28

軽く復習しますと、

鎖骨という骨は

胸骨という胸のど真ん中の骨と、
肩の肩甲骨を繋ぐ役割があります。

言いかえると、

鎖骨という骨によって
肩から腕までは吊られている
支えられている

と言えます。

また、その裏側には
腕から手に向かう大切な神経、血管があり、
それを守る役割もあります。

この鎖骨は長い骨であるため、

部位によって

  • 鎖骨遠位端骨折(外側1/3)
  • 鎖骨骨幹部骨折(中1/3)
  • 鎖骨近位端骨折(内側1/3)

と分類されており、

特に
鎖骨の真ん中である骨幹部骨折は、
鎖骨骨折の2/3程度を占めています。

鎖骨骨折の治療原則

鎖骨は特に骨幹部骨折では
骨のくっつき(癒合)がいいので、
多くは手術せずに、
くっつけることができます。

しかし、手術を検討した方がいいケース、
手術をしなくてはいけないケースはあります。

こちらの記事で詳しくお話ししていますので、
ご参照ください。

鎖骨骨折の手術はどんなケースで必要? 専門医解説

2016.10.29

また、こちらの記事では
お子さんのの鎖骨骨折では
手術をしないことが多い理由について
解説いたしました。

鎖骨骨折でも小学生では治し方が違う!専門医解説

2016.10.29

鎖骨骨折のリハビリ目標

最初におさらいした
鎖骨の役割というものを
考えると、

鎖骨骨折後のリハビリについての
ポイントは以下の2つであることがわかります。

  • 肩関節の可動域を回復する
  • 肩甲骨の動きを回復する

つまり、肩甲骨を動かすときに
支点となるのが鎖骨なので、

この鎖骨が折れていて、
それに対して、骨がくっつくまでは、

手術の有無にもよりますが、

鎖骨の動きは制限しないといけません。

そのときに、直接繋がる肩甲骨の動きは
当然制限しますが

肩関節も特に90°以上の挙上
つまり、前へならえよりも上に上げる
ような動きでは、

肩甲骨が大きく動き出します。

(厳密には60°以上で動き出すということが一般的です。)

そのため、一旦、これらの動きを制限し、
骨をくっつけた後に、
その動きを回復させる必要があるということです。

実際の鎖骨骨折後のリハビリポイント

それでは実際の肩関節の可動域訓練の
ポイントについて解説します。

スポンサード リンク

肩関節の可動域訓練

まず肩関節の可動域訓練として、
骨がしっかりくっつくまでは
60°より上に上げない、
次に90°より上には上げない
という段階的な制限をかけることがあります。

これは肩甲骨の動きを少なくして、
鎖骨の動きを制限するのが目的です。

特に60°までであれば、
肩甲骨の動きは最小限にとどめられるので、
まずはそこからです。

 

そこで1つの基本となるリハビリは、
重力を使った
振子運動リハビリです。

引用画像:スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド 第二版 文光堂

引用画像:スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド 第二版 文光堂

腕をだらんと下ろして、
体幹を45°前傾します。

そうすると、相対的に
肩は45°上がった状態になります。

その状態で、腕を小さく前後に振ったり、
円を描くように振るというリハビリです。

この利点は脱力下に行いやすい
ということです。

そうすることで、
筋肉の緊張を取り除く

これは肩甲骨の動きを
今後引き出す上でも重要なので、

体幹の角度と力を抜くということ
をマスターしておいて損はないと思います。

 

これも体幹を倒しすぎると、
肩を過度に上げることになりますので、

主治医と設定角度を相談し、
注意してください。

肩甲骨の可動性を上げる訓練

そうして、肩関節の動きの幅を回復させつつ、

鎖骨の安定性が得られれば、

肩甲骨を積極的に動かしていきます。

肩甲骨は意識的に動かさないと、
だんだん動きは悪くなります。

特に鎖骨骨折後は
その傾向が強く、

鎖骨骨折後に肩の痛みがある場合、
この肩甲骨の動きが悪い可能性があります。

ここではいくつか肩甲骨の動きを引き出す
リハビリ動画をご紹介しておきます。

 

今回は鎖骨骨折後のリハビリテーションとして、

肩関節の可動域訓練と
肩甲骨の可動性訓練

というポイントについて解説いたしました。

 

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。