マレットフィンガーの治療法を専門医がていねいに解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回はマレットフィンガーと呼ばれる、
指の伸筋腱損傷、もしくは剥離骨折について、

その基礎から
治療法の概要について
できるだけ丁寧にお話いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

マレットフィンガーの基本をおさらい

マレットフィンガーとは?

マレットフィンガーとは
槌指(つちゆび)とも呼ばれますが、

指を伸ばす筋肉のスジである
伸筋腱(しんきんけん)

指の一番先端の骨である
末節骨(まっせつこつ)

付着している部分で損傷してしまうものです。

 

根本的な話ですが、
筋肉が働く仕組みは、

筋肉の両端が骨にくっついていて、
筋肉が縮むことによって、
骨が引っ張られて、関節が動くわけですね。

このマレットフィンガーは
その筋肉のくっついているところが
損傷してしまう状態を言います。

多くは「突き指」のような形で傷めてしまいます。

スポンサード リンク

マレットフィンガーの症状

マレットフィンガーとは
筋肉のくっついているところが
損傷してしまう状態

と言いました。

とすると、まず一番の特徴は

筋肉が縮んでも関節が動かない

ということ。

それが総指伸筋(そうししんきん)という
指を伸ばす筋肉ですので、

指の第1関節(DIP関節)が
自分の力では伸びません。

だらんと曲がったままになってしまいます。

当然、その第Ⅰ関節での損傷ですから、
その関節部分の痛みもあります。

マレットフィンガーの2つのタイプ

このマレットフィンガーには
損傷の形態で大きく2つにわかれます。

それは伸筋腱が骨から剥がれるタイプ
伸筋腱が付着する骨ごと剥がれてしまうタイプです。

前者を腱性マレットフィンガー
後者を骨性マレットフィンガーと言います。

 

どちらのタイプかは
レントゲンを見ればわかります。

骨性マレットフィンガー 引用画像:整形外科 Knack&Pitfalls 手の外科の要点と盲点 第一版 文左堂

 

レントゲンで骨折がなければ腱性マレットフィンガー、
レントゲンで骨折があれば骨性マレットフィンガーです。 

マレットフィンガーの治療法

マレットフィンガーの治療法ですが、
まず腱性マレットフィンガーと
骨性マレットフィンガーで異なります。

腱性マレットフィンガーでは
まず手術は行わず、固定して腱が修復するのを目指すことが多いです。

マレットフィンガーの保存療法

マレットフィンガーで手術をしなくていいケース

マレットフィンガーで手術をしなくていいケースは、
さきほどの通り、腱性マレットフィンガーの場合と、

骨性マレットフィンガーでも、
骨片が小さく、
かつ、ズレがほとんどない

というケースです。

マレットフィンガーの保存治療は第1関節の固定

このときに、
この伸筋腱は
指の第1関節(DIP関節)を伸ばす筋ですから、

少し伸ばしすぎ、
つまり、反らすくらいくらいの位置で固定します。

そうすることで、損傷した腱が
もとあった位置に近づき、
修復を期待できます。

この固定を
金属製の副え木
(アルフェンスシーネ)で行う方法と、

装具で行う方法があります。

引用画像:スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド 第二版 文光堂

引用画像:スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド 第二版 文光堂

引用画像:スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド 第二版 文光堂

引用画像:スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド 第二版 文光堂

 

どちらにしろ、
一番大切なことは、

治療経過中、一瞬たりとも
第1関節を曲げない

ということが大切です。

そのためには装具やアルフェンスシーネを
自宅で自分で外さないということ。

病院で医師がしっかり第1関節を保持した状態で、
指周りを拭いたり、装具をつけなおしたり

というくらいの徹底が望ましいと考えます。

 

腱性マレットでも手術で関節を固定することも

このように徹底して固定をしても、
それでも完璧な固定というのは難しいモノです。

そこで、キルシュナー鋼線という針金を関節固定のために
串刺しにする方法もあります。

これは骨性マレットの手術ですが、このような針金で関節を過伸展位で固定することもあります。 引用画像:整形外科 Knack&Pitfalls 手の外科の要点と盲点 第一版 文左堂

固定期間は?

固定期間は骨性マレットの場合は5-6週間
腱性マレットの場合は6-8週間が一般的です。

その後、慎重に
指の可動域訓練として
リハビリをやっていくことになります。

マレットフィンガーの手術法

骨性マレットフィンガーにおいて、
少しでもズレがあれば、

手術の方が安心です。

多少のズレであれば、
手術をしなくても骨はくっつきますが、

手術をすることにより、
骨はより確実に固定ができますし、

手術自体も日帰りでできる、
局所麻酔による手術が主流ですので、

積極的に検討していただいていいと考えています。

手術については
こちらで詳しく解説しておりますので、
ご参照ください。

マレットフィンガーの手術法と術後注意点を専門医解説

2016.11.01

 

簡単に言うと、

先ほども出てきたキルシュナー鋼線という針金を
2本ほど使って、

骨折部と関節を固定する方法が一般的です。

引用画像:整形外科 Knack&Pitfalls 手の外科の要点と盲点 第一版 文左堂

 

本日はマレットフィンガーの基礎から、
その治療法までを解説いたしました。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。