足首の骨折をボルトで治すって?手術をわかりやすく解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

本日は足首の骨折の手術について、
ボルト、針金、プレートなどで固定することになりますが、
実際、どんな手術をすることになるのか?
少しでもイメージできるように解説いたしました。

実際、ボルトってなんだ?
そんな大工道具みたいなもので治すのか?

なんて思う人もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、医療用のボルトを使うわけですが、
そもそもの構造は大差ありません。

さて、それでは足首の骨折の手術について
できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

足首の骨折の手術はなぜするのか?

足首の骨折と言っても、
手術する場合としない場合があります。

手術はなぜするのでしょうか?

それは一言で言えば、
骨折でずれてしまった骨をいい位置に戻して
その位置でしっかり固定するためです。

足首の骨折でずれてしまった場合には、
皮膚の上から、徒手的にぐいっとやっても、
なかなか戻らなく、もし戻ったとしても、
その位置でギプスなどで固定するのが難しいです。

それは足首の独特の形と、
また、骨折後に腫れやすいという特徴などが
関係しています。

そのため、足首の骨折でずれがあれば、
手術が必要になる可能性が高いと考えていいと思います。

その目的である、
いい位置に骨を戻して、
その状態で固定するために
適した金属を骨に入れることになります。

整形外科医がどのように使う金属を選んでいるのか?

では、カンタンにですが、
どのように我々整形外科医が
骨折を固定するのに使う金属を選んでいるか

そのポイントは次の2点です。

1.足首を早めに動かしてもずれない強固な固定

まず最優先は、
しっかり固定すること。

当然ですね。

特にできることなら、
骨がくっつく前から、
足首を動かしてもズレないくらい

そんな強固な固定を目指します。

それによって、リハビリを早くから行い、
骨がくっついたあとの
足首の動きを良くしようとします。

2.強固に固定できるなら最小限の金属と傷で

1番目の強固な固定ができるのであれば、
手術の傷も、使う金属の大きさや数も
小さい方がいいですよね。

実際、その方が、細菌の感染のリスクや
術後の痛みなどを小さくできます。

足首の骨折の手術で使われるのはボルトだけじゃない

足首の骨折の手術で使われる金属の中で
代表的なものをお伝えします。

ボルト・スクリュー・ネジ

まずよくイメージされるボルトですが、
僕らはスクリューと表現することが多いですね。

骨のどの部位に使うかによって、
ネジの溝の大きさなどが変わりますが、

よく大工さんが使うネジと
大きく変わらないものです。

various screws

ただ、当然のことながら、
体内に入れるものですから、
滅菌処理をされたもので、
多くはチタン合金です。

 

骨折した骨の、
一方の骨が小さい場合は、
1本のボルトを入れるくらいしかスペースがないので、
それだけで固定することもあります。

ただ、やはり、それだけで固定するよりは、
2本、3本と複数のボルトで固定したり、
次のプレートといったものを使うことで
より強固な固定になります。

金属プレート

Bone plates

傷は大きくなってしまいますが、
このような金属プレートを使うと、
ネジも多く入れられて、
固定力が上がります。

このプレートもチタン製のものが多いですね。

不安定性が大きな骨折は
傷が大きくなってでも、
このプレートを使うことがあります。

針金・ワイヤー

シンプルな針金のような、
金属のワイヤーを使うことも多いです。

ワイヤーには各種の太さがあり、
また硬いワイヤーと、
柔らかいワイヤーがあり、
それぞれ用途が少し異なります。

こちらのワイヤーは
ステンレス製のものが中心になっています。

最後に手術後のレントゲンの例をお見せします。

ボルトとプレートを組み合わせた固定

足首 骨折画像引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

硬いワイヤーと柔らかいワイヤーのみで固定

足首 骨折画像引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

 

このようにケースバイケースで、

最適と考えられる金属を選んでの固定を行っています。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。