マレットフィンガーを放置してしまったら?専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

マレットフィンガーは最初、
突き指と判断して、
病院を受診しないという人がいらっしゃいます。

 

そうすると
ちょっと困ったことになることがあるんですね。

どのくらい放置してしまったらマズいのか?
放置してしまったらどうなってしまうのか?

そういったことについて専門医の視点で
少しでもわかりやすく解説したいと思います

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
それではいきましょう!

マレットフィンガーの基礎をおさらい

マレットフィンガーの基本的なことを
こちらの記事で解説しております。
ご参考にまずは基本をおさらいしておきましょう。

マレットフィンガーの治療法を専門医がていねいに解説

2016.11.02

マレットフィンガーとは

指を伸ばす筋肉のスジである
伸筋腱(しんきんけん)

指の一番先端の骨である
末節骨(まっせつこつ)

くっついている部分で切れてしまうものです。

 

一番の特徴的症状は

指の第1関節(DIP関節)が自力では伸びません。
だらんと曲がったままになってしまいます。

単なる突き指と自己診断して放置

たいていは突き指の形で受傷します。

そのため、受傷直後は、
「突き指しちゃった!痛い!」

というだけで、
痛いから動かなせないと勘違いして、

ただの突き指と自己診断して、
病院を受診しない。

そういうケースが
放置してしまう人には目立ちます。

スポンサード リンク

マレットフィンガーには2種類ある

このマレットフィンガーには
損傷の形態で大きく2つにわかれます。

それは伸筋腱が骨から剥がれるタイプと
伸筋腱が付着する骨ごと剥がれてしまうタイプです。

前者を腱性マレットフィンガー
後者を骨性マレットフィンガーと呼びます。

後者は剥離骨折ですね。

マレットフィンガーの治療法

治療法としては、

腱性マレットフィンガーでは
原則はまず手術は行わず、
固定して腱が修復するのを目指します。

ズレがある骨性マレットフィンガーは
主に石黒法という針金を使った手術で

ズレを矯正した状態で固定します。

こちらの記事で解説しております。
ご参考になさってください。

マレットフィンガーの手術法と術後注意点を専門医解説

2016.11.01

マレットフィンガーを放置してしまったらどうなる?

マレットフィンガーを
放置してしまったらどうなるか?

一言で言うと、

治る力が時間とともに落ちていきます。

傷めて早期(1週間以内目安)に
適切な固定や手術をすれば、

そのときは、治るための血腫や
細胞の動因が盛んですから、
骨もつきやすいし、
剥がれてしまった腱もくっつきやすいです。

 

しかし、時間とともに、
その力は落ちていき、

骨や腱がくっつく可能性が落ちていき、
くっつくとしても時間が余計にかかります。

マレットフィンガーをどのくらい放置するとまずい?

どのくらい放置するとまずいかというと、

まず1つは2週間という期間です。
一般的な骨の手術は
遅くとも2週間以内に手術をする
というのが

経験論的に原則とされています。

 

また、もっとまずいのは
1ヶ月以上の放置です。

そうなると、

通常の治療法である、
固定による保存療法や
石黒法による手術では
くっつかないリスクが大きいです。

そのため、
骨性マレットフィンガーでは

単に針金で固定するだけでなく、
骨折部位を直接削って、
リフレッシュすることや、

針金による固定も
より工夫をしたり、
プレートによる固定にしたりと、

手術法も込み入ったものになります。

 

それだけしないと治らないということですし、
それでも厳しい戦いになる
という覚悟が必要です。

それだけに放置しない!
ということが何より大切ですね。

 

ここまで、マレットフィンガーを放置してしまうと
どうなってしまうのか?
ということについて解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。