肘の骨折の症状をていねいに専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

本日は肘の骨折の症状をていねいに
ということで、

肘の骨折について
基本的事項を押さえていただけるような
内容でお届けしたいと思います。

  • 肘の骨折が起こる肘の骨やその周囲にはどんな特徴があるのか?
  • 肘の骨折にはどういった種類があるのか?
  • 肘の骨折ではどういう症状が特徴的なのか?

そういったことについて
できるだけわかりやすく専門医の視点から
お伝えしたいと思います。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
それではいきましょう!

肘の骨とその周囲の特徴は?

まず肘の骨やその周囲の特徴として、
いくつかポイントをお伝えします。

肘の骨は3つ!

まず基本中の基本ですが、
肘の骨は3つです。

上腕骨という
肘から肩にかけての骨と

前腕の骨、つまり肘から手首までの
橈骨
尺骨です。

橈骨の肘側の先端は
橈骨頭という円筒形の軟骨になっています。

また、尺骨は、
肘頭という肘の伸ばす側を形成しています。

肘をテーブルについたときに、
接触する部分ですね。

まさに肘の頭です。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

この上腕骨と、橈骨、尺骨からなる肘関節は、
形状としてかなり複雑な形をしています。

それは骨折の時の治療の難しさに
繋がっています。

肘の骨の近くには重要な3つの神経が走る

1つ大切なポイントは
手指の重要な神経である

  • 正中神経
  • 尺骨神経
  • 橈骨神経

が肘の骨の周りを走っている

ということです。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

正中神経(引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院)

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

橈骨神経(引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院)

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

尺骨神経(引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院)

肘の骨には筋肉がたくさん付着する

もう一つの特徴としては、
筋肉の付着部が多いと言えます。

例えば、肘頭は
肘を伸ばす上腕三頭筋が付着しています。

また、上腕骨内側上顆は
手首を曲げたり、指を曲げたりする筋肉が、

上腕骨外側上顆は
手首を伸ばしたり、指を伸ばしたりする筋肉が、
くっついています。

これら突起には靱帯も付着しておりますし、

剥離骨折の好発部位でもあります。

肘の剥離骨折については
こちらの記事をごらんください。

肘の剥離骨折とは?これを読めばまるごと理解 専門医解説

2016.10.24

肘関節は安定した関節

肘関節はもともと

内反、外反とか、
前腕の動きで言えば、回内外がありますが、

内反、外反なんていうのは、
可動域はわずかですから、

曲げて、伸ばして

という動きしかないと言ってもいいくらいです。

そのため、
多方向に動く肩などと比べると、
非常に脱臼しにくい安定した関節と言えます。

肘の骨折の主な3つの種類

肘の骨折としては、
3つの骨、それぞれで起こりえます。

上腕骨遠位端骨折

まず上腕骨ですが、
肘側を遠位端とひとくくりで言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折ということになります。

ただ、実際は
上腕骨の肘部分は

内側上顆、外側上顆、
小頭、滑車
と呼ばれるパートにわかれていて、

それぞれの部位の骨折が起こりえます。

橈骨頭骨折

橈骨の場合は
橈骨頭骨折か、
その少し根本よりである
橈骨頚部骨折

のどちらかが起こります。

肘頭骨折

尺骨については肘頭骨折
典型的な骨折として
頻度が高いですが、

他にも肘の前方側の突起である
鉤状突起骨折などもあります。

肘頭骨折についてはこちらをご参照ください。

肘頭骨折の基本からリハビリまで専門医解説

2016.11.04

肘の骨折の特徴的症状

これら肘の骨折の特徴的な症状ですが、
さきほど骨折の種類で解説したとおり、

肘の骨折と言っても
たくさん種類があり、
それぞれ特徴があります。

そのため、ここでは全体的に
共通する特徴を2つお伝えします。

スポンサード リンク

変形しやすい(脱臼と間違えることも)

非常に安定した関節であると述べましたが、
それゆえ、

脱臼しそうな力が加わった場合、
脱臼することもありますが、

多くは骨が折れます。

そして、脱臼しているかのような変形を呈することがあります。

整骨院で脱臼を整復してもらったけど、
まだ全然痛いんです。

といって、レントゲンを撮ってみると
骨折だった・・・

というケースを何回か経験しています。

もちろん、多くの柔道整復師の方々は、
まず診断を受けるように促してくれますので、
ほんの一部だろうと思いますが。

しびれや麻痺の危険あり

周りに大事な神経が3つも走っている
と言いましたが、

骨折の変形や、
骨折後の腫れによって、

神経障害を呈することは
常に注意していないといけません。

 

まず起こるのは主に
しびれや、放散痛です。

肘を骨折したのに、
手の方までしびれたり、痛かったりすれば、
神経障害を疑います。

もちろん、指の動きが悪かったりすれば、
もっと重症です。

 

 

 

ここまで、肘の骨折の基本的なことから、
特徴的な症状について
解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。