肘の骨折の手術法をわかりやすく専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肘の骨折の手術法ということで、
専門医の視点から、

患者さんやそのご家族に
少しでも伝わりやすく解説できればと思います。

 

実は肘の骨折は大人と子どもで大きく違います。
そのため手術法も異なりますので、

そういった大枠での手術法のお話を中心に
理解いただけるようにしたいと思います。

手術をやる人向けではなく、
手術を受ける患者さん向けの記事ですので、
細かな手術のやり方、コツなどについては
解説しておりません。
(この骨折バイブル全般に共通することです)

 

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肘の骨折の基本をまず復習

まず肘の骨折の基本について
復習いたしましょう。

こちらの記事で詳しく解説しておりますので、
ご参照ください。

肘の骨折の症状をていねいに専門医が解説

2016.11.04

肘の骨は3つ!

まず基本中の基本ですが、
肘の骨は3つです。

上腕骨という
肘から肩にかけての骨と

前腕の骨、つまり肘から手首までの
橈骨
尺骨です。

 

肘の骨の近くには手を支配する3つの神経が走る

  • 正中神経
  • 尺骨神経
  • 橈骨神経

が肘の骨の周りを走っている

ということです。

肘の骨にはたくさんの筋肉が付着する

もう一つの特徴としては、
筋肉の付着部が多いと言えます。

例えば、肘頭は
肘を伸ばす上腕三頭筋が付着しています。

そういった付着部がたくさんあるため
剥離骨折の好発部位でもあります。

肘の剥離骨折については
こちらの記事をごらんください。

肘の剥離骨折とは?これを読めばまるごと理解 専門医解説

2016.10.24

肘関節は安定した関節

肘関節はもともと
曲げて、伸ばして

という動きしかないと言ってもいいくらいに
動きのバリエーション、方向は少ないです。

そのため、
多方向に動く肩などと比べると、
非常に脱臼しにくい安定した関節と言えます。

肘の骨折の主な3つの種類

肘の骨折としては、
3つの骨、それぞれで起こりえます。

上腕骨遠位端骨折

まず上腕骨ですが、
肘側を遠位端とひとくくりで言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折ということになります。

ただ、実際は
上腕骨の肘部分は

内側上顆、外側上顆、
小頭、滑車
と呼ばれるパートにわかれています。

橈骨頭骨折

橈骨の場合は
橈骨頭骨折か、
その少し根本よりである
橈骨頚部骨折

ということになります。

肘頭骨折

尺骨については肘頭骨折が
典型的な骨折として
頻度が高いですが、

他にも肘の前方側の突起である
鉤状突起骨折などもあります。

肘頭骨折についてはこちらをご参照ください。

肘頭骨折の基本からリハビリまで専門医解説

2016.11.04

肘の骨折で手術が必要なケース

さて、いよいよ手術のお話ですが、

復習でも述べたように、
肘の骨折と言っても
3つの骨があり、さらにそれぞれ
折れてしまうパートがありますから、

ひとくくりにするのは無理があるかもしれません。

ただ、それでも、
肘という関節の性質上、
共通するポイントはありますので、

大枠で捉えていただけるようにお話いたします。

 

まずは手術の適応、
つまり、手術が必要かどうか
ということですが、

手術をすることで、
骨折のズレを出来るだけ元に戻せて、
かつ、固定することで、
早めに動かすこともできます。

そういったメリットと、
手術のリスクを天秤にかけて、
個人個人の状況に応じて決定していくわけです。

 

その中でも、
「こういった骨折は手術を積極的にする」
という2つのポイントがあります。

この2つは肘に限らず、
ほとんどの骨折の共通する話です。

関節に及ぶ骨折は2mmのズレが境界線

肘の骨折では、

  • 上腕骨小頭骨折
  • 上腕骨滑車骨折
  • 橈骨頭骨折
  • 尺骨鉤状突起骨折
  • 肘頭骨折

など、

関節に及ぶ骨折がたくさんあります。

この関節に及ぶ骨折、
つまり、関節の軟骨まで折れているケースでは、

スムーズな軟骨に段差ができてしまい、
骨がくっついた後の動きの悪さ
また、長期的な軟骨のすり減りに繋がらないように、
できるだけズレをゼロに近づけたい

ということが言えます。

その境界線が2mmのズレと言われています。
なかなかシビアですね。

関節の外の骨折は安定か不安定か総合的に判断

関節の外では2mmなんてシビアなことは言わず、

もうちょっと総合的に、

明らかにこれはズレちゃってるよね・・・
このままくっついても変形が残るな。
というケースや、

ズレはそこまで大きくなくても、

この骨折はギプスやシーネで固定していれば、
ズレてはこないのではないか = 安定

もしくは、

固定してもすぐズレちゃいそう = 不安定

ということを判断して、
不安定と判断すれば手術を提案する。

こういった視点で、
手術適応については考えています。

肘の骨折の手術法(子供)

肘の骨折の手術法の解説といきましょう。

まず子どもの骨折です。

子どもの場合の特徴としては、

  • 骨がくっつきやすいこと
  • 関節がカタくなりにくいこと
  • 将来的な変形が重大な後遺症に繋がりかねないこと

この3つが主です。

この3つの要素から、

手術のポイントは以下の2つです。

変形をできる限り元に戻して固定する

詳しくはこちらの後遺症の記事をご覧いただきたいのですが、

肘の骨折は後遺症が残りやすい!子供と大人で全く違う注意点を専門医解説

2016.11.04

肘の変形が将来的な成長に影響し、
さらに肘周りの神経障害の原因になる
ということが起こりえます。

それを防ぐためにも、
関節外の骨折でも、できるだけズレを戻して、
固定します。

スポンサード リンク

針金(キルシュナー鋼線など)で強くない固定手術でいい

もう一つは、
手術後に早期から肘を動かす
可動域訓練をしなくても、

肘がカタくなりにくいことや、

骨が早めにくっついてくれることから、

手術後もしっかりとシーネやギプスなどの外固定しつつ、
骨がくっついたら、固定を外す

というやりかたが基本です。

そのため、手術で大きな傷を開いて、
大きなプレートなどのインプラントを挿入して
バッチリと強固に固定する必要はなく、

数本のキルシュナー鋼線などの針金で
固定するという方法がメインになります。

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第1版 全日本病院出版会

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第1版 全日本病院出版会

肘の骨折の手術法(大人)

そういった子どもに対する手術のポイントと
対比しながら考えていただくと、
大人の肘の骨折の手術法もわかりやすいです。

まず大人の肘の骨折の特徴として、

  • 骨がくっつきにくいこと
  • 関節がカタくなりやすいこと

つまり、子どもの逆ですが、
大切なポイントです。

 

このポイントを踏まえて、

手術のポイントは1つ。

強固な固定をして、
早めに可動域訓練をする

ということになります。

そのため、子どものように
針金だけで固定するという方法よりは、

多少太めのネジ(スクリュー)や、
プレートといった、
しっかりとした金属を使って、

多少傷が大きくなっても
しっかりと骨折を固定する

という方法が主流となっています。

引用画像:AO法骨折治療 第2版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第2版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第2版 医学書院

引用画像:AO法骨折治療 第2版 医学書院

 

 

ここまで、肘の骨折の手術法のポイントとして、
子どもと大人の対比で、
ご説明いたしました。

大枠の説明に終始していますが、
非常に重要なことですので、
まずここをご理解いただければと思います。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。