肘の骨折は後遺症が残りやすい!子供と大人で全く違う注意点を専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肘の骨折の後遺症のお話です。
肘の骨折は特に後遺症については
注意したい骨折です。

それは肘の骨やその周囲の特徴から

後遺症が起こりやすかったり、
治療が難渋しやすいわけですが、

そういった基本的なことも大事ですので、
まずおさらいから入ります。

 

次に、注意すべき後遺症について
それぞれ解説していきますが、

子どもと大人では大きく性質が異なりますので、
注意すべき後遺症も異なります。
記事をお読みいただくと、
それがご理解いただけるかと思います。

 

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肘の骨折の基本をおさらい

まず肘の骨やその周囲の特徴として、
いくつかポイントがあります。

肘の骨は3つ!

まず基本中の基本ですが、
肘の骨は3つです。

上腕骨という
肘から肩にかけての骨と

前腕の骨、つまり肘から手首までの
橈骨
尺骨です。

この上腕骨と、橈骨、尺骨からなる肘関節は、
かなり複雑な形をしています。

それは骨折の治療の難しさに
繋がっています。

肘の骨の近くには大切な3つの神経が走る

1つ大切なポイントは
手指の大切な神経である

  • 正中神経
  • 尺骨神経
  • 橈骨神経

が肘の骨の周りを走っている

ということです。

肘の骨には多くの筋肉が付着する

もう一つの特徴としては、
筋肉の付着部が多いと言えます。

例えば、肘頭は
肘を伸ばす上腕三頭筋が付着しています。

また、上腕骨内側上顆は
手首を曲げたり、指を曲げたりする筋肉、

上腕骨外側上顆は
手首を伸ばしたり、指を伸ばしたりする筋肉が、
付着しています。

そのため、
剥離骨折の好発部位でもあります。

肘の剥離骨折については
こちらの記事をごらんください。

肘の剥離骨折とは?これを読めばまるごと理解 専門医解説

2016.10.24

肘関節は安定した関節

肘関節はもともと
動く方向としては、
曲げて、伸ばして

という動きしかないと言ってもいいくらいです。

そのため、
多方向に動く肩関節などと比べると、
非常に脱臼しにくい安定した関節と言えます。

肘の骨折の主な3つの種類

肘の骨折としては、
3つの骨、それぞれで起こりえます。

上腕骨遠位端骨折

まず上腕骨ですが、
肘の方を遠位端とひとくくりで言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折ということになります。

ただ、実際は
上腕骨の肘部分は

内側上顆、外側上顆、
小頭、滑車
などと呼ばれるパートにわかれていて、

それぞれの部位の骨折が起こりえますし、
部位によって細かく治療法が変わります。

 

ここでは大まかな内容を
つかんでいただければと思いますので、

 

上腕骨の遠位、つまり肘の方は、
かなり複雑な構造をしている

それをひとくくりに言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折という

ということだけご理解いただければと思います。

橈骨頭骨折

橈骨の場合は
橈骨頭骨折か、
その少し根本よりである
橈骨頚部骨折

のどちらかになります。

肘頭骨折

尺骨については肘頭骨折が
典型的な骨折として
高い頻度ですが、

他にも肘の前方側の突起である
鉤状突起骨折などもあります。

肘頭骨折についてはこちらをご参照ください。

肘頭骨折の基本からリハビリまで専門医解説

2016.11.04

肘の骨折の後遺症(子供)

さて、それでは注意すべき
後遺症のお話ですが、

まずは子どもからです。

子どもの肘の骨折の後遺症を語る上では、

子どもが成長中である
ということが大きな要素となっています。

肘の変形(内反肘 外反肘)

子どもの成長において、
肘は複雑な発達を遂げます。

肘には3つの骨があり、
さらに様々なパートにわかれますが、

それぞれのパートで、
決められたスケジュールで
成長が進んでいき、

ある程度まっすぐな肘ができあがります。

 

しかし、骨折において、
その決められたスケジュールが狂います。

特に骨折のズレが大きいときが顕著です。

通常の子どもの骨折であれば、
少しずつ元の形に戻る
自家矯正力が働きますが、

肘の複雑な成長過程では、
そうはいかず、

成長のアンバランスによって
むしろ、変形が強くなってしまう

ということが起こりえます。

そして、
肘におけるO脚(がに股)のような変形である内反肘
その逆の
X脚(内股)のような変形である外反肘

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第1版 全日本病院出版会

外反肘 引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第1版 全日本病院出版会

そういった変形が起こりえます。

痺れる、手の指が麻痺する (神経障害)

さきほどの内反肘、外反肘という変形にともなって、
その周りを走る神経の走行も変わります。

主に
内反肘では正中神経という神経
外反肘では尺骨神経という神経の走行
影響を受けて、

それぞれの神経障害が出現します。

それは主に神経支配領域のしびれ

正中神経であれば手のひら側のしびれ、
尺骨神経であれば小指側のしびれ、

さらに、指を動かす運動神経の障害もでれば、
指の動きにも影響が起きて、
最悪、麻痺や手指の拘縮が起こってしまいます。

子どもの肘の骨折では、
この骨折のズレ→変形→神経障害
という流れの後遺症を防ぐ
というのが大切なポイントなります。

肘の骨折の後遺症(大人)

子どもに対して、
大人の後遺症はまったく違います。

大人でも
成長とは関係なく、
変形して骨がくっついたり、
その結果、神経障害が出現する。

もしくは、骨折時の神経損傷、
手術時、手術後の神経障害もあり得ますが、

子どものように、
将来的に変形が進み、
神経障害がのちのち起こってくる
というようなケースは稀です。

しかし、大人の場合は、
別の注意点があります。

肘がカタくなる(肘関節拘縮)

まず大人の肘は
非常にカタくなりやすいです。

1ヶ月くらいシーネなどで固定していれば、
おどろくほど動かない肘に気付くかもしれません。

特に骨折などの外傷後は顕著です。

そういった意味では
手術でできるだけ早めに
可動域訓練を行える状態にして、

しっかりリハビリをする。

これが大切になります。

リハビリについてはこちらもご参照ください。

肘頭骨折の基本からリハビリまで専門医解説

2016.11.04

軟骨がすり減る(変形性関節症)

もう一つは、

関節面に及ぶ骨折の場合は、
ズレがある状態で骨がくっついたときに、

将来的にそこを起点に
どんどん軟骨がすり減ってしまう

という状態が起こりえます。

これを変形性関節症と言います。

すり減った軟骨は
現代の医療ではまだ再生できませんので、
唯一の根本的治療手段として、

人工関節に換えてしまう

という手術があります。

これを根本的と言っていいかはわかりませんが、

すり減りが強く痛みや可動域制限が強い肘関節の
最初で最後の手段であることが多いです。

 

 

 

ここまで、肘の骨折において、
子どもと大人で異なる注意すべき後遺症について解説いたしました。

子どもでは

  • 成長に伴う変形進行
  • 変形による神経障害

大人では

  • 肘がカタくなること
  • 変形性関節症

という後遺症に注意が必要というお話でした。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。