疲労骨折は症状で判断できる?痛みは強いの?判別ポイント解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は疲労骨折を見逃さないための注意点として、

症状で判断できるのか?
疲労骨折は普通の骨折とは違うのか?
痛みの強さは?

などといったことについて
解説したいと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

疲労骨折とは?

まずは疲労骨折の
基礎的な知識を整理していきましょう。

それでは一般的な骨折と疲労骨折の違いは?
という観点から解説していきます。

骨も使いすぎれば疲労します。
その結果、折れてしまうということが疲労骨折ですね。

それに対し、
一般的な骨折は外傷性骨折と呼んでもいいかもしれません。

つまり、1回の大きな外力が骨に加わって、
折れてしまうということです。

 

転倒してしまったとか、
強く手をついてしまったとか、
転落してしまったとか。

そういう外傷のエピソードがなく

ただ走っているだけとか、歩いているだけとか、
通常の運動動作をしただけ(投げただけ)とか、
そういう時に折れてしまうのが疲労骨折です。

つまり、疲労骨折の定義としては、
健康な骨に弱い力がかかる場合でも、
同じ場所に繰り返し長期間かかり続けると
骨が折れてしまうということですね。

疲労骨折と外傷性骨折の症状・痛み・特徴で違いはあるか?

さて、その疲労骨折と外傷性骨折において、
症状、痛みなどの特徴で違いがあるのか?
ということを解説していきます。

疲労骨折の症状・痛みは弱いことが多い

疲労骨折の場合は、
一回の外力でボキッッッ!と折れてしまう訳ではないので、
痛み自体は弱いことが多いです。

「イテッ!・・・あれ?なんだろう」

という程度のことも多々あります。

また、そのほかでも外傷性骨折では
折れた場所やその周りの組織が傷んで、
出血したり、炎症を起こすため、
皮下出血(内出血)や腫れが大きいわけですが、

疲労骨折の場合はそういった症状も
弱く、ほとんどないこともあります。

疲労骨折はほとんどズレない

疲労骨折はほとんどズレないというのも大きな特徴です。
大きな外力が加わっていないので、
折れたとしても、
「ヒビ」程度で収まっていることがほとんどです。

そのため、周りの骨膜や筋肉の損傷はほとんどなく、
骨折自体は安定しています。

疲労骨折は見つけにくい

以上のような特徴から、
疲労骨折は外傷性骨折に比べ、重症ではありませんが、
見つけにくいということが言えます。

選手本人も、痛みや腫れが小さいので、
異常を感じても、すぐに病院に行こうとは思わない。

とりあえずマッサージを受けたり、
とりあえず接骨院に行ったりします。

しっかりした接骨院の柔道整復師であれば、
疲労骨折も念頭にまず病院に行くように指示します。

しかし、そうでない場合は、
結果的に診断が非常に遅れてしまい、
一向によくならないということになります。

そして、もともとズレていなかった骨折が、
徐々にズレてしまって、手術が必要になってしまう。
なんて、笑えない事態になってしまうこともあります。

まず疲労骨折を疑うために「圧痛」を調べよう

まず疲労骨折を疑えるかどうか?

まず選手本人や指導者、トレーナーなど周りの人間が、
疲労骨折を疑えるかどうか?

ということが1stステップになります。

 

疑うことができれば、
痛みが軽度でも病院に行くはずです。

 

そのためにはこちらでお伝えしている知識が
まず最低限必要になります。
それに加えて、

普通の筋肉や関節の痛みと疲労骨折の違い
というのをある程度理解することが必要です。

その1つの方法として、
「圧痛」という
押して痛みが出るかどうかについて
丁寧に調べることをお勧めします。

僕ら整形外科医もこの「圧痛」というのを
非常に重視しています。

要は「どこを押して痛いか?」

ということです。

 

当然のことながら、疲労骨折というのは、
その折れている骨を押すと痛いんですね。

ですので、骨を押すと痛いというのがスタートです。

どこに骨があるかというのは、
触ればカタい組織ですからわかりますが、
なにより解剖の本を片手に勉強しましょう。

 

しかし、以前解説しましたが、
皮膚から骨までの間にはたくさんの組織があります。

真皮から皮下組織、血管、神経、筋膜、筋肉、骨膜。

そのどれが傷んでいても、
押せば痛いわけですよね。

とすれば、どこで見分けるのか?

そのヒントは、
表からも裏からも押して痛いか?

ということになります。

 

骨が痛いのであれば、
その骨を表から押しても裏から押しても痛いはずです。

でも、表側の筋肉が傷んでいるのであれば、
裏から押しても痛くないはずです。

例えば、足の中足骨という骨があります。
この骨の疲労骨折を疑う場合、
足の裏から押して痛いことがわかっても、
足底腱膜などの炎症もあり得るわけです。

しかし、足の甲から押しても痛ければ、
それは骨を疑うべきです。

 

「圧痛」以外に疲労骨折を疑うために調べたいこと

【叩打痛】その骨を叩いてみる

「叩打痛」と呼んでいますが、
骨折があれば、その骨を叩けば痛いです。
当然ですね。

その骨折部を直接叩かなくても、
振動が伝わって、痛みが走ります。

【fulcrum test】骨にダイレクトにストレスを加える

骨にダイレクトにストレスを加えて、
痛みが出るかどうかを判断します。
例えば、大腿骨、すなわち太ももの骨の
疲労骨折の場合は

fulcrum testという名前がついており、
(※.Johnson AW, et al Am J Sports Med 1994)

図のように太ももの下に前腕をおいて、
膝を上から押すようにすると痛みが走ります。

引用画像:整形外科臨床パサージュ 下肢のスポーツ外傷と障害 初版 中山書店

引用画像:整形外科臨床パサージュ 下肢のスポーツ外傷と障害 初版 中山書店

これはイメージしていただくとわかりますが、
大腿骨が曲がりそうなストレスを加えていることになります。

当然、疲労骨折やその前段階でもなんでもない、
健常な骨であれば、
この程度のストレスではびくともせず、
痛みも出ないはずです。

このようなストレスで痛みが出る場合は、
骨が危ないと判断できます。

 

 

 

ぜひ、今回解説したことを踏まえて、
疲労骨折の早期発見、
そして、日々のコンディショニングから
予防についても諦めず取り組んでもらえたらと思います。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。