疲労骨折を見逃さないために シンスプリントと見分けるには?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回はランナーに多いシンスプリントというすねの痛みと、
その背後に隠れていて見逃し厳禁な疲労骨折についてです。

この2つは実際、
見分けがつかないことがあります。

シンスプリントと思っていたら、
疲労骨折だったなんてことは実際よくある話です。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう。

シンスプリントとは?

まず簡単にシンスプリントについて
解説いたします。

シンスプリントとは、
ランナーに多い
スネの下の方の内側から後ろ側の痛み
(正確には脛骨中下1/3後内側の疼痛
を主症状とします。

引用画像:イラスト図解整形外科基本手技 第1版 文光堂

引用画像:イラスト図解整形外科基本手技 第1版 文光堂

実際に何が原因で痛みが出ているのか、
それは完全には解明されておりませんが、

ポイントとしては

  • 骨に異常がない事
  • 主な原因はオーバーユース(使いすぎ)
  • ヒラメ筋(ふくらはぎ)の頑張りすぎが関連しているかもしれない
  • 実際に体内で起こっている事はスネの骨「周り」の炎症(筋肉の付着部、もしくは骨膜の炎症)

ということです。

疲労骨折とは?

それに対して、疲労骨折ですが、
これはその名の通り、オーバーユース(使い過ぎ)で、
骨が折れちゃう事です。

これを見逃して放置していると
なかなか治らないということになります。

「さすがに折れればわかるだろう!」

と思うかもしれません.

しかし、そうでもないんですね。

普通の骨折のように、
突然ポキッとなって、
今まで痛くなかったのが、急に痛くなって、
腫れて、変形して・・・

なんていうわかりやすさは
疲労骨折にはありません。

シンスプリントだろうと勝手に思い込んで、
練習を続けてしまった結果、
骨折が重症化してしまう例もあります。

スポンサード リンク

シンスプリントと疲労骨折を完全に見分けるのは難しい

シンスプリントは骨に異常がないと言っても、
結局スネの骨が痛いわけです。

骨を押すと痛みがでます。
これは疲労骨折でも同様です。

そして、疲労骨折でも
時に走れちゃう事もあるんですね。
特に初期であれば。

「じゃあ、見分けるなんて無理じゃないか!?」

となりますが、

そうなんです。
だから、受診して、診察をうけることが大切なんですね。

 

そうはいっても、
少しでも疲労骨折を疑うためのポイントがないのか?
ということについて、解説したのがこちらの記事です。

疲労骨折は症状で判断できる?痛みは強いの?判別ポイント解説

2016.11.04

 

病院では疲労骨折とシンスプリントをどう見分けるか?

まずは明らかな疲労骨折がないか、
レントゲンで確認します.

そうすると、
比較的わかりやすい骨折が
見られる事もありますが、

骨折線が見えない事も
多々あります。

画像診断 vol.28 No.8 2008 秀潤社

画像診断 vol.28 No.8 2008 秀潤社

このレントゲンはスネではなく、
太もものレントゲンですが、
このように少し骨周りが太くなっているかな
骨膜反応と言ったりします)
という程度です。

これは実際には疲労骨折だった例です。

 

つまり、レントゲンで
折れているか分からない骨折もあるんですね。

疲労骨折の早期診断にはMRIを

それで先ほどのレントゲンの部位をMRIでみると、
矢印のところです。骨の色が変わってますよね。
これは疲労骨折を表しています.

画像診断 vol.28 No.8 2008 秀潤社

画像診断 vol.28 No.8 2008 秀潤社

MRIでは疲労骨折までは至らないまでも、
骨の中の炎症だったり、むくみを表す
骨挫傷(こつざしょう)
というものが見つかる事もあります.

疲労骨折はもちろん、その前段階の可能性がある、
骨挫傷まで見つけられるのがMRIです。

 

早く運動に復帰したいとか、
確実に診断をつけたいという場合には、
MRI検査を医師に希望してみてください。

 

医師がMRIを撮ってくれないのはなぜ?

 

「MRIを撮ってください!!」

時々、こんな感じで、
強く希望される患者さんがいらっしゃいます。

 

説教臭くなりますが、

MRIの必要性は医師が判断します。
もちろん、その上で、最終的には、
患者さんが決めるわけですが、

 

必要性がない、もしくは非常に低いケースで、

ただ、患者さんの希望だからといって、
高額かつ、貴重な予約枠がある
MRIをオーダーすることは

あまりいいことではないと思います。

 

 

それは、

もっと必要性が高い人まで
待たせてしまうこと。

また、高額というのは患者さんの負担もですが、
それ以上に国民全体で負担している医療保険分も
高額になっているということ。

 

この2つの理由で、

我々専門家の視点から、
本当に必要な人に必要な検査を提案しなくてはいけません。

 

医師にMRIの必要性を伝える

そういった意味では、
疲労骨折の早期診断でMRIが有用

と言ったところで、

 

担当する医師に
必要ないと判断されればそれまで

ということになってしまいます。

 

僕のように
スポーツ選手を専門で
診察しているような医師なら

その選手のパフォーマンス、
目標を聞き出しながら、
スポーツ選手視点で、
MRIの必要性を判断しますが、

 

多くの整形外科医は、

「疲労骨折も完全には否定できないけど
レントゲンは大丈夫そうだから、
とりあえず休んで様子見よう」

となります。

 

通常は、判断は間違っていません。

 

 

しかし、

もし、あなたが、

近いうちに大事な大会がある

とか、

今、練習の強度を極端に落とすことは
ピリオダイゼーション(大きな練習計画)において、
大きなマイナスになってしまう。

 

そんなときは、

 

「とりあえず休んで」

という時間的な猶予がないことを
伝えましょう。

きっと熱意を持って伝えれば、
伝わります。

 

「MRIを撮ってください」で大抵は撮ってくれるが・・・

そんな理由を
いちいち、説明しなくても、

シンプルに「MRIを撮ってください」

と言うだけで、

撮ってくれる医師は多いと思います。

 

ただ、その場合、
「希望に添わないと、クレームが来るのでは?」

なんていう、心配から、
必要性は高くないと思いながらも

しぶしぶオーダーしているケースがあります。

 

これはもっと言うと、
その担当医師の中に

「面倒だから、言うとおりにしておくか」

 

なんていう残念な気持ちが
隠れているかもしれません。

 

 

そのため、

僕としては、
やはり、しっかりと
自分の状況を伝えて、

一緒に相談していく。

 

そんな関係を担当医師と築いていただければと思いますし、

それが難しそうな医師であれば、
紹介状とここまでの検査一式をもらって(ここ重要です)、

別のクリニックや病院を受診しましょう。

 

 

結論としては、非常にシンプルです.

骨がやられてなくて
典型的な症状であればシンスプリント

シンスプリントっぽくても
レントゲンやMRIで骨がやられてれば疲労骨折や骨挫傷
ということです。

 

 

お読みいただきありがとうございました!

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。