骨折のリハビリ期間の目安について専門医がわかりやすく解説!

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は骨折をしてしまったときに
必須になるリハビリテーションの期間について、
どのくらいの期間のリハビリが必要になって、
どういう注意点があるのか?

ということについて解説いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

骨折のリハビリ期間の目安

どのくらいリハビリ期間がかかるのか?
というのが多くの人がまず最初に抱く疑問です。

もちろん、骨折の部位や程度、
手術をしたのか、しなかったのか、

これらによって、大きく変わります。

ただ、ある程度の目安はあります。

今回は手術しなかった場合と、
手術をした場合でわけて考えてみましょう。

手術をしなかった場合のリハビリ期間

骨折部の固定期間

まず、骨折したら、
当然ですが、骨をくっつけないといけません。

そして、これも当然ですが、
骨をくっつけるためには、
くっつくべき骨折部位が

いい位置(整復位)で動かないこと

が必要です。

骨折部が大きくずれたり、離れていたり、
グラグラしていたりすれば、
骨はくっつきません。

ですから、
ギプスや副え木(そえぎ)のようなもので、
しっかり固定してあげる必要があるわけです。

 

そして、骨がある程度くっついて、
固定を外しても動かない状況になるまで、
固定は続ける必要があります。

この期間を固定期間と呼びましょう。

そのある程度くっつくまでの期間(固定期間)は、
おおよそ 1-2ヶ月だと考えてください。

お子さんであれば、早くくっつきますし、
ご高齢の方であれば時間がかかります。

可動域訓練期間

その後、固定を外し、
硬くなった関節を動かしていくというのが
最初の本格的リハビリです。

これを可動域(かどういき)訓練期間といいます。

これも大きく幅がありますが、
順調であれば、1-2ヶ月くらいの期間になります。

ここでも
レントゲンで骨のくっつき具合や
ズレが進行しないことを確認しながら、

少しずつでも可動域が回復するように
関節を動かしていきます。

部位によっては、通院リハビリを行うこともありますし、
自分でセルフリハビリとしてやっていただくこともあります。

スポンサード リンク

負荷訓練期間

そして、最後に、
脚であれば体重をかける、
手・腕であれば重いものを持ったりする負担、

これらの負荷に耐えられる状況に上げていく。

これはシンプルに負荷訓練期間と呼びましょう。

これがさらに1-2ヶ月かかると考えてください。

 

そう考えると、全体で
だいたい3-6ヶ月かかると考えるのが
一般的な目安になりますし、

骨がかなりの負荷に耐えられるくらい、
しっかりとくっつくまでは、
3ヶ月はかかると考えていいと思います。

この目安を元に
手術をした場合のリハビリ期間について、
お伝えします。

手術した場合のリハビリ期間

手術の場合は、主治医は
できる限り早めに可動域訓練期間に移れるように
手術をします。

部位によってはそうもいかないことがあったり、
お子さんの場合は、
関節がカタくなりにくいので
早期から可動域訓練をする必要がない

などの理由で、固定を長めにすることもあります。

 

ただ、一般的には手術をしなかった場合に、
1-2ヶ月必要だった固定期間が、

2週間から1ヶ月程度に短縮できることが多いです。

また、固定期間が短いことで、
関節が硬くもなりにくく、
筋力も落ちにくいので
次の、可動域訓練期間・負荷訓練期間も短縮できます。

ですから、半分までにはなりませんが、
もともと3-6ヶ月かかっていた全リハビリ期間が、
2-4ヶ月くらいに短縮できる可能性がある。

そんなイメージです。

 

ただし、ここまで述べたことは、
あくまでも目安であり、

  • 年齢
  • 骨折部位
  • 骨折の重症度
  • 手術法

などによって、大幅に変わり、
基本的には主治医の意見を重視するべきなのは、
言うまでもありません。

 

ここまで、一般的な目安を示すにとどまりますが、
非常に基本的な考え方をお伝えいたしました。

それぞれのリハビリ期間に
どういった過ごし方をするのがいいのか?

そのポイントをお話ししたのがこちらの記事です。

骨折のリハビリ期間の過ごし方のコツを専門医解説!

2016.11.04

ご参考になれば幸いです。

 

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。