眼窩底吹き抜け骨折とは?その症状から注意すべきポイントを解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今日は眼窩底吹き抜け骨折という

顔面の骨の、
眼球を入れている部分の骨折ですが、

この骨折の症状、特有の注意点について、
できるだけわかりやすく解説したいと思います。

こんにちは、歌島です。
本日も記事をごらんいただきありがとうございます。

眼窩吹き抜け骨折とは

眼窩吹き抜け骨折 もしくは
眼窩底吹き抜け骨折
英語では、
blow-out fracture of orbit
と言います。

聞き慣れない骨折名かもしれません。

医師や医学生であれば、
教科書には良く出てくる、
大事な有名な骨折です。

まず、それがどういう骨折なのか?
ということをご説明いたします。

まずそのためには眼窩底という部位
について知る必要があります。

眼窩底とは眼球が入る器の一部

眼窩底の眼窩ですが、
これは眼そのものである眼球が
入る器だと思ってください。

眼球は顔の中に入ってますよね。

また、ガイコツを
思い起こしていただくと
眼窩というものがすんなりイメージできるかと思います。

ガイコツは当然、眼球がないですよね。
骨だけですからね。

でも、あー、ここが眼だな
ってわかりますよね。

それは、眼球の入る器が、
それとしてしっかり凹んでいるからですね。

つまり、この眼球を覆う骨を中心とした器が
眼窩という部位になります。

その中でも、
つまり、下に位置する壁を

眼窩底といいます。

ということは眼窩底骨折は?

ということは、眼窩底の骨折ですから、
眼球を入れる器の下側が折れてしまう。

ということになりますね。
もともとの閉鎖空間である眼球が入る眼窩

スポンサード リンク

これが吹き抜けの部屋のように、
底が抜けてしまうから
吹き抜け骨折という名前がついたんですね。

眼窩吹き抜け骨折の基本症状は?

眼窩底が折れてしまうと、
どういう症状が出るのでしょうか?

眼窩底骨折、つまり骨折なので・・・

まず当然、骨が折れた痛みですね。

そして、骨が折れると、そこや周囲から
出血して、あざ(皮下出血)になります。
そして、腫れますね。

パンダのようになってしまうことも
稀ではありません。

眼窩底吹き抜け骨折の注意すべき症状:複視、眼球損傷

また、眼窩底吹き抜け骨折の
特有で有名な症状として、
複視(ふくし)というものがあります。

これはモノが二重に見えてしまうことですが、
特に上を見たときに起こりやすいです。

そのメカニズムは、
骨折部に眼球を動かす下側の筋肉が挟み込まれ
上を見ようとしても、
その筋肉が引っ張って、うまく見れない。

そのせいで、上を見ようとしたときに、
モノが二重に見えてしまうんですね。

 

 

また、もっと損傷の程度が強ければ、
眼球が損傷してしまったり、

眼球が落ち込んで、
はまってしまう(嵌頓=かんとん)
なんていうことすらあり得ます。

眼窩吹き抜け骨折の治療は?

治療については
骨折の基本原則を踏襲して、

骨折がほとんどずれがなければ、
手術しないで治療することもありますが、

複視があったり、
骨折による変形があれば、
手術が一般に選択されます。

やりかたは様々で、

骨折部を金属製のプレートで固定したり、
はまり込んだ筋肉を元に戻したり、

時には、
人工骨や、腰の骨を移植したりと、

状態に適した方法を選択します。

眼窩吹き抜け骨折の後遺症は?

複視や視覚障害が出現したときに、

これは治るんだろうか?

という不安に襲われます。

これはケースバイケースと
言ってしまえばそれまでですが、

適切な治療が受けられれば、
8割方は大きな後遺症は残らずに
治癒するというのが一般的な見方と考えます。

しっかり担当医の話を聞いて、
わからないことは質問するという当然のことが大切です。

個々人の状況、
ケースバイケースというのは
主治医しか把握しきれませんから。

 

ただ、それでも予備知識があった方がいいわけですね。
少しでも参考にしていただけると幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。