足首の骨折をしたら入院が必要?入院期間は?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

足首の骨折をしてしまった場合、
入院を勧められる場合と通院を勧められる場合があります。

どんな時に入院が必要なのか?
入院生活はどんな感じで、
入院期間はどのくらいなのか?

そういった疑問に
整形外科医からの視点で、
できるだけわかりやすくお答えします。

ただ、病院によって
治療方法が異なることもありますので、
一般的なお話だとご理解ください。

足首の骨折で入院が必要なケース

まず足首の骨折で入院が必要なケースを考えてみます。

一番多いのは、
手術を目的に入院をするケースです。

その場合は多くの病院では
手術の前の日に入院になります。

もう1つは、足首の骨折部の
徹底した安静や挙上(高く上げること)、

時には、引といって、
踵(かかと)の骨に針金を刺して、
その針金越しに踵を引っ張ることで、

大きな骨折部位のズレや、変形を
少しでもいい位置に保つことをやります。

骨折の程度が重く、
こういった徹底した処置が必要と判断した場合は、
骨折を診断したその日に緊急入院となります。

足首の骨折で通院のみで可能なケース

足首の骨折でも、
入院せずに治せることもあります。

それは手術をしなくていいケースになります。

その場合は、シーネ(副え木)やギプスで
骨折部位がズレないように固定して、
松葉杖で体重をかけないように自宅生活をしてもらう

ということになります。

その際は、固定が緩んでないか
逆に腫れてきてきつすぎて
痛みが強くなってないか足のゆびは動くか

などを注意しつつ、

腫れが強くならないように
骨折後数日は
徹底的に足を高く上げておく必要があります。

足首の骨折による入院生活について

これまで足首の骨折によって、
入院が必要なケースとそうでないケースについて、

その多くは手術が必要かどうかで決まる
ということを説明いたしました。

ここからは入院中の生活について、
手術前と手術後にわけて解説します。

足首の骨折手術前の入院生活と期間

手術当日の手術後から

骨折の手術前の入院ですが、
緊急入院をしなかった場合は

手術前日の入院になることが多いので、
医師や看護師から説明があるくらいで、
特にやることがないことが多いです。

ただ、緊急入院をした場合は、
手術までの期間は様々です。

骨折してから手術までの期間は、
短ければ短いほどいいのですが、

病院の体制として、
手術できる日とそうでない日があり、
すでに予約の手術で埋まっている場合があるので、

できれば受傷してから1週間以内くらいを目安に
手術を予定することが多いです。

逆に、足がすごく腫れてしまって、
水疱という水ぶくれが多発して、

この状態で手術するのは、
傷がくっつかないリスクが高いと判断した場合、

腫れが落ち着くまで2週間くらい
手術を待つこともあります。

その場合は手術までの期間が
2週間くらいになってしまいますね。

足首の骨折手術後の入院生活と期間

手術当日の入院生活

手術後の入院生活ですが、
まず手術当日はほぼベッド上で安静です。

麻酔の方法によって変わりますが、
下半身の神経を麻痺させる麻酔の場合は、
動かないことや感覚がないこともあります。

ただ、麻酔が切れたときには、
痛み止めを使っても、
かなり手術当日や翌日くらいは痛みが強いです。

足首の骨折の手術は
特に痛みが強い印象があります。

手術後はまた、腫れが強まりますので、
足をしっかり上げるということをやります。

手術翌日以降

手術の翌日以降、
徐々にベッドから離れていきます。

体重をかけずに
片足で松葉杖歩行が安定してできる場合は、
翌日から松葉杖で動けます。

ただ、不安がある場合は、
リハビリで練習しながら、
基本は車椅子での移動になります。

手術した傷の処置もあります。

これは病院によって方針が結構かわります。

昔は毎日のように消毒することが多かったわけですが、
今はその必要はないというデータが出ており、

週に2−3回程度、
傷を観察するというところが多いかと思います。

その際に透明なテープを貼って、
それを剥がさずに観察することもあれば、

毎回剥がして、かるく消毒するところもあります。

どれも僕の実感としては
大差ないかなと思います。

一番大切なのは、
そのように定期的に観察することです。

もし、傷に赤みがあったり、
滲出液という炎症の結果、出てくる液体が
多くなっていたりすれば、

細菌感染も疑って、抗生物質を早めに開始します。

退院までの期間

それでは退院までの期間というのはどうなのでしょうか?

僕がいつも患者さんに言っているのは、

「しっかりと自宅で安静を保てて、
足をしっかり挙上できて、
松葉杖による片足歩行が安定していれば、

最短、手術の翌々日くらいなら帰れますよ」

と話しています。

ただ、やはり、オススメなのは、
少し傷が問題ないことを確認できますし、
痛みがどうくらいかは個人差がありますので、
手術後1週間から2週間くらいでしょうか。

また、松葉杖の片足歩行ができない人、

例えば、腕も負傷部位がある人や、
高齢の方で力が弱い人の場合は、

手術した足に体重がかけられるまで入院している必要があるので、
一気に入院期間は伸びます。

1ヶ月から2ヶ月くらいは必要だと考えましょう。

いずれにしても、
主治医の先生とよく相談の上、
しっかり治すことを第一に入院生活を送っていただければと思います。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。