投球骨折は手術が必要?リハビリで完治する?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は投球骨折(とうきゅうこっせつ)というあまり知られていない、ビックリな骨折について解説いたします。

要は投球して骨折しちゃうというビックリな状態なわけですが、なんで折れちゃって、どんな治療が必要なのか?というようなことを解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

投球骨折とは?

投球骨折とは投球動作、つまりボールを投げるという動作において骨折してしまう奇怪な骨折です。

上腕骨骨幹部らせん骨折

それはほとんどが上腕骨(じょうわんこつ)という腕の骨の中央部(=骨幹部:こっかんぶ)がらせん状に折れるという折れ方をします。

投球骨折の原因は?

この投球骨折の原因ですが、もちろん、投球動作そのものです。

投球動作において、肩関節を中心に腕の骨(=上腕骨)はかなり高速に力強く回旋します。投球動作とは単に腕を振り下ろすだけではないんですね。

この回旋の力が腕に加わるせいで、折れ方がらせん状という特徴的な折れ方になるわけです。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

なぜかアマチュアの野球選手に多い

投球動作での上腕骨への力、ストレスが原因ならば、年間何千、何万と投げ、それも140km/hを越える速球を投げ続けるプロ野球投手に多いかと思いきや、ほとんどプロではありません。

投げた瞬間に折れてしまったなんて、一大ニュースはなかなか聞いたことないですよね。

むしろ、昔野球をやっていて、久しぶりに頑張って投げてみたら・・・なんてケースが典型的です。

骨にもストレスがかかれば適応という変化が起こる

筋肉は鍛えれば鍛えるほど強くなりますが、骨や靱帯は鍛えられません。

これはよく使う説明ですが、実際は、骨や靱帯などもストレスを繰り返しかけていくと、筋肉みたいな肥大はしないにしろ、適応と呼ばれる変化が起こります。

要はストレスに強くなるということです。

投球動作を繰り返していれば上腕骨は回旋のストレスに強く適応していきます。それがプロではなかなか骨折しない要因ではないかと思います。

つまり、骨の適応があまり進んでいない状態が1つのリスクだろうと考えます。「久しぶりに投げた・・・」とか、「急にたくさん投げた・・・」とか、そういったケースが危ないと言えるでしょう。

それ以外にも合宿などで異常にたくさん投げた後の試合…などの急な骨の疲労もリスクと言えるでしょう。

投球骨折の治療法

投球骨折の治療法は保存療法と手術療法と意見が分かれています。ただ原則は保存療法です。

投球骨折は保存療法が基本である2つの理由

保存療法、すなわち手術をせずに治すのが原則であるということの理由は主に2つあります。

投球骨折はらせん骨折で骨折部の面積が大きい

らせん状に折れていると言うことは骨折している部分の表面積が大きいと言えます。

横骨折(おうこっせつ)と言って、スパッと真横に切れてしまった場合はその表面積は細い骨の円の面積になりますから、表面積は少ないです。

しかし、らせん骨折はこの円が大きな楕円形になりますので、表面積が大きく、それはすなわち、くっつく可能性がある部分が大きいと言えます。

シンプルに言えば、くっつきやすいということです。

投球骨折は周りの筋肉や筋膜などの損傷が少ない

もう一つのくっつきやすい理由として、投球骨折は大きな外傷ではないので、周りの軟部組織と呼ばれる筋肉や筋膜、脂肪組織などの損傷が少ないということです。

これは骨折の治癒に大切な血流においても有利に働きます。

保存療法はちょっと大変 特殊ギプスや特殊装具

そういった意味で保存療法で治せることがほとんどなのですが、それ自体はちょっと大変です。

主に2つあって、ハンギングキャストと呼ばれる、つり下げ型のギプスです。肘から下をギプスで固定して、このギプスを肩からつり下げることで、骨折部位を重力で牽引し続けることで骨折がだんだんといい状態に戻る、もしくは戻った状態をキープするということを狙ったものです。

そして、もう一つ、特殊な装具としてファンクショナルブレース(functional brace)というものもよく使われます。

 

これらは骨折部をガッツリ固定できるモノではありませんので、慎重にレントゲンを頻繁に撮ったり、日常生活でも制限があります。

投球骨折で手術が必要な場合

それでも投球骨折において手術が必要であったり、検討するケースがあります。

橈骨神経麻痺がある場合

特に注意が必要なのは橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)です。これは上腕骨らせん骨折がちょうど起こりやすいところに骨の近くを走っている神経なので、比較的、一緒に起こりやすいです。

橈骨神経は手首を反らす(背屈)したり、指を伸ばしたりする筋肉を支配するので、それができずいわゆるdrop hand(下垂手)と言われる状態になります。

これが全然動かない完全麻痺の場合は原則、手術で橈骨神経を直接観察しないと、骨折部位で挟まっていたりすることがあります。

投手としてのパフォーマンスを求め、骨折の回旋転位が強い場合

上腕骨らせん骨折は回旋転位(くるっと少し回った状態でずれる)が多いのですが、上腕骨の回旋転位は肩関節の回旋で代償できるから許容される・・・ということは整形外科の教科書でも書いてあることです。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

しかし、それは日常生活レベルでの話で、投球動作においては、その回旋運動が投球パフォーマンスに大きな影響が出るわけですから、転位の大きさによっては手術的により正確に整復することを考える必要があります。

まとめ

今回は投球骨折という、ちょっとビックリな骨折について、まずこんな骨折があるということとその治療法の原則について解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。