足首骨折の全治までの治療期間は?歩ける?専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

足首骨折してしまったときに、
まず気になるのは、
どのくらい治るまでかかるのか?

つまり、治療期間、全治までの期間
ということですよね。

ただ、その治療期間にどんな治療を受けて、
どんなことに注意をしないといけないのか?

ということも同時に気になります。

よくスポーツ選手がケガをしたときに

診断名+全治●ヶ月

という報道がされますよね。

今回は足首を骨折してから、
どのくらいの期間の治療期間をみていく必要があるのか、
骨折が治るメカニズムを解説しながら、
お伝えしていきます。

 

特に今回は手術をしない、ギプスやシーネなどで治療する場合の
治療期間について解説いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。
それではいきましょう。

 

足首の構造をおさらい

足首とはどこの関節か?

まず、ここでお話しする「足首」

厳密には、下腿の骨である脛骨、腓骨に
距骨がはまり込む
距腿関節があり、

さらに、その下の、
距骨と踵骨からなる距踵関節があり、

さらに前方、足先の方向には、
ショパール関節、リスフラン関節

複合的に関節があり、
足首は多方向に複雑に動くことができます。
ですが、ここではシンプル化するために、
距腿関節の骨折、その中でも頻度が多い
下腿の骨である脛骨、腓骨の骨折をターゲットとして
お伝えします。

足首 骨折

画像引用元:整形外科専門医になるための_下肢 羊土社

足首のくるぶしとは?

よく足首のくるぶしとはよく言いますね。

実際、正確にはどこを指すのかと言うと、

足関節の内果と外果を指します。

足関節 骨折

ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

内果脛骨というスネの骨が、
足首のところで内側に出っ張った部位で、

足首の内側の壁を作っています。

これを内くるぶしと言いますよね。

それに対して、外果外くるぶしと言って、
スネの骨でも外側に走る細い 腓骨という骨の
先端です。

足関節 骨折

引用元:ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

足首の外側の壁ですね。

さらに脛骨の後ろの部分も出っ張っているので

後くるぶしとはあまり言いませんが、
後果と呼ばれる部位もあります。 

足首にかぎらず骨折治癒の3ステップをおさらい

骨が折れてしまい、
そして、くっつくまで、

実際に骨ではどんなことが起こっているのでしょうか?

おおまかに3ステップで治癒すると考えられており、

炎症期

まず最初は炎症期と呼ばれるもので、
骨折部位から出血した血液が固まり血腫というものを作ります。

そして頑張って治そうと
その周りにどんどん炎症性の細胞が集まります。
炎症は痛みを出しますので、
骨折後も痛みが続きます。

そして、徐々に炎症性細胞から、
徐々に骨を作る骨芽細胞や軟骨細胞などの
細胞が動員されてきます。

この炎症期は受傷後2-3日をピークとして、
落ち着いていきます。

修復期

炎症期とオーバーラップするように
骨折後数日から始まり、
数週間、時に数ヶ月かけて骨折部を修復していきます。

ここでは骨折部位の間隙を埋めるように
軟骨細胞が増えて、軟骨が作られていきます。
また、骨膜という骨を包む膜に沿って、
硬い骨が骨折部を覆います。

ただ、これらの軟骨や骨膜に沿った骨は
仮骨と呼ばれていて、
本物の強い骨ではありません。

リモデリング期

仮骨という骨が吸収されて、
本物の強い骨に徐々に置き換わる。
これをリモデリングといいます。

これも修復期とオーバーラップして始まり、
骨折後数ヶ月間続きます。

以上のような3ステップで治癒していくわけですが、

骨折部位や程度によっても、
個人によっても、
差が大きいので、

数週間とか数ヶ月とか・・・

アバウトすぎる期間が示されています。
これはほとんどの教科書でそうです。

足首の骨折の治療期間は?全治? 経験的には

ですが、われわれ整形外科医は、
骨折の治療をたくさんしてきていますので、

なんとなくでも治療期間を把握しています。

足首の果部骨折の場合

例えば、
足首の果部骨折といって、
くるぶしの骨折の場合、

修復期を経て、仮骨がしっかりできるのが、
だいたい4-6週間くらいの人が多いので、

その期間まではギプスやシーネなどで
足首を動けないように固定します。

また、この間は基本は体重をかけて歩くのは
骨折のズレの原因になりやすいので、

松葉杖を使って免荷歩行を行います。

 

そこからは、リモデリング期と言っても、
すごくゆっくり進んでいきますので、

例えば、スポーツなど強い負担がかかるものに
復帰するのには、
だいたい骨折後3ヶ月くらいを目標に、

6週間くらいから足首の可動域訓練や
徐々に体重をかける練習をしていきます。

 

可動域訓練として、
特に重要なのは背屈と底屈のストレッチです。

これが下腿と歩くのにも、走るのにも
パフォーマンスが落ちますので重点的に行います。

足首 骨折

画像引用元:ビジュアル実践リハ-整形外科リハビリテーション 羊土社

 

ただ、競技レベルのアスリートの場合は、
復帰を早める意味でも、
手術で固定力を高めようとすることは多いです。

手術やその後のリハビリについては、こちらで解説していますので、

足首の骨折をボルトで治すって?手術をわかりやすく解説

2016.09.21

足首骨折後のリハビリを3ステップで解説

2016.09.20

足首のピロン骨折の場合

もうひとつ足首の代表的な骨折である
ピロン骨折の場合は、

ほとんどが関節の中の骨折で、
くっつきにくいことと、
体重をダイレクトにかける部位であるため、

果部骨折より、
それぞれ+2週間くらいはゆっくりと
慎重に進めます。

ピロン骨折についてはこちらの記事もご参照ください。

ピロン骨折とは?定義と治療のポイントを専門医解説

2017.11.10

 

これらのギプスを外す時期、
体重をかけ始める時期、
かける体重を増やすタイミング
は、レントゲンや症状、診察所見を
総合的に判断して進めていきます。

自己判断で進めて、
結果、骨がずれてしまって手術を要するケースもありますので、
しっかりと主治医と相談しながら、
指示を守って進めていただければと思います。

 

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。