足首の骨折で使う装具が必要なときとその種類を専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は足首の骨折で治療用装具が必要なときはどんなときで、どんな装具を使うのか?ということを解説いたします。

実際、足首の骨折で装具が必要なケースは結構まれです。たいていはギプスなどで固定した後はサポーターで十分なんですが、今回はそんなサポーターと装具の違いも含めてお伝えいたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

足首の骨折の基本をおさらい

足首とはどこの関節か?

まず、ここでお話しする「足首」

厳密には、下腿の骨である脛骨、腓骨に
距骨がはまり込む
距腿関節があり、

さらに、その下の、
距骨と踵骨からなる距踵関節があり、

さらに前方、足先の方向には、
ショパール関節、リスフラン関節

複合的に関節があり、
足首は多方向に複雑に動くことができます。
ですが、ここではシンプル化するために、
距腿関節の骨折、その中でも頻度が多い
下腿の骨である脛骨、腓骨の骨折をターゲットとして
お伝えします。

足首 骨折

画像引用元:整形外科専門医になるための_下肢 羊土社

足首≒距腿関節の骨折の2つのメジャー骨折

距腿関節の下腿側の骨折には2つのメジャーなものがあります。

それは、
果部骨折とピロン骨折(Pilon fracture)
です。

それぞれカンタンにご説明します。

果部骨折

果部骨折というのは、
いわゆる足首のくるぶしの骨折です。

「果」と呼ばれる部位には
外果=外くるぶし
内果=内くるぶし
に加え、後果があります。

その3つとも折れてしまう重症型として
三果骨折というものがあります。

三果骨折についてはこちらの記事をご参照ください。

三果骨折の部位と読み方は?手術・リハビリから予後 まで解説

2016.09.19

ピロン骨折

ピロン骨折というのは、
足首を構成する上の壁である脛骨の
関節面が折れてしまう骨折です。

これは関節の中の軟骨も一緒に折れてしまい、
スムーズな動きのためにも、
体重を支えるためにも、
非常に重要な部位の骨折です。

 

しかし、関節面の骨折というのは、
ちょっとしたズレでも、
将来的な軟骨のスリ減りや痛みの原因となったり、

骨がくっつくのに時間がかかったりと、
非常に厄介なものです。

 

このメジャーな骨折の2つは
どちらも、

足首、つまり距腿関節の距骨がはまり込むべき、
受け皿側の壁が折れてしまうことを意味します。

それが外側(外果)なのか、
内側(内果)なのか、
後ろ(後果)なのか、上側(ピロン骨折)なのか、

という違いになります。
そして、ずれがほとんどない場合を除いて、
多くのケースはこれらの骨折は手術になります。

 

手術についてはこちらで解説しておりますが、

足首の骨折をボルトで治すって?手術をわかりやすく解説

2016.09.21

要は、ずれた骨を元にできるだけ戻して、
その状態をキープするために金属を骨の中に入れます。

金属はネジ(ボルト)であったり、針金であったり、
プレートであったりします。 

装具とは? サポーターとは違うの?

まず装具とサポーターの違いを解説いたします。

ざっくりしたイメージはスポーツショップで売ってるのがサポーターであり、病院で装具業者がオーダーメイドで作るのが装具という感じです。

サポーターについてはこちらをご参照ください。 

明確な境界線はないが固定性が高いのが装具

そうは言っても、サポーターも病院でお出しすることも多々ありますし、オーダーメイドじゃない装具もあります。

明確な境界線はないかと思いますが、

より関節の固定性が高いのは装具ですね。逆にスポーツ現場での幅広い、素早い動きに対応しやすいのはフレキシブルなサポーターと言えるでしょう。

装具は型どりする必要があることが多い

そういった性質上、装具はオーダーメイドになることが多く、そのため、型どりをして、1週間後くらいに完成するというプロセスを踏むことが多いです。

装具は保険で返金されるが高価なことが多い

また、装具はちょっと支払い関係が面倒ですが、健康保険から一部(一般には7割)返金されます。しかし、それでもオーダーメイドですから高価です。

足首の骨折で装具が必要なケース:荷重面の骨折

さて、足首の骨折の場合、手術にしろ、保存治療にしろ、足首の安定性はある程度は得られているので

装具でガッツリ固定しないといけないことは少ないです。

サポーターで捻挫をしないように安定化させる程度で十分なことが多いです。

体重がかかるところの骨折=しばらく体重がかけられない

しかし、足首の関節の中央よりの体重がかかるところの骨折。ピロン骨折と呼ばれる骨折やその近くの骨折の場合は、長らく体重をかけられないため、足首にかかる荷重コントロール用の特殊装具を使うことがあります。

PTB装具という特殊装具

それはPTB装具といって、Patella Tendon weight Bearing装具というものです。

これは膝蓋腱部分で体重を支える構造になっている装具です。

通常は体重の反力である地面からの力は足から足首と順々に伝わっていくわけですが、このPTB装具を装着すると、地面からの反力はダイレクトに装具から膝蓋腱(膝のお皿のスジ)部分にかかります。

 

つまり、足は着いているのに、足首に体重はかかっていないという状態が作れるわけです。

これのメリットは両足で歩けるために日常生活の不便さが軽減されること、完全な片足歩行で患側の足がなまってしまう(筋肉がやせ細ったり、骨が弱ったり)ことを防げる。

ということになります。

まとめ

今回は足首の骨折において装具が必要になるケースとして、体重がかけられない骨折に対するPTB装具を紹介いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

足首 骨折

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。