仙骨骨折のリハビリ方法と注意点を専門直接医師が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は仙骨骨折のリハビリ方法と注意点ということで解説いたします。

仙骨骨折は重症度によって治療経過が全然異なります。 詳しくはこちらの記事もご参照ください。

仙骨骨折の治療法と期間の目安をスポーツ整形外科医が解説

2017.07.03

しかし、軽症でも重症でも骨がくっつくまで1–2ヶ月以上時間がかかります。その間、筋肉をはじめ機能、働きが落ちてしまうのは避けられませんから、少しずつできるリハビリを開始して、日常生活やスポーツ活動に復帰するためのトレーニングをしていくことは必要になってきます。

具体的にどんなリハビリテーション、トレーニングが必要なのか?ということについて解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

仙骨の基本ををおさらい

仙骨骨折の治療法について解説するにあたっては最低限、仙骨とはどこでどんな役割があって、仙骨骨折にはどんな特徴があるのか?という基本を理解する必要があります。

「そんなのは知ってるよ」という人もおさらい程度にザッと流して確認してください。

仙骨とは?どこ?

まず仙骨とは?

どこにある骨?

ということですが、一言で言えば、お尻のど真ん中の骨です。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

この仙骨の上には背骨の腰部分である腰椎の一番下である第5腰椎が乗っかり、第5腰椎と仙骨は椎間関節(ついかんかんせつ)という関節を形成しています。

また、仙骨の左右には腸骨(ちょうこつ)といういわゆる腰骨(こしぼね)があって、仙腸関節を形成しています。

そして、下には尾側(びこつ)があります。

仙骨の主な役割は?

仙骨の主だった大切な役割をご紹介します。

骨盤の後ろの壁

まず一番は骨盤を形成している骨の1つあるということが大切です。

骨盤というのは下半身と上半身を繋ぎ、身体のコアとなる部分として運動においても重要な役割を果たしていますし、

骨盤の中には腸や膀胱、生殖器、大血管など非常に重要な臓器を詰め込んである部分でもあります。

この骨盤の真ん中後ろの壁を形成しているというポイントは外せないですね。

仙腸関節を形成する

もう一つは仙腸関節を形成するという点です。

非常に動きの少ない関節ですが、それは右脚、左脚が受けた体重(地面からの反力)を上半身に伝えるという負荷の強さゆえ、腰痛の原因になりやすい関節と考えられています。

脊髄神経の枝の出口

脳から脊髄を通って、神経は脚に向かいます。この神経経路を伝って脚を動かしたり、脚からの感覚を感知したりするわけですが、この脊髄神経が脚に向かう枝が仙骨に開いている穴から出ます。

この脊髄神経の仙骨から出る枝の一部は膀胱や直腸というようないわゆる排泄に関連する部分を支配しているので、そういう意味でも重要です。

仙骨骨折の特徴は?

仙骨の基本を押さえていただいたあとは、 仙骨骨折の特徴になります。

仙骨という骨の特徴を踏まえると、その骨が折れてしまったときの特徴はわかりやすいと思います。

骨盤の骨折は重症になりやすい

仙骨骨折は骨盤骨折の1つで、骨盤の壁です。 この骨盤の壁はほぼ360度前から後ろまであって、「骨盤輪(こつばんりん)」と呼ばれています。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

この骨盤輪の破綻を起こすような骨折は、骨盤の中の臓器がやられてしまうこともあれば、大きな変形を伴うこともあり、さらに大抵、一般の人が想像する以上の大量出血があります(数リットルなんてこともザラです)。

ということで、かなり重症になりやすいということは頭に入れておく必要があります。

神経症状に注意

神経の枝の出口と述べましたので、神経が仙骨の近くに集まっているということで、骨折によって神経損傷を起こしてしまいリスクがあります。

その場合に当然、神経症状の出現が考えられます。脚のしびれや力が入らないなどの麻痺症状、また、膀胱直腸障害と言って、排尿排便に異常が出たりしますので、注意が必要です。

座るときの負担がキツい

物理的にお尻のど真ん中が仙骨ですから、座るときにダイレクトに負担がかかりやすいと言えます。

脚の骨折であれば座って車椅子に乗っていれば、あまり負荷はかかりませんが、仙骨はそうもいきません。

この負担をどうするか?というのも問題になりやすいです。 

仙骨骨折のリハビリの方法と注意点

仙骨骨折のリハビリにおける注意点を解説していきます。

重症度にもよりますが、理学療法士とともに通院してリハビリを行う場合もあれば、自宅でセルフでリハビリをすることも多いです。

どちらの場合でも原則は変わりません。

安静度の段階的アップ

まず基本中の基本は安静度の段階的アップです。

骨折したては骨折部が不安定ですから、重症度によってはベッド上で完全に安静にして、車椅子に乗り移ることも許可できないこともあります。

そんな状態から骨折のくっつき具合に応じて段階的にアップしていくわけです。

一般的な段階としては、

  • ベッド上の完全安静
  • ベッド上で背もたれを上げていく(ギャッチアップ)
  • 車椅子移乗
  • 松葉杖歩行(片足は完全免荷:足を着かない)
  • 片足部分荷重(少しだけ体重をかけていい)
  • 通常歩行
  • ジョグ
  • ランニング
  • ダッシュ
  • 方向転換・カッティング動作
  • 各スポーツの戦術的な動き
  • コンタクト(コンタクトスポーツの場合)

というような段階があります。

この段階を主治医に確認しながらやっていただくというのが基本中の基本です。

股関節の柔軟性アップ

次に股関節の柔軟性アップということですが、

これは股関節の柔軟性が低下していたり、もともとカタいひとの場合は

骨折の治癒過程の中で、仙腸関節に負荷がかかりやすいので治りが遅れたり、

後遺症としての仙腸関節炎のリスクが高まります。

 

ただ逆に、股関節の柔軟性を上げる訓練は少なからず仙腸関節にも負荷がかかってしまうので痛みが出るようであればまだ早いと言えますし、主治医とも相談しながら開始時期を検討しましょう。

また、仙腸関節を安定させるために後半で紹介するコルセットなども活用したいところです。

スポンサード リンク

股関節の柔軟性を上げるトレーニングはこちらをご参照ください。

セラピストやトレーナーにやってもらえるのであれば、

 

 

自分でやるのであれば、

特に自分でやるモノは種目によって仙腸関節に負荷が強いモノがありますし、骨折部や重症度によってはしばらく避けた方がいいものもありますので、主治医と相談しましょう。

体幹のコアトレーニング

体幹を安定化させる筋力訓練は必須と言えます。

これは腹筋の最も深い筋肉である腹横筋や股関節のインナーマッスルである回旋筋群のトレーニングが特に必要です。

 

腹横筋を中心とした体幹のトレーニングの基本であるハンドニーはこちらです。

 

 

股関節のインナーマッスルを鍛えるトレーニングはこちらをご参照ください。

 

さらに現場レベルになってくると、より多様なトレーニングが必要になってきます。

仙骨骨折の便利アイテム クッション&コルセット

最後に仙骨骨折のリハビリ中にあるといいと思うのが

クッションとコルセットです。

 

仙骨骨折が中心部や、先端の尾骨に近い場合は座ったときにダイレクトに響いてしまうことがあるので、 クッションと言ってもいわゆる「円座」がオススメです。 お

それ以外の場合は仙腸関節の安定性が大切なので、単にふかふかなクッションではなく、低反発の安定性が高まるクッションがいいですね。

 

さらに、前半で解説した股関節の柔軟性アップのトレーニングなど仙腸関節に負荷がかかるときに仙腸関節の安定性を高めるために骨盤を圧迫する目的でコルセットを少し下に巻くというのもオススメです。 

まとめ

今回は仙骨骨折のリハビリテーションについて解説いたしました。

仙骨骨折は重症度で治療経過が全然違うので、主治医によくよく確認しながらやっていきましょう。

一般の整形外科医はスポーツ選手よりも一般的な高齢者の骨折の治療経験がはるかに多いので、選手側から「こういうトレーニングはやってもいいですか?」と積極的に相談することが大切です。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。