骨折を放置したら後遺症は必発!? 専門医が解説します。

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は骨折を放置したらどうなっちゃうの?っていう、誰もが一度は考える疑問にお答えしたいと思います。

後遺症が残ってしまうのか?
意外と治っちゃうのか?

ということと、

さらに残ってしまうとしたら、どんな後遺症なのか?

ということについて解説したいと思います。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

骨折を放置しても治っちゃうケース

まったく勧められませんが放置できちゃう骨折は、
たいていズレがそれほど大きくない骨折です。

 

そして、多少動かしてもズレにくい安定した骨折なので、骨はくっついちゃうことが多いです。

1–2ヶ月以上放置しちゃって、病院にいらした患者さんの診察をすることもありますが、

その場合はレントゲンを撮ると骨がくっついていることも少なくありません。

しかし、骨がくっつく = 治った

ではないということがポイントです。

 

「骨がズレや曲がりなくくっついて、かつ、その周囲の関節や筋肉などに問題がなく、痛みがない、動きがいい」という状態が理想的に治ったと言えると思います。

そう考えると、骨折を放置して、治ったと言えるケースは多くはありません。

「最初に適切な治療をしたら、もうちょっと○○だったかもしれないね。。」 という状態がほとんどです。

 

そのため、当たり前ですが、骨折を放置していいなんてことはありません。疑わしいと思えばしっかり整形外科を受診する必要があるのは間違いないです。

骨折を放置したときに考え得る後遺症は?

ということで、骨折を放置してしまったときに考えられる後遺症を解説していきます。

骨折の変形治癒(変形が残る)

骨がくっついたとしても、まっすぐズレなくという状態でくっつくとは限りません。

最初はズレがなく、ほんのヒビ程度だった骨折も、放置して、固定しなかったために、徐々に徐々にズレて、そのズレた、曲がった状態で骨がくっついてしまうと変形が残ってしまします。

これを変形治癒と言います。

その結果、見た目がイマイチとなってしまったり(腫れぼったい、曲がっている)、関節のはたらきとして可動域が悪くなったり(カタくなる)力が入りにくかったり痛みが残ったりすることがあります。

骨折部の偽関節(骨がくっつかない)

骨折がくっつかないという最悪の結果ももちろん起こりえます。

骨がくっつくためには骨折部が動かないということが必要です。

骨折したところがグラグラしていれば、くっつくものもくっつきません。放置すればその状態かもしれません。

 

結果、骨がくっつく力がなくなってしまうと「偽関節(ぎかんせつ)」という状態になってしまいます。

これは骨折部位が関節のように動いてしまう状態で、文字の通り、にせの関節という意味ですね。

これは厳しい状態です。 偽関節の骨をくっつけるためには大変な手術が必要です。 骨移植(こついしょく)という他の場所から骨を持ってくる処置をして、くっつく力がなくなった骨にくっつく力を補強しつつ、骨折部を再度くっつけるという手術が必要になります。

関節の拘縮(カタくなる)

関節の拘縮、つまり、カタくなってしまうという状態も放置の結果起こりうる1つです。

放置している間も骨折しているわけで、治療がうまくいっていないので、痛みが長引いてしまって、動かせない時期が長引いてしまうと、関節がカタくなってしまいます。

かろうじてくっついても痛みが残る

また、痛みが残るというのもあり得ます。

 

それはここまで述べた、変形治癒や偽関節、関節拘縮の結果としてもそうですし、そこまで至らなくても、最初の治療が適切にできていないので炎症が長引いて、治りきらずに痛みが残ったりします。

骨折部周囲の壊死→切断!?

偽関節が最悪の結果と述べましたが、もっと最悪なのは切断しないといけなくなるということですよね。

これはよっぽどですが、骨折した部分の腫れが原因で、血の巡りが悪くなったり、化膿したりして、骨折部分の周囲が壊死(えし)、つまり細胞が死んでしまうなんてこともあり得ます。

そうなると最悪切断しないといけないこともあるということですね。

これは一番末梢の足や手の指で起こりやすいです。

どれだけ放置したかで対処法、治療法が変わります

骨折を放置してしまったときに残りうる後遺症について解説いたしましたが、すでに放置してしまっているとすれば、ここからどうすればいいか?ってことが大切ですよね。

どのくらい放置してしまったかで対処法、治療法が変わりますので解説していきます。

スポンサード リンク

傷めた当日くらいなら放置して大丈夫?

まずケガをしてしまった当日、どうしても病院に行けないというような時に翌日に行くのはどうか?

つまり、1日、2日の放置はどうか?ということですが、

 

たいていは大丈夫です。 1-2日の放置では骨折が治せなくなるということは少ないです。

 

ただ、少なくともRICE療法という応急処置の基本は意識しておくべきです。そうしないと、腫れが強まってしまったり、骨折が余計にズレてしまったりというリスクがあります。

RICE療法についてはこちらの記事を参考にしてください。

骨折の応急処置をスポーツドクターが解説!

2016.09.23

1–2週間放置してしまったら?

よくあるのが1-2週間の放置ですね。

骨折じゃないと思ってたら、痛みが続くので病院に受診して、レントゲンを撮ると折れてしまっていた・・・

1-2週間以内だったら、まだ骨がくっついていないので、もし、骨折がズレたり曲がっていたら、整復してから固定すれば十分治る可能性があります。

骨折時整復前

骨折整復後

1ヶ月以上放置してしまった・・・

1ヶ月以上放置してしまった場合は…

残念ながら骨はくっつき始めてしまっています。そのため骨折のズレや曲がりがあったとしても、それを矯正するのが難しい段階であることがあります。

とすれば、骨のくっつきぐあいに応じて、もう少し固定をするか(ズレがもっとわるくならないように)リハビリを開始するかというところが現実的な選択肢になります。

しかし、このズレや曲がりがあまりに大きい場合は、手術してくっつき始めている骨を、再度骨折させたあとに整復して固定するなんてことをやることがあります。

まとめ

骨折を放置してしまった場合の後遺症や時期に応じた対処法について解説いたしました。

病院受診は面倒だし、放置しても大丈夫かな…と思ってしまうとすれば、

もっと自分の身体を大事にしてください

と言いたいですね。

 

人は目の前の大事な仕事があるとか、大事な試合があるとか、そういうことを優先しがちですが、

それは放置しても大丈夫なんじゃないかな…という甘い希望的観測が背後にあることが多いので、この記事でいま一度考え直していただければと思います。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。