骨折時の三角巾の正しい作り方はたった2つのポイントを押さえよう

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

骨折してしまったときに三角巾で吊ることがあると思います。僕もよく三角巾での安静を患者さんにお願いすることが多いわけですが、

次の外来受診日に拝見すると、三角巾の作り方が間違ってしまっていたり、しっかり固定できていなかったりすることがあります。

 

また、質問として多いのは、

「骨折なのに三角巾だけで大丈夫なんですか?ギプスは必要ないですか?」

ということですね。

 

ということで、これらの問題、疑問にお答えできるように、
骨折時の三角巾の作り方のポイントと、そもそも三角巾の意味や必要性について解説したいと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

骨折時の三角巾の正しい作り方 2ポイント

骨折時の三角巾の正しい作り方ですが、動画も紹介しながら大切な2つのポイントを解説します。

一般的な三角巾の巻き方の動画です。

肘の神経の圧迫を防ぐ

まず押さえておきたいのは肘の神経の圧迫を防ぐと言うことです。

よくつり下げている肘から前腕を安定させるために、肘のところに結び目を作りますが、この結び目の位置と肘の関係に注意をしてください。

肘の下、もしくは内側に結び目が来ないようにすることが大切です。

肘の内側、下には尺骨神経(しゃっこつしんけい)という神経が走っていて、ここを圧迫すると簡単にしびれたり、運動麻痺が起こります。

また、三角巾をしていて手にしびれを感じたら、まず、この肘の部分での神経の圧迫がないか確認をします。

首の結び目の位置を骨折に応じて使い分ける

次に首の結び目の位置です。

先ほどの動画でも首のすぐ後ろから多少ずらすことで結び目による痛みを減らそうとする工夫をしておりましたが、

 

さらに、骨折に応じて2種類使い分けてほしいと思います。

1つは、先ほどの動画のような一般的な首の後ろを通す方法で、これは結ぶ位置によって、腕の吊るし具合が変わります。

特に鎖骨骨折肩鎖関節脱臼のように腕の重みが骨折のズレの原因になるような骨折では腕を通常の位置より上に持ち上げた状態でつるすことで骨折のズレを減らすことができます。

 

ただ、この三角巾の吊るし方は首に負担がかかりやすいため、逆の腕の腋(わき)の下を通す方法も行われます。

腋の下には神経があるので圧迫しないように注意が必要ですが、先ほどのように上に持ち上げるような結び方をしなければ、基本的には腕の重みが下にかかるので、腋を圧迫することは少ないと考えられます。

この結び方は首で結ぶ一般的な作り方に比べて腕がブランブランしにくくなるメリットもありますので、上腕骨骨折などではこちらの方がベターかもしれません。

スポンサード リンク

そもそも骨折時の三角巾にはどんな意味がある?

そもそも骨折のときの三角巾の意味ですが、

これは固定とまでは言えないかもしれませんが、骨折部位の安静という表現がしっくりくるかと思います。

三角巾だけでギプス固定はしなくて大丈夫?

骨折といえば、ギプス固定が原則だと思いますが、

三角巾だけでいいといわれるケースがあります。

それは、肩まわりの骨折です。

肩まわりの骨折をギプスで固定しようとすると、上腕と体幹を全部ギプスで巻かないといけません。

これは相当大変です。

 

そして、相当大変な割に、体幹を巻いても、体幹の中で肩甲骨は動いてしまいますから、実際の固定性というのは十分なものにはなりません。

そのため、肩まわりの骨折でギプス固定をすることはほとんどなく、妥協案として三角巾になります。

 

それゆえ肩の周りの骨折は、他の部位に比べて

整復(もとの形にもどして) + 固定(ギプスなどで動かさなくする)

というセットがうまく使えません。

頑張って整復しても、しっかり固定できないので、またズレてきてしまうんですね。ですから、肩のまわりの骨折で許容できないズレがある場合は手術になることが多いという傾向があります。

 

 

また肘や前腕、手首などの骨折でギプスを巻いた後に三角巾も追加することもありますが、この場合は固定はギプスが担っているので、その重いギプスをした腕を支える意味合いでの三角巾になります。

三角巾は寝るときもやった方がいい?

三角巾は寝るときもやった方がいいのかどうか?

ということですが、 ギプスなどで固定ができている場合は寝るときはやる必要がありません。

 

また、鎖骨骨折などで腕の重みを支える目的の三角巾も外してみて痛みが強まらなければ外していいと考えています。

しかし、上腕骨骨折の場合は上腕が動いてしまうとズレてしまうリスクが高まるので寝るときもつけることをオススメしています。

その場合は特に肘の部分での神経麻痺と背中の結び目の位置に注意を払いましょう。

三角巾の代用として簡易型装具もオススメ

三角巾の作り方を解説してまいりましたが、 1人では無理ですよね。

そんなときはこういう簡易型の装具もオススメです。 脱着も簡単ですからね。

また、上腕骨骨折など少しでも腕を動かさないようにしようとした場合、この装具がオススメです。

まとめ

今回は骨折したときの三角巾の作り方を解説いたしました。

そもそもの三角巾の意味や使い方のポイント、代用としてオススメの装具もご紹介いたしました。

これらのポイントを理解しながら、あなたの骨折ではどういう目的で三角巾を使い、どういったポイントに注意していくべきか考えてみるといいかもしれませんし、わからなければ主治医に質問してみるといいと思います。

参考にしていただけましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    歌島 大輔

    スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。