疲労骨折は腰にも起こっているかも?その危険なポイントを解説!

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

疲労骨折が腰にも起こるのはご存じでしょうか?
今回はどういったケースで
疲労骨折が腰に起こっているかもしれないのか?

その注意点について、危険ポイントについて
解説していきたいと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

疲労骨折は一般的には、
スネの骨や足の骨に起こるイメージが強いと思いますが、

腰の骨は、
むしろ、もっと一般的によく見られる
疲労骨折部位です。

それでは解説、いってみましょう。

腰の疲労骨折≒腰椎分離症

疲労骨折とは、
骨に長い間、負担が過度にかかっていたために、
折れてしまう骨折であり、

そのメカニズムから、負荷がかかる部位であれば、
どこでも起こりえます。

腰の骨の場合は、
特に負荷がかかる部位として、
椎間関節(ついかんかんせつ)と呼ばれる部位があります。

この椎間関節は
その名の通り腰椎の間の関節で、
背骨全般の形状である、積み木のように積み上がった
一つ一つの腰の骨の上下の骨の間の関節です。

そして、この関節を作る上下の骨を
腰椎の中でも突起状の上下に出っ張っているので、
上関節突起と下関節突起と呼ばれます。

一つ一つの骨が、上の骨と下の骨と
関節を作っていますから、

突起も上と下にあるわけですね。

そして、その上と下の関節突起の
ちょうど間くらいで疲労骨折が起こってしまいます。

引用:整形外科専門医になるための_脊椎・脊髄 羊土社

引用:整形外科専門医になるための_脊椎・脊髄 羊土社

これを腰椎分離症と言います。

この病名は聞いたことがある人も
いらっしゃると思います。

腰椎分離症の詳細は、
別記事に譲るとして、

今回はこの腰の疲労骨折である、
腰椎分離症を強く疑う
注意すべきポイントについて解説したいと思います。

スポンサード リンク

これがあれば腰の疲労骨折である腰椎分離症を疑おう!

1.中学生から高校性 特に男

腰椎分離症というのは、
成人でみつかったという報告はほとんどありません。

成人で見つかる分離症は、
10代で発症した分離症のなれの果てで、
もう骨がくっつかず偽関節となってしまった状態です。

逆に言うと、
10代で腰痛があり、しっかりと疲労骨折が見つかって、
治療を受ければ、骨がくっつくわけです。

男女で言うと、
少し男の方が多いという報告があります。

2.腰を反らすと痛い

背骨を反らすことを後屈と言いますが、
この動作が痛いというのが
典型的な症状です。

3.スポーツが野球やバレーボール、水泳など

この疲労骨折の原因としては、
背骨、特に腰椎の先ほど出てきた後屈と、
さらに回旋動作です。

これらの動作を繰り返すことになる、
野球のバットスイング、バレーボールのスパイク、
水泳のバタフライなどなど、

これらの時に痛みが走ったり、
これらの腰に後屈+回旋が加わる動作を
繰り返すスポーツをやっている選手の腰痛は要注意です。

そして、これらのポイントで当てはまるようであれば、
整形外科を受診してください。

レントゲンである程度わかりますが、
ごくごく早期だとわからないことがあります。

腰椎分離症において大切なのは、
早期診断、つまり早く見つけて、
早く治療することです。

そうしないと、骨折部位がくっつく能力を失ってしまいます。

そのため、レントゲンで
まだハッキリしない時期の分離症を疑った場合
MRIを撮って確認します。

少なくとも、中学、高校性の腰痛のある選手すべてに
MRIを撮ることはやりすぎですが、
分離症を疑えば、われわれスポーツ整形外科医は
MRIを撮ります。

そこで、行った整形外科の医師から、
そういったMRIなどの精密検査の提案もなく、
レントゲンで大丈夫でしょうと言われた場合は、
その根拠までしっかり聞いてみることが大切です。

MRIを撮るにしても、
医学的に医師が必要と判断しない限りは撮りません。

ですので、さらなる精密検査をしない根拠に納得すればヨシ!
納得しなければ、別の医師の診察を受ける。

少し冷たい感じですが、

自分、もしくは自分の子供は自分で守る。

そんな覚悟で病院も使ってほしいなと思っています。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。