膝蓋骨骨折の手術はワイヤーが基本 専門医がわかりやすく解説します

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は膝蓋骨骨折(しつがいこつこっせつ)という膝の前のお皿の骨折について、特にその手術方法について解説します。

医師から受けた説明がよくわからない・・・とか、自分が受ける(受けた)膝蓋骨骨折の手術が一般的なものだったのか、他にどんな方法があるのか?というような不安、疑問にお答えできればと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

膝蓋骨骨折の基本をおさらい

膝蓋骨とは膝のお皿の骨のこと

膝蓋骨(しつがいこつ)とは膝の前にあるお皿の骨のことですね。あまり意識したことない人ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、膝のお皿は膝の曲げ伸ばしで動きますので、触れてみてください。

膝蓋骨は膝を伸ばす筋肉の中継点

この膝蓋骨は膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋の一部と言ってもいい骨です。

分類で言うと、種子骨(しゅしこつ)と言って、足や手の親指にもある骨ですが、この種子骨というのは筋肉や腱が効率的に関節を動かせるように働く中継点としての意味があります。

太ももの前を走る大きな筋肉である大腿四頭筋のスジが膝蓋骨の上にくっつき、そして、膝蓋骨の下には膝蓋腱(しつがいけん)、もしくは膝蓋靱帯(しつがいじんたい)と呼ばれるスジがくっつき、このスジが脛骨(けいこつ)というスネにくっつきます。

この大腿四頭筋 – 膝蓋骨 – 膝蓋腱 – 脛骨という大腿四頭筋を中心とした連なりを膝伸展機構(ひざしんてんきこう)と言ったりします。

要は、膝を伸ばすシステムということですね。

つまり、膝蓋骨は膝を伸ばすという働きにおいて重要な役割を果たしているということです。

膝蓋骨のウラ側は軟骨で膝関節の一部を形成

また、膝蓋骨のウラ側は軟骨になっていて、大腿骨の軟骨と向かい合って、その上を滑るように動くことで膝の曲げ伸ばしの動きに対応しています。

この膝蓋骨と大腿骨からなる関節は膝関節の一部でありますが、特に膝蓋大腿関節(しつがいだいたいかんせつ)と呼んでいます。

膝蓋骨骨折は膝を直接打った時に折れやすい

膝蓋骨骨折の多くは、直接、膝蓋骨を強打した場合に起こります。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

膝の前にあって、皮膚からの距離も近いのが膝蓋骨ですので、直接ぶつけやすく、その衝撃も伝わりやすいので折れやすいと言えます。

膝蓋骨骨折はズレやすい

また、膝蓋骨は大腿四頭筋の縮む力が常に加わるので、骨折部分で引っ張られて、徐々に離れていきやすい。つまり、ズレやすい骨折と言えます。

膝蓋骨骨折の手術が必要な場合と不要な場合

この膝蓋骨骨折も、もちろんすべて手術が必要なわけではありません。

シンプルに言えば、手術が不要なケースは「ズレ」がほとんどない骨折です。

骨折部分が接触して段差がなければ固定でいける

「ズレ」がほとんどないというのは、

骨折部分が物理的に離れていない、つまり接触していて、 かつ、段差がないという状態です。

 

この場合は膝を伸ばした状態で固定しておけば、大腿四頭筋による引っ張る力もある程度抑えられるので、骨がくっつくまでズレずにキープすることが多いです。

この場合はシーネやギプスという一般的な固定か、もしくは通称ニーブレースという膝を伸ばした状態をキープする装具を使います。

骨折部分が離れていたり、段差があれば手術

しかし、骨折部分が離れていたりすれば、骨がくっつく可能性は下がりますし、固定しても少しは影響がある大腿四頭筋による牽引力によって更にズレるリスクがあります。

そうなると骨がくっつかないという最悪の結果もあり得ます。

 

そして、膝蓋骨がくっつかないと、大腿四頭筋が収縮しても、その力がスネに伝わらないので膝を自分で伸ばせなくなってしまいます。それは装具などに頼らないと歩けないということになりかねません。

また、接触していても、段差があれば、これは先に解説した膝蓋大腿関節の軟骨がスムーズではない状態になってしまいます。

スムーズじゃない軟骨を想像してみてください。関節を動かすたびにゴキゴキいったり、引っかかったり、相当痛そうですよね。

実際そうで、さらに、その状態で関節を使っていくと、軟骨がどんどんすり減ってしまうことになります。

膝蓋骨骨折の手術方法

この膝蓋骨骨折の手術方法について解説いたします。

ワイヤーによるテンションバンドワイヤリング

ます最も基本で多くやられている手術が、ワイヤーによるテンションバンドワイヤリング(tension band wiring)と呼ばれている方法です。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

これは、まず骨折をキレイに戻して状態で(これが時に難しいわけですが)、骨折のラインに垂直に2本のまっすぐのワイヤーを平行に刺して固定します。

ただ、これだけだと、刺したワイヤーに沿って骨折部分が離れることがあります。特に膝を曲げる動きとそのリスクが高まります。

しかし、そのワイヤーに柔らかめのワイヤーを引っ掛けて膝蓋骨の前で交差さて8の字状に締結することで、膝を曲げると逆に骨折部分を圧迫する力が加わるようにします。

スクリュー(ネジ)を使うこともあり

ワイヤーは単なるスムーズな針金ですから、抜けやすいというデメリットがあります。

それをテンションバンドワイヤリングで補っているわけですが、それでも、多少ワイヤーが抜けてくることがあります。

それに対してネジ切りがしてあるスクリューを使うことで、抜けないようにする工夫を好む先生もいます。

ただ、ワイヤーに比べてスクリューは太いので、平べったく薄い膝蓋骨が割れてしまったりするリスクもあります。

スポンサード リンク

ワイヤーを様々な方向からたくさん刺すこともあり

難しいのは膝蓋骨が真っ二つにシンプルに折れているのではなく、バラバラにいくつもの骨片に分かれている場合です。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

こういうのを粉砕骨折と言います(複雑骨折ではありません)。

この場合はワイヤーを2本と言わず、4本でも5本でも使って固定し、さらに、柔らかいワイヤーを膝蓋骨の周りを一周させるように巻く方法がとられます。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

膝蓋骨の下の方の骨折は人工靱帯を使うこともあり

もう1つ難しいのは下極骨折(かきょくこっせつ)と呼ばれる、かなり下の方の骨折です。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

これは下の骨片が小さいので普通にスクリューやワイヤーで固定しても小さい骨片が割れてしまったり、ズレてしまったりします。

そのため、膝蓋腱ごと人工靭帯というメッシュ状の帯を使って骨折部分を締結する方法をとることがあります。

手術で使った金属は半年目安で抜くのが基本

手術で使ったワイヤーやスクリューなどは骨がくっつけば用無しなので抜きます。

骨折部位によっては抜かなくても問題ないものもありますが、膝蓋骨については皮膚からの距離も近くて浅い位置なので、金属が触れたり気になってしまうでしょう。

 

そのため、原則、骨折が完全にくっついたと言える半年以降を目安に抜きます。これは再手術ですね。

ただ、ワイヤーが抜けてきて皮膚が傷んでしまったり、傷が化膿してしまうなど、想定外の事態では、半年を待たずに抜かなくてはいけないこともあります。

経験的にはだいたい2から3ヶ月くらい経過していれば抜いても大抵問題ないですが、レントゲンで骨のくっつき具合に不安が残る時は、非常に難しい決断を迫られます。

まとめ

今回は膝蓋骨骨折の手術方法について解説いたしました。

比較的シンプルな手術ですが、薄い骨ですし、膝を伸ばすために必須の機能を持つ骨なので、特に注意深く手術しています。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。