膝蓋骨骨折を疑う症状と対処法を専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

膝蓋骨、すなわち膝の前のいわゆるお皿のことですが、この骨折は比較的頻度が高い骨折です。

この膝蓋骨骨折は打撲かと思ったら骨折していたということもあります。皮膚からもわかりやすく触れる膝蓋骨ですから、よく強打しやすいんですね。そして、骨折の程度によっては歩けてしまうこともあります。

ということで、膝蓋骨骨折の基本的なことを解説しながら、疑うべき症状について解説してまいります。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

膝蓋骨とは膝のお皿の骨のこと

膝蓋骨(しつがいこつ)とは膝の前にあるお皿の骨のことですね。あまり意識したことない人ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、膝のお皿は膝の曲げ伸ばしで動きますので、触れてみてください。

膝蓋骨は膝を伸ばす筋肉の中継点

この膝蓋骨は膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋の一部と言ってもいい骨です。

分類で言うと、種子骨(しゅしこつ)と言って、足や手の親指にもある骨ですが、この種子骨というのは筋肉や腱が効率的に関節を動かせるように働く中継点としての意味があります。

太ももの前を走る大きな筋肉である大腿四頭筋のスジが膝蓋骨の上にくっつき、そして、膝蓋骨の下には膝蓋腱(しつがいけん)、もしくは膝蓋靱帯(しつがいじんたい)と呼ばれるスジがくっつき、このスジが脛骨(けいこつ)というスネにくっつきます。

この大腿四頭筋 – 膝蓋骨 – 膝蓋腱 – 脛骨という大腿四頭筋を中心とした連なりを膝伸展機構(ひざしんてんきこう)と言ったりします。

要は、膝を伸ばすシステムということですね。

つまり、膝蓋骨は膝を伸ばすという働きにおいて重要な役割を果たしているということです。

膝蓋骨のウラ側は軟骨で膝関節の一部を形成

また、膝蓋骨のウラ側は軟骨になっていて、大腿骨の軟骨と向かい合って、その上を滑るように動くことで膝の曲げ伸ばしの動きに対応しています。

この膝蓋骨と大腿骨からなる関節は膝関節の一部でありますが、特に膝蓋大腿関節(しつがいだいたいかんせつ)と呼んでいます。

膝蓋骨骨折は膝を直接打った時に折れやすい

膝蓋骨骨折の多くは、直接、膝蓋骨を強打した場合に起こります。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

膝の前にあって、皮膚からの距離も近いのが膝蓋骨ですので、直接ぶつけやすく、その衝撃も伝わりやすいので折れやすいと言えます。

膝蓋骨骨折の典型的な症状

この膝蓋骨骨折の典型的な症状ですが、

膝の前の痛み

まず、当然ながら膝蓋骨部分の痛みはほぼ必須の症状です。

これは膝の前の痛みとして自覚されるはずです。

ただ、これは膝の前の打撲でも同じように痛いですから、これだけで疑うのは難しいかもしれません。

痛みで膝が曲げられない

膝蓋骨は大腿四頭筋と連なり、膝を伸ばすシステムの一部ですから、

逆に曲げようとすると上下に引っ張られます。

骨折していると、それがより「ずれよう」とする力になりますから、曲げると痛い、痛くて曲げられないというような症状は

単なる打撲ではあっても軽く、骨折では顕著である可能性が高いです。

膝の前の内出血と腫れ

膝の前の内出血や腫れが強ければ強いほど、単なる打撲より膝蓋骨骨折の可能性が高まります。

圧痛部位 押していたい場所

押して痛い場所、すなわち圧痛部位がどこにあるかも大切です。

打撲したところはピンポイントに痛いに決まってますが、骨折の場合は膝蓋骨の少し広い範囲に圧痛があります。

また、打撲は皮下組織までの損傷ですから、打撲部位の皮膚から皮下脂肪をちょっと脇にずらして、骨を押すと痛い…というような圧痛点の探し方をしたりもします。

スポンサード リンク

膝蓋骨骨折を疑ったら早めに整形外科を受診

これらの症状で膝蓋骨を疑った場合には、早めの整形外科外来を受診しましょう。

歩けるけど、ちょっと怪しいなという時に診察時間が終わった夜間や土日だったときに、救急外来を受診するか迷うと思います。

 

もし骨折があったとすれば、固定せずに歩いたり膝を曲げたりしていると、ズレてなかった骨折がズレたりしてしまいかねません。

そういう意味では膝を徹底的に曲げずにい安静にして翌日の整形外科外来をすぐ受診するか、近隣の病院の救急外来に連絡して診察依頼するか、どちらかが必要です。

まとめ

今回は膝蓋骨骨折の基本を解説しつつ、疑うべき症状についてお伝えしました。

膝蓋骨骨折はズレればほぼ、手術が必要になる骨折ですから、疑って、早めに処置できるかどうかが重要になります。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。