膝蓋骨骨折の後遺症の原因と対処法を専門医が解説します

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は膝蓋骨骨折、つまり膝の前のお皿の骨折のあとの後遺症について解説いたします。

後遺症がないように治療できれば一番良くて、それを目指して我々医師も日々治療しておりますが、それでも一部、後遺症を残してしまう患者さんがおられます。

後遺症を残さないために何が必要なのか?起こしてしまったらどうすればいいのか?

というような、後遺症の原因と対処法について解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

膝蓋骨骨折の基本をおさらい

膝蓋骨とは膝のお皿の骨のこと

膝蓋骨(しつがいこつ)とは膝の前にあるお皿の骨のことですね。あまり意識したことない人ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、膝のお皿は膝の曲げ伸ばしで動きますので、触れてみてください。

膝蓋骨は膝を伸ばす筋肉の中継点

この膝蓋骨は膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋の一部と言ってもいい骨です。

分類で言うと、種子骨(しゅしこつ)と言って、足や手の親指にもある骨ですが、この種子骨というのは筋肉や腱が効率的に関節を動かせるように働く中継点としての意味があります。

太ももの前を走る大きな筋肉である大腿四頭筋のスジが膝蓋骨の上にくっつき、そして、膝蓋骨の下には膝蓋腱(しつがいけん)、もしくは膝蓋靱帯(しつがいじんたい)と呼ばれるスジがくっつき、このスジが脛骨(けいこつ)というスネにくっつきます。

この大腿四頭筋 – 膝蓋骨 – 膝蓋腱 – 脛骨という大腿四頭筋を中心とした連なりを膝伸展機構(ひざしんてんきこう)と言ったりします。

要は、膝を伸ばすシステムということですね。

つまり、膝蓋骨は膝を伸ばすという働きにおいて重要な役割を果たしているということです。

膝蓋骨のウラ側は軟骨で膝関節の一部を形成

また、膝蓋骨のウラ側は軟骨になっていて、大腿骨の軟骨と向かい合って、その上を滑るように動くことで膝の曲げ伸ばしの動きに対応しています。

この膝蓋骨と大腿骨からなる関節は膝関節の一部でありますが、特に膝蓋大腿関節(しつがいだいたいかんせつ)と呼んでいます。

膝蓋骨骨折は膝を直接打った時に折れやすい

膝蓋骨骨折の多くは、直接、膝蓋骨を強打した場合に起こります。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

膝の前にあって、皮膚からの距離も近いのが膝蓋骨ですので、直接ぶつけやすく、その衝撃も伝わりやすいので折れやすいと言えます。

膝蓋骨骨折はズレやすい

また、膝蓋骨は大腿四頭筋の縮む力が常に加わるので、骨折部分で引っ張られて、徐々に離れていきやすい。つまり、ズレやすい骨折と言えます。

膝蓋骨骨折の後遺症

膝蓋骨骨折の後遺症として代表的なものについて解説いたします。

お皿の痛み とくに階段の上り下り

まずシンプルにお皿、すなわち膝蓋骨部分の痛みです。

特に階段の上り下りのような動作で膝蓋骨の関節(膝蓋大腿関節)に負担がかかりますので、痛みが出やすいです。

このお皿の痛みの原因としては、もし、骨がくっついていない(偽関節)という状態であれば、当然痛みがあり得ますが、骨がくっついたとしても痛みが出ることがあります。

それについては後述いたします。

膝の可動域制限(カタい)

もう一つの後遺症としては膝がカタくなる。可動域制限です。

これも十分起こりうる後遺症です。

特に膝を深く曲げられないという後遺症は頻度が低くないので注意が必要です。

膝蓋骨骨折の後遺症の原因

これらの痛み、可動域制限という後遺症の原因としては、変形性関節症関節拘縮というものを挙げたいと思います。

膝蓋骨のウラ側の軟骨のすり減り:変形性関節症

膝蓋骨のウラ側は軟骨になっていると述べましたが、膝蓋骨骨折においてこの本来スムーズな軟骨面に段差ができてしまうと、膝を動かすたびに、軟骨をすり減らすことになってしまいます。

そして、軟骨がどんどん痛み、時に軟骨の奥の骨が露出してしまうような状態を変形性関節症と言います。

これは膝関節全体の変形性関節症ですが、膝蓋骨骨折の後遺症としては膝蓋骨のウラ側の軟骨面のすり減りが主です。

これは痛いです。特に歩いたり、階段の上り下りでの痛みが出ます。

関節の中、外の癒着(ゆちゃく):膝関節拘縮

膝蓋骨骨折の治療において、手術をしてもしなくても、ある程度の期間は膝を曲げられない安静状態、固定状態になります。

また、骨折によって膝の関節中や外に出血が起こり、損傷が起こり、それが癒着を引き起こすことがあります。

その結果、リハビリを頑張っても、膝が十分に曲げられない・・・

なんてことが起こりえます。

これを膝関節拘縮と呼んでいます。

膝蓋骨骨折の後遺症の対処法

これらの代表的な膝蓋骨骨折の後遺症への対処法について解説いたします。

膝蓋骨のウラ側の軟骨のすり減りの対処

軟骨面に段差ができてくっついてしまったモノは矯正が非常に難しいです。骨折の変形治癒(ズレてくっついてしまう)に対する矯正骨切りという手術法がありますが、膝蓋骨では通常やりません。僕はみたこともやったこともありません。

そして、段差ができてしまった結果、軟骨がすり減ってしまったとすれば、それも軟骨の再生医療がまだ研究段階であることを考えると、すり減り自体はどうしようもないというのが現状です。

スポンサード リンク

手術:人工関節

とすると、手術的に改善しようとした場合に現実的なのは人工関節に置換してしまうということです。

左が人工関節ですが、これは膝全体の置換術ですね。

通常、膝の人工関節は膝蓋骨だけでなく大腿骨も脛骨も、軟骨面は全部取り替えてしまう手術ですが、最近は悪いところだけ取り替えようということで、膝蓋骨と大腿骨の一部、向かい合うところだけを人工関節にする手術もでてきています。

リハビリ:大腿四頭筋筋力アップと柔軟性アップ

しかし、人工関節の手術にまで至るようなことはなかなかなく、リハビリなどでなんとか痛みを減らしていくということがほとんどの場合に行われます。

そのリハビリの目的は、

膝蓋骨と大腿骨が滑り動く、膝蓋大腿関節への負担の軽減です。

負担になるのは、

  • 膝蓋骨がグラグラ不安定に動くこと
  • 常に膝蓋骨に力が加わっていること

この2つがありますが、

それを改善するために

  • 不安定な膝蓋骨の安定化→大腿四頭筋を鍛える
  • 膝蓋骨に加わる定常的な力を減らす→大腿四頭筋を柔軟にする

ということが基本になります。

つまり、大腿四頭筋を鍛えて、かつ、柔らかくする

というのが基本コンセプトになるということですね。

 

大腿四頭筋のトレーニングはこちらもご参照ください。 膝蓋骨を押さえ込むような動きで鍛える、まさに安定化トレーニングです。

 

大腿四頭筋のストレッチはこちらもご参照ください。 

関節の中、外の癒着(ゆちゃく):膝関節拘縮

次に関節の中や外の癒着による膝関節拘縮が起こってしまった場合の対策です。

リハビリ:ひたすらにストレッチ、通院リハビリ

基本はひたすらにストレッチや通院してのリハビリテーションをつづけて、少しずつでも柔らかくするということですね。

癒着も程度によってはリハビリで少しずつ剥がれていきますから、拘縮の改善は十分期待できます。

 

まずやるべきは地道で、かつ多少の痛みを我慢しながらのリハビリです。

 

やはり、癒着が剥がれるときは痛いですから、通常のストレッチのように「痛くない程度」ではなく、「多少痛くても我慢して」というのが拘縮解除のリハビリの基本です。

手術:授動術(じゅどうじゅつ)

癒着してしまったのであれば剥がせばいい、カタくなってしまったのであれば部分的に切ってしまえばいい・・・

というとちょっと乱暴ですが、

リハビリでどうしても改善しない拘縮については、このようなシンプルな意味合いで手術をすることがあります。

最近では関節鏡を使って中を観察しながら癒着を剥がしていく手術も行われます。

arthroscope surgery

しかし、本格的な拘縮には膝蓋腱を切って、延長して・・・というような大がかりな手術が必要なこともあります。

まとめ

今回は膝蓋骨骨折の後遺症の原因と対処法ということで解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。