三果骨折の部位と読み方は?手術・リハビリから予後 まで解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

 

今日は足首の骨折の中でも、
典型的でかつ、重症型の足関節三果骨折について、
三果とはどの部位なのか?
読み方は?

なんていう基本項目から、

 

手術はしなくちゃいけないのか?
リハビリは?
結局スポーツできるようになる?
歩けるようになる?
という予後まで、

 

この記事を読めば一通り大丈夫!
というものを目指して書きますので、
おつきあいください。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日の記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

三果骨折とはどの部位?読み方は?

まず、三果骨折の読み方ですが、
そのままですが、
「さんかこっせつ」
です。特に捻りナシですね。

ではどこの部位の骨折なのでしょうか?

三果とはどこなのか?

三果・・・
3つの果・・・

果という感じから連想するのは、
まずは果物だと思いますが、

もう一つ、言葉として、
「果て」
という言葉がありますね。

「世界の果て」
というような使われ方ですね。

要は「終わり」「終着点」のようなイメージですね。
この意味で今回は使われます。
足首を構成する、
上側の骨

すなわち下腿(すね)の骨の
3つの果て

それが三果骨折の三果であり、
それは

  • 外果=そとくるぶし=腓骨の果て
  • 内果=うちくるぶし=脛骨の内側の果て
  • 後果=脛骨の後ろ側の果て

ということになります。
そとくるぶし、うちくるぶしは
なじみ深く、ご自身で触れる人がほとんどではないでしょうか。

それに対して、後ろ側は・・・
実はアキレス腱より深くにあって、
くるぶしというほど出っ張ってないので、
なじみはないと思います。
ただ、部位としてはそういうことです。
こちらの図もご参考にしてみてください。

足首 骨折

画像引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

足関節 骨折

画像引用元:ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

画像引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

三果骨折の原因は捻挫や脱臼と一緒

三果骨折の原因の多くは、
足首の捻挫と同じです。

つまり、足首が捻られてしまうということです。
その捻られ方が小さければ、
靱帯が一部切れる捻挫という状態になりますし、

捻られ方が大きければ、
骨が折れてしまいます。

 

足首が捻られるとはどうなることなのか?

足首の捻挫とは何がどう捻られるのか?
ということを深掘りしてみましょう。

足首の構造ですが、
足首を構成する下側の骨である距骨
という骨が、

上側の骨にはまり込んでいるわけです。
かなり、安定型の構造をしているわけですが、
それにもかかわらず、

無理な捻りの力が加わると、

距骨がはまり込んでいた安定した位置から、
許容範囲を超えて、はみ出します。

 

それがある程度の力であれば、
靱帯損傷、

それが急激に強い力であれば、
ダイレクトに骨を折ります。
そして、極端な例では、
足関節が脱臼します。

三果骨折は脱臼骨折とも呼ばれる

そのため、三果骨折は脱臼骨折と呼ばれることもあります。

ただ、脱臼は三果骨折以外でも起こりますので、
一概にイコールではありませんが。

 

脱臼するには、
ある一方向に外れますので、
三果も折れなくても十分脱臼します。

一般的にはまず外果から折れて、
他は靱帯損傷を伴うケースもありますし、

外果に加え、内果が折れるケース、
外果に加え、後果が折れるケース、
内果のみのケースなどなど

様々な折れ方があり、
そのうち三果とも折れてしまったわけですから、
重症型と言えますね。

三果骨折の症状も捻挫や脱臼を重症化したもの

三果骨折の症状ですが、
これは、重症型の骨折ですので、

ほとんどの方が
痛くて、歩けなくて、足首を動かせなくて、
救急外来を受診されます。
なので、これは三果骨折なのではないだろうか?
病院に行くべきなのだろうか?

と不安に思うレベルではないことがほとんどです。

たいてい、迷わず病院へGo!となります。
そして、当然、
脱臼具合によって、大きく変形したり、
腫れたり、
内出血をします。

その結果、皮膚に水疱(水ぶくれ)ができて、
手術の傷が治りにくくなる厄介な状態になります。
そのため、万が一、
病院に行こうか迷うような
足首の外傷で腫れを伴う場合は、
すぐに行ってくださいね。

三果骨折の治療はやはり手術がメイン

ここまで三果骨折の原因、症状

要は、足首がどうなっちゃったのか?
ということを解説いたしました。
足首が脱臼ないし、
亜脱臼のような状態になっていることがほとんどですから、

しっかりと元の位置に戻すことが必要です。
それにはほとんどの場合は
手術が必要になります。
それぞれの骨、
特に外果が重要ですが、

骨をしっかりと元の位置に戻して、
金属で固定することで
脱臼、変形をもとに戻します。
三果骨折で三果とも、
しっかりとした大きな骨片で、
ずれがあれば、
三果とも金属で止めなくてはいけません。

そのため、手術時間も少し長めになりますし、
傷も合計すれば大きくなり、
足首の手術の中では大変な手術の1つになります。

三果骨折のリハビリと予後は?歩けるようになる?

三果骨折ではほとんどが手術が必要と言いました。

そして、手術をすれば、
金属で骨を直接固定していますから、
ギプスのような外からの固定を長くする必要はありません。

ただ、骨折によっては、
金属による強固な固定ができないケースもあり、
その場合はギプスやシーネによる固定が
長くなります。
一般的には、1週間から2週間
足首の腫れが引く位をメドに
シーネによる固定をして、

 

その後は、積極的に動かします。

三果骨折後の足首のリハビリの第一優先は底背屈

足首を動かすと言っても、
足首をどう動かせばいいのでしょうか?

それには足首の動きを理解する必要があります。

足首とはまずつま先を上に上げる「背屈」
逆につま先を下に下げる「底屈」

という動きがあり、

さらに、下の踵骨という踵の骨との関係も含めて、
左右に捻る「回内」「回外」
さらに、足全体での左右への動きである、
「内転」「外転」
という動きがあります。
そして、三果骨折の原因となる、
足首の捻りは、

正確にはこれらの複合運動ですが、

特に「回内」「回外」や「内転」「外転」が大きくなります。
要は「横」に動かすのは、
三果骨折の原因となる動きに近いので、

いくら固定したからと言って、
少し不安なんですね。
それと同時に、
歩く、走るという動作において、

もっとも大きく、しっかり動かなくてはならないのは、

底屈、背屈なんですね。

歩くときも、走るときも、
つま先は上下に動きますよね。
ですから、まずは、
底屈と背屈からリハビリをスタートして、

足首 骨折

画像引用元:ビジュアル実践リハ-整形外科リハビリテーション 羊土社

 

レントゲンなどを見ながら、
骨が安定してきていると判断すれば、
横の動きも増やしていきます。

三果骨折の予後:きっちりスポーツ復帰を目指してもらいます!

こんな重症な三果骨折ですが、

どんなケースでもまずは、
スポーツ選手であればスポーツ復帰、

社会人で仕事をしている人であれば、仕事復帰、

ご高齢の方でも歩いている人であれば、歩けるように
そういった状態を最低条件として目指します。
そして、しっかりと手術をして、
リハビリを行っていただければ、

ほとんどの方がそのレベルに達します。
もちろん、骨折の形は千差万別で
そうもいかない人もいます。

残念ながら、合併症といって、
軟骨も一緒に損傷していたり、
手術後に細菌の感染を起こしたり、
神経損傷でしびれが残ってしまったり、
リハビリの過程で骨が再度ずれてしまったり・・・

という状態もあり得ます。

それらの可能性は非常に低いものではありますが、
ある一定の確率では起こってしまいます。

 

ただ、骨というのは、
いい位置に固定できれば良く治ることが多いです。

それは靱帯や軟骨よりも、
良く治ります。
そういう意味では、
派手で、大変な骨折ですが、
十分、いい予後を目指せるものだと言えます。
主治医のお話をよくきいて、
わからないことは積極的に質問しながら、
めざすゴールを描きながら治療していただければと思います。

スポンサード リンク

足関節 骨折

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。