足首脱臼骨折の全治までの道のりを専門医が解説します

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は足首の脱臼骨折という重症タイプの骨折に対して、どのように治療して全治までどういう道のりをどのくらいの期間で歩むのか? ということを解説いたします。

通常、脱臼骨折と言うと、関節が完全に外れた上に、骨折もあるというレントゲンを見た瞬間、目を覆いたくなる状態ですが、

足首の脱臼骨折はちょっと関節がズレている程度でも脱臼骨折と表現されることが多いので、言葉ほど重症ではない・・・ということも時々あります。

ただ、結局は少しでも関節がズレている時点でしっかりと治すために手術が必要なケースがほとんどですので、その治療の道のりは楽ではありません。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

足首の構造をおさらい

足首とはどこの関節か?

まず、ここでお話しする「足首」

厳密には、下腿の骨である脛骨、腓骨に
距骨がはまり込む
距腿関節があり、

さらに、その下の、
距骨と踵骨からなる距踵関節があり、

さらに前方、足先の方向には、
ショパール関節、リスフラン関節

複合的に関節があり、
足首は多方向に複雑に動くことができます。
ですが、ここではシンプル化するために、
距腿関節の骨折、その中でも頻度が多い
下腿の骨である脛骨、腓骨の骨折をターゲットとして
お伝えします。

足首 骨折

画像引用元:整形外科専門医になるための_下肢 羊土社

足首のくるぶしとは?

よく足首のくるぶしとはよく言いますね。

実際、正確にはどこを指すのかと言うと、

足関節の内果と外果を指します。

足関節 骨折

ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

内果脛骨というスネの骨が、
足首のところで内側に出っ張った部位で、

足首の内側の壁を作っています。

これを内くるぶしと言いますよね。

それに対して、外果外くるぶしと言って、
スネの骨でも外側に走る細い 腓骨という骨の
先端です。

足関節 骨折

引用元:ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

足首の外側の壁ですね。

 

さらに脛骨の後ろの部分も出っ張っているので

後くるぶしとはあまり言いませんが、
後果と呼ばれる部位もあります。 

足首 脱臼骨折の手術

足首の脱臼骨折は足首の関節が完全に脱臼してしまっているか、そこまでいかなくてもズレがある状態(亜脱臼)になっているわけですが、

その足首の関節が脱臼しないように頑張ってくれている主役が足首のくるぶしの骨です。

おさらいしたように外側がに外果、内側に内果、後ろに後果があります。

 

これらの骨がすべて、もしくは一部、骨折してしまって、足首の関節のおさまりが悪い状態が脱臼骨折の状態です。

足首 骨折

画像引用元:整形外科専門医になるための_下肢 羊土社

とすれば、足首のおさまりがいい状態にして、骨をくっつけることが治療になるわけですが、

そのためには、それぞれ折れてしまった「くるぶし」の骨をキレイに整復して固定すればいいことになります。

つまり、手術自体は折れた部分を整復固定するという通常の骨折の手術になります。

 

ただ、足首の関節にズレが生じるほどの骨折なので、整復するのも一苦労であることもあり得ますし、ちょっとした金属で固定しても、またズレてしまうというリスクがあります。

そのため、骨折部分を固定するインプラントもいくつか種類があって、

広範囲に複数のネジ(スクリュー)が入れられるプレートを骨に沿って当てたり、スクリューを1−2本で固定したり、K-wireと呼ばれる針金で固定したりします。

足首 骨折

引用元:整形外科専門医になるための_下肢 羊土社

足首 骨折

引用元:整形外科専門医になるための_下肢 羊土社

足首 骨折

引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

足首 骨折

引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

足首 脱臼骨折の術後リハビリのポイント

この足首の脱臼骨折の手術を受けた後はリハビリテーションをしていくことになります。

手術後はまず腫れや内出血を防ぐ意味でもシーネによる固定をします。これを1−2週間くらいしてから、動かしていくケースが多いと思います。

この固定をしているときのポイントはできるだけ足を高く挙げておくということです。そうすることで腫れや内出血をより防ぐことができます。

あとは足のゆびは動かせるはずなので、積極的に足のゆびの曲げ伸ばしをしましょう。これはむくみの予防になります。

スポンサード リンク

足首の可動域訓練 やわらかくしていく

固定を外せた後は少しずつ足首を動かしていきます。

まずは底屈(かかとを上げる、つま先立ちのような動き)背屈(つま先を上げる)という動きを中心に、カタくなった足首を柔らかくしていきます。

特に背屈がカタいと歩くときにつま先がつっかかって転びやすくなりますので、重点的に背屈ができるようにしていきます。

特に脱臼骨折の場合は内側、外側に捻る動きは負担が強いので、サポーターや装具などを使って、安全な動きだけをするようにサポートしていきます。

足首の骨折で使う装具が必要なときとその種類を専門医が解説

2017.05.03

体重をかけての歩行訓練

骨折部の安定性が得られたと判断されれば(だいたい術後4週以降くらい)、松葉杖などを使って徐々に体重をかけていきます。

段階的にかけていく体重を上げていくことがポイントです。

急に体重をかけ過ぎてしまうと、痛みが出てしまいかねませんので、最初は体重の1/3くらい、次に1/2くらい・・・と徐々に上げていく方法が一般的です。

足首 脱臼骨折の抜釘の時期や必要性は?

この足首の脱臼骨折の手術で使用したインプラントの金属ですが、抜くこともあれば抜かないこともあります。ちなみに抜くことを通称「抜釘(ばってい)」と呼んでいます。

実際の手術名としては「骨内異物除去術」と言います。

プレートやスクリューは抜かなくても、安定してそのまま骨と一体化してくれますので、そのままという選択肢もあります。しかし、針金はだんだん抜けてきたり、中で折れてしまったりということも起こりえますので原則抜きます。

スクリューやプレートも結局、皮膚から飛び出していたりして、気になるということで抜くことがありますし、他にも

  • インプラントの周囲に細菌が繁殖(化膿)してしまった状態
  • インプラントが神経に触れていて、しびれなどの症状がある時
  • インプラントのせいで痛みがあるとき
  • インプラントのせいで可動域が制限されていると考えられるとき

これらのときも抜く必要性があります。

 

抜く時期ですが、基本的には骨がしっかりくっついて、抜いても大丈夫!と太鼓判を押せる時期となります。それは大抵、手術後半年から1年以上経過したときとなります。

ただ、化膿してしまったときは骨のくっつきよりも化膿の治療を優先せざるを得ないこともあって、すぐに緊急で抜くこともあります。

また、インプラントがロッキングプレートというプレートとスクリューがきっちりロックするプレートの場合は抜釘が遅れるとスクリューがなかなか抜けないということが起こりえるので、多少早めに抜くということもあります。

足首の脱臼骨折の全治の考え方

足首の脱臼骨折の全治についてですが、

手術後、しっかりリハビリをして軽症なら3ヶ月くらい、重症なら6ヶ月くらいでスポーツなどの高い活動性のある状態への復帰を目指すのが一般的です。

脱臼骨折はそれ自体が相応の重症外傷ですから、この全治期間はある程度の目安でしかありません。リハビリの経過によっては全然長引くこともあり得ますし、多少早まることもあります。

足首の脱臼骨折の注意したい後遺症

この足首の脱臼骨折において特に注意したい後遺症を紹介します。

足首の拘縮(カタくなる)

ひとつは足首がカタくなってしまう、拘縮状態です。

これは足首がズレるほどの外傷ですので、関節周りの関節包や筋肉が結果的にかたくなります。その結果、動く幅も小さくなりがちです。

これにはケガのあとや手術のあとの腫れをできるだけ抑えることと、リハビリを適切(やり過ぎず、やらなすぎず・・・という絶妙なバランス)にやることで防いでいくことになります。

足首の変形性関節症(軟骨すり減り)

骨折によって足首の軟骨が傷んでしまったり、骨折のくっつきかたが多少ずれてくっついてしまうと、だんだんと軟骨がすり減った変形性関節症という状態になります。

これはなかなか防ぐのは難しく、重症化した場合は人工関節や関節固定という大変かつ、自分の関節を犠牲にする手術をしないといけないこともあります。

まとめ

今回は足首の脱臼骨折の治療の流れをおおすじでご理解いただけるような記事を心がけました。

それぞれの詳しい内容についてはこちらの記事もご参照ください。

スポンサード リンク

足首 骨折

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。