ピロン骨折とは?定義と治療のポイントを専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

足首はもともと負担がかかりやすく、それでいて不安定な関節ですから、骨折も起こりやすい部分です。その中でも特に重症な骨折になりやすいのがピロン骨折(Pilon骨折,脛骨天蓋骨折)と呼ばれる骨折です。

今回はこのピロン骨折について解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

足首の構造をおさらい

足首とはどこの関節か?

まず、ここでお話しする「足首」

厳密には、下腿の骨である脛骨、腓骨に
距骨がはまり込む
距腿関節があり、

さらに、その下の、
距骨と踵骨からなる距踵関節があり、

さらに前方、足先の方向には、
ショパール関節、リスフラン関節

複合的に関節があり、
足首は多方向に複雑に動くことができます。
ですが、ここではシンプル化するために、
距腿関節の骨折、その中でも頻度が多い
下腿の骨である脛骨、腓骨の骨折をターゲットとして
お伝えします。

足首 骨折

画像引用元:整形外科専門医になるための_下肢 羊土社

足首のくるぶしとは?

よく足首のくるぶしとはよく言いますね。

実際、正確にはどこを指すのかと言うと、

足関節の内果と外果を指します。

足関節 骨折

ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

内果脛骨というスネの骨が、
足首のところで内側に出っ張った部位で、

足首の内側の壁を作っています。

これを内くるぶしと言いますよね。

それに対して、外果外くるぶしと言って、
スネの骨でも外側に走る細い 腓骨という骨の
先端です。

足関節 骨折

引用元:ビジュアル基本手技_カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫_羊土社

足首の外側の壁ですね。

さらに脛骨の後ろの部分も出っ張っているので

後くるぶしとはあまり言いませんが、
後果と呼ばれる部位もあります。 

ピロン骨折とは?定義は?

こちらの動画でも解説しておりますが、ピロン骨折は脛骨天蓋骨折とも言うように、足首を構成する主要な骨である脛骨の中でも足首の天(上)の蓋のような位置の骨折です。

ここですね。

ピロン骨折がやっかいな理由

このピロン骨折が特にやっかいで、重症な骨折になりやすい理由としては、脛骨天蓋部が体重がダイレクトかかるところで、かつ関節内骨折であるということです。

画像引用元:下肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング (OS NOW Instruction-整形外科手術の新標準) 第一版 メジカルビュー社

画像引用元:下肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング (OS NOW Instruction-整形外科手術の新標準) 第一版 メジカルビュー社

関節内骨折というのは、関節を構成する軟骨まで及ぶ骨折ということです。軟骨はもちろん、スムーズである必要があります。それがほんの3mmでもズレや段差があると、痛みや将来的な軟骨のすり減りの原因になります。

そんなシビアな治療が必要であるにも関わらず、体重がダイレクトにかかる部位でもありますから、なかなか体重をかけて歩き出すという段階には慎重にならざるを得ません。

それゆえ、スポーツ復帰・社会復帰などにも時間がかかってしまします。

スポンサード リンク

ピロン骨折の分類 重症度合いを判断する

このピロン骨折は重症になりやすいと説明しましたが、その重症度をある程度把握するためにも分類があります。

Rüedi分類では3つに分かれています。

画像引用元:下肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング (OS NOW Instruction-整形外科手術の新標準) 第一版 メジカルビュー社

  • type1:関節面にズレがないもの
  • type2:関節面にズレがあるものの、粉々ではないこと
  • type3:関節面が粉々であること

これはもちろん、type3が一番重症です。

ピロン骨折の治療ポイント

このピロン骨折の治療のポイントは、やはり、関節面のズレをできる限り小さくして骨をくっつけることです。

そう考えるとズレがほとんどなければギプスなどで固定して、松葉杖で体重をかけないようにして骨がくっつくのを待つこともあります。(Rüedi分類 type1)

ただ、大抵は多少ズレていることが多いので(Rüedi分類 type2以上)、手術をすることになります。

手術治療のポイント

手術では特に関節面を重視してズレを戻して、その状態で金属インプラントを使って固定します。主にはプレートと呼ばれるスクリューをたくさん打てる穴あきの板を骨に沿って当てて固定します。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

もしくは粉砕が強い場合(Rüedi分類 type3など)では直接固定することができないこともありますし、また皮膚や皮下脂肪などがものすごく腫れていて、傷をさらに作っての手術が危険と判断された場合には、創外固定という皮膚の外に金属を出して骨を固定する方法をとることもあります。

画像引用元:運動器外傷治療学第一版 医学書院

リハビリテーションのポイント

リハビリテーションにおいては、まず関節面のズレがなく骨がくっつくことを最優先に、

しかし、足首の可動域や筋力もできるだけ落とさないということを考えます。

 

一般的には足首を動かすという、可動域訓練から開始し、その後、かなり骨がくっついてから体重をかけた歩行訓練を行います。

こちらの記事もご参照ください。

足首骨折後のリハビリを3ステップで解説

2016.09.20

これはレントゲンを見ながら骨のくっつき具合によって時期を決めます。また、手術をした場合はいかに金属インプラントで強く固定できてるかという手術中の感触も重要視して、動かす時期や体重をかける時期を決めています。

まとめ

ピロン骨折とは?という定義から、治療のポイントまで解説いたしました。

重症だからと言って、落ち込む必要はなく、重症度に応じて適した治療方法を整形外科医は選択していきますので、主治医にも疑問、心配をぶつけながら、一緒に治療していただければと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。