骨盤骨折の症状は? 専門医が基礎知識とともにわかりやすく解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

骨盤骨折とひとくちに言っても、骨盤は複数の骨からなり、 どの骨がどのくらい折れたかによっても症状が全然異なりますし、 骨以外の損傷の程度で症状が変わってきます。

そのため骨盤骨折の基本をおさえつつ、起こりうる症状とその症状ではどんなことに注意して、どんな問題が起こりやすいのか?ということを解説していきたいと思います。

この記事をあなたやあなたの周りの人が骨盤骨折を起こしてしまった場合の書状チェックに活用してみてください。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

骨盤骨折をおさらい

骨盤を構成する骨と役割

まず骨盤を構成する骨とその役割をおさえていきましょう。

大きな腰骨を形成する腸骨

まず腸骨(ちょうこつ)です。

これはいわゆる「腰骨(こしぼね)」として認識されているかもしれません。

身体の一番外側に出っ張っている骨盤の骨ですね。 骨盤の骨の中でも最大で、外側から後ろ側を占める骨と考えてください。

お尻の真ん中を形成する仙骨・尾骨

後ろ側の骨ということで言うと、真後ろ、つまり、お尻の真ん中を形成するのが仙骨(せんこつ)とその下に連なる尾骨(びこつ)です。

この仙骨、尾骨はいわゆる背骨の一つでもあります。仙骨の上には第5腰椎が連結しています。

また、この仙骨の両脇にはさきほどの腸骨があり、仙腸関節(せんちょうかんせつ)を形成しています。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

お尻の下の坐骨

次に下の方ですが、姿勢良く座ったときに座面に当たるのが坐骨(ざこつ)

骨盤の一番下と考えるといいでしょう。

一番前、真ん中よりの恥骨

次に一番前側にある恥骨(ちこつ)です。 恥骨は右と左を恥骨結合という部分で線維性に結合しています。

股関節を形成する臼蓋

また腸骨の一部ですが、重要なパートとして、 股関節の受け皿側である臼蓋(きゅうがい)があります。

もしくは寛骨臼(かんこつきゅう)と呼んだりします。

骨盤の骨折は大きく前方成分と後方成分でわける

これらの骨の名前で骨折名も呼ばれます。

恥骨骨折、坐骨骨折、恥坐骨骨折、腸骨骨折、仙骨骨折などなど

しかし、もっと大雑把に言うと 前方成分の骨折と後方成分の骨折、そして両方にまたがる骨折という分け方で重症度や治療法を考えたりもします。

前方成分:恥骨・坐骨

前方成分は恥骨と坐骨からなります。

前方部分だけの骨折は骨盤骨折の中では比較的軽症で、手術も長期の安静も必要じゃないケースが多いです。

後方成分:腸骨・仙骨

後方部分は腸骨と仙骨であり、この後方部分の骨折でズレが大きい場合は、大抵前方部分も折れたり、恥骨結合が損傷していたりします。

そのため、前方成分だけの骨折よりも重症であることが多いです。

重要な臼蓋

重要な股関節を形成する部分に骨折が及んでいると厄介です。

関節のスムーズな動きのためには骨がズレてしまってはいけないわけです。そのためミリ単位でズレを治すことを求められます。

骨盤骨折の症状まとめ

この骨盤骨折で起こりうる症状をまとめていきます。

骨盤骨折部分の痛み

まず当然ながら骨折部分の痛みです。

シンプルに下腹部の痛みであれば、恥骨骨折が疑わしいですし、お尻の下であれば坐骨骨折、腰骨あたりなら腸骨骨折、お尻の真ん中であれば仙骨骨折というものを疑います。

ここでわれわれは圧痛や骨盤全体を圧迫したときの痛みをみます。

それぞれの骨を押したときの圧痛があれば、その骨の骨折が疑わしいですし、骨以外の圧痛があれば、膀胱などの骨盤内臓器の損傷や筋肉の損傷などの合併を疑います。

また、骨盤全体を圧迫しての痛みは骨盤骨折が不安定である重症型の骨折の可能性を疑います。

歩行困難、体重がかけられない

骨盤骨折の場合はほとんどの場合は最初は歩けません。体重をかけるのが困難なはずです。

特に体重がかかる臼蓋部分や腸骨、仙骨の骨折では骨が安定するまでは無理ですね。

 

それに対して、恥骨や坐骨は股関節よりも内側、下側にあるので体重をかけてもそこまで負担がかからないので、時間が少し経てば歩けるようになります。

血尿

骨盤の中には膀胱や尿管などの臓器、女性であれば子宮などもあり、重要な場所です。

膀胱や尿管、尿道の損傷があれば尿に血が混じる血尿になります。これはCTなどで臓器損傷がないかしっかりチェックする必要があります。

スポンサード リンク

骨盤の変形

骨盤骨折もズレが大きい場合は変形します。

変形するくらいの重症骨折は骨折部分が動く不安定なものなので、痛みもスゴいですし、さらに不安定なままだと大量出血や内臓損傷のリスクがつきまといます。

そのため、緊急で不安定な骨折部分を安定化させる処置を行います。

それは骨盤を締めつけるラッピング(シーツや専用バンドなどを使用)緊急手術での創外固定になります。

x-ray image of fracture pubic symphysis with external fixation

特に注意すべき骨盤骨折の大量出血

特に命に関わりかねないのが骨盤骨折時の大量出血です。

骨盤の骨は巨大ですから折れると骨折部分からの出血がスゴいですし、その周囲の筋肉などの軟部組織からも出血し、さらには重要な血管損傷があるケースもあります。

1−2リットルの出血なんてザラで、もっと出血して、病院の輸血を使い果たしてしまうくらいの重症な骨盤骨折もあります。

大量出血の結果起こるのは「ショック」

大量出血の結果、血圧が一気に下がり、それを補おうと脈拍が早まるという変化が起こります。血圧が大きく下がると意識も失います。

これを出血性ショックと言います。

この状態では血液を全身に行き届かせることができないので、様々な内臓の障害が起こって、命に関わります。

ですから、その状態を大量の点滴や輸血で改善しながら、出血を抑えていく必要があります。

まとめ

今回は骨盤骨折の基本と症状についてできるだけシンプルにわかりやすくまとめたつもりです。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。