肘の骨折のリハビリ方法 伸びない!曲がらない!を専門医が解決

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

肘の骨折は骨折の中でも結構厄介な骨折で、特にリハビリテーションがなかなか順調にいかないことが多い骨折です。

間違ったリハビリをしてしまうと、逆に肘がカタくなってしまって、余計に曲がらなくなったり、伸びなくなったり、痛みが増したりしてしまいますので、大切なポイントを押さえながら、かつ、同じ曲げる、伸ばすでも様々なバリエーションで刺激を加えながらやっていくことがオススメです。

ということで、肘の骨折のリハビリの大切なポイントと曲がらない、伸びないという時のオススメリハビリ方法を複数お届けします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

肘の骨折の基本をまず復習

まず肘の骨折の基本について
復習いたしましょう。

こちらの記事で詳しく解説しておりますので、
ご参照ください。

肘の骨折の症状をていねいに専門医が解説

2016.11.04

肘の骨は3つ!

まず基本中の基本ですが、
肘の骨は3つです。

上腕骨という
肘から肩にかけての骨と

前腕の骨、つまり肘から手首までの
橈骨
尺骨です。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

肘の骨の近くには手を支配する3つの神経が走る

  • 正中神経
  • 尺骨神経
  • 橈骨神経

が肘の骨の周りを走っている

ということです。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

肘の骨にはたくさんの筋肉が付着する

もう一つの特徴としては、
筋肉の付着部が多いと言えます。

例えば、肘頭は
肘を伸ばす上腕三頭筋が付着しています。

そういった付着部がたくさんあるため
剥離骨折の好発部位でもあります。

肘の剥離骨折については
こちらの記事をごらんください。

肘の剥離骨折とは?これを読めばまるごと理解 専門医解説

2016.10.24

肘関節は安定した関節

肘関節はもともと
曲げて、伸ばして

という動きしかないと言ってもいいくらいに
動きのバリエーション、方向は少ないです。

そのため、
多方向に動く肩などと比べると、
非常に脱臼しにくい安定した関節と言えます。

肘の骨折の主な3つの種類

肘の骨折としては、
3つの骨、それぞれで起こりえます。

上腕骨遠位端骨折

まず上腕骨ですが、
肘側を遠位端とひとくくりで言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折ということになります。

ただ、実際は
上腕骨の肘部分は

内側上顆、外側上顆、
小頭、滑車

などと呼ばれるパートにわかれていて、

それぞれの部位の骨折が起こりえますし、
部位によって細かく治療法が変わります。

ここでは大まかな内容を
つかんでいただければと思いますので、

上腕骨の遠位、つまり肘の方は、
かなり複雑な構造をしている

それをひとくくりに言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折という

ということだけご理解いただければと思います。

橈骨頭骨折

橈骨の場合は
橈骨頭骨折か、
その少し根本よりである
橈骨頚部骨折

ということになります。

肘頭骨折

尺骨については肘頭骨折が
典型的な骨折として
頻度が高いですが、

他にも肘の前方側の突起である
鉤状突起骨折などもあります。

肘頭骨折についてはこちらをご参照ください。

肘頭骨折の基本からリハビリまで専門医解説

2016.11.04

肘の骨折のリハビリテーションの開始時期はさまざま

肘の骨折後にリハビリテーションとして肘関節を動かしていく時期はさまざまです。

骨折の部位や手術のありなし、手術による骨折部の固定性などによってかわってきますが、要は骨折部が肘を動かしても大丈夫だろうと判断したときから肘を動かすリハビリが始まります。

手術をしてしっかり固定した場合は、手術をした直後から動かし出すこともありますし、逆に手術をしない場合は最初はシーネやギプスで固定していますから、それが外せる時期からのリハビリになります。

 

肘の場合はギプスなどの固定が3–4週以上になると、かなりの確率で拘縮になります。つまり、曲がらない、伸びないという状態です。

しかし、骨がくっついていない段階ではギプスを外せば骨折がズレてしまうので、肘の骨折の保存治療(手術をしない治療)は難しいです。

ただ、子どもの場合は拘縮が起こりにくく、かつ、骨がくっつくのも早いので手術をせずに治せることも多いです。

肘の骨折のリハビリテーション開始時の注意点

この肘の骨折後のリハビリテーションを開始するときは、「もう絶対大丈夫!」という段階で開始するわけではないということが注意点です。

「もう絶対大丈夫!」という段階までリハビリ開始を待てば、肘が拘縮してしまうので、「かなりの確率で大丈夫だが、少しずつ慎重にやろう」という段階でリハビリを開始するのが一般的です。

ですから、リハビリ開始後は少しずつ痛みに応じて動かせる範囲を拡げていくイメージでやったほうがいいです。特に最初は、想像以上に肘が曲がらない、伸びないという状態かもしれませんが、そこで焦らないことも大切です。

肘の骨折後のリハビリは無理やりは行わない

肘の骨折後のリハビリ全般で注意したい大切なことは

無理やり曲げ伸ばしをしないということです。

リハビリではカタくなった関節を動かせるようにやわらかくしていくわけですから、多少は無理に痛みを伴いながらやるわけですが、

肘の場合は特に愛護的にやるべきと言われています。

スポンサード リンク

無理矢理やると骨化性筋炎になりうる

肘のリハビリを無理矢理やってしまうと、カタくなった筋肉から出血するなどして、筋肉が一部骨化してしまう骨化性筋炎なってしまうことあります。

 

となると痛みを伴いますし、余計に関節はカタくなります。

いかに筋肉の緊張を落としながらやるか?

肘を曲げるときは肘を伸ばす筋肉である上腕三頭筋や肘筋がストレッチされます。

逆に、肘を伸ばすときは肘を曲げる筋肉である上腕二頭筋や上腕筋がストレッチされます。

このストレッチされる筋肉が緊張していると、当然、肘は曲がらないし伸びないわけですから、いかに緊張を落としながらリハビリを行うかというのも重要になります。

そこで肘の場合に特に重視されるのは、

自動運動リハビリです。

これは理学療法士、作業療法士、いわゆるリハビリ士に動かされるということではなく、自分の筋肉を使って、自分の力で肘関節を動かしていくリハビリです。

そうすることで、自分の想定を越えた、無理矢理の力は加えられませんし、また、自分の筋肉を使うことで、逆にストレッチされる筋肉の緊張は自然と落ちていきます(相反神経抑制)。

ただ、それだけだと、なかなか怖がって動かせない人も多いので、自動運動リハビリにリハビリ士が少しずつ力を加えるという、自動運動+アシストというリハビリもよく行われます。

 

このときも自分で曲げる、自分で伸ばすという力を緩めることなくリハビリをする必要があります。そうしないと、アシストしてくれている動きに逆に抵抗して、ストレッチされるべき筋肉が緊張してしまいます。

肘の骨折後に曲がらないときの曲げるリハビリ

それでは肘の骨折後に曲がらないときのリハビリの動画をいくつか、バリエーションを豊富にご紹介します。ここまで解説したことを踏まえつつ、やりやすいものを複数やってみるのをオススメします。

 

まずは基本の肘を固定して逆の手でアシストしながら曲げていくエクササイズです。

 

曲がるところまで自動運動のみで曲げて、その力は入れたまま、逆の手でアシストしてもう一歩曲げるという訓練です。手の平の向きを変えて(回内と回外)2種類やっています。

肘の骨折後に伸びないときの伸ばすリハビリ

つぎに肘の骨折後に伸びないときのリハビリの動画をいくつか、バリエーションを豊富にご紹介します。ここまで解説したことを踏まえつつ、やりやすいものを複数やってみるのをオススメします。

カベに肘を固定して伸ばしていくというのもやりやすい基本です。後半のチューブを巻き付けて、足で踏むエクササイズは強くやり過ぎると無理矢理に近づいてしまいますが、肘を伸ばすエクササイズにおいては無理矢理伸ばすというよりは、腕全体を引っ張りつつ、腕全体をリラックスするという方法もオススメですので、そういう意味合いで腕を下ろして下に引っ張るということは効果が期待できます。

 

こちらは曲げ伸ばし両方に対する立体的な刺激です。

リラックスした自動運動ということで効果が期待できます。どうしても肘が動かないので肩甲骨を動かしたり体幹を動かしてしまうので、そこは固定して動かないように意識します。

まとめ

今回は肘の骨折後に曲がらない、伸びないなどのときのリハビリを方法をお伝えいたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。