肘の骨折を疑う症状と注意すべき症状を専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肘の骨折についてですが、特にこれは「折れているのか?」と心配なときに、より積極的に肘の骨折を疑う症状についてお伝えし、

さらに、肘の骨折と診断されても、同時に注意しないといけない症状がありますので、それについても解説します。

肘の骨折は意外と放置してしまうこともありますし、また、骨折の程度によっては重大な後遺症を残しかねない注意すべき症状がありますから、しっかり理解しておきたいですね。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肘の骨折の基本をまず復習

まず肘の骨折の基本について
復習いたしましょう。

こちらの記事で詳しく解説しておりますので、
ご参照ください。

肘の骨折の症状をていねいに専門医が解説

2016.11.04

肘の骨は3つ!

まず基本中の基本ですが、
肘の骨は3つです。

上腕骨という
肘から肩にかけての骨と

前腕の骨、つまり肘から手首までの
橈骨
尺骨です。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

肘の骨の近くには手を支配する3つの神経が走る

  • 正中神経
  • 尺骨神経
  • 橈骨神経

が肘の骨の周りを走っている

ということです。

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

引用元:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総__運動器系_第2版 医学書院

肘の骨にはたくさんの筋肉が付着する

もう一つの特徴としては、
筋肉の付着部が多いと言えます。

例えば、肘頭は
肘を伸ばす上腕三頭筋が付着しています。

そういった付着部がたくさんあるため
剥離骨折の好発部位でもあります。

肘の剥離骨折については
こちらの記事をごらんください。

肘の剥離骨折とは?これを読めばまるごと理解 専門医解説

2016.10.24

肘関節は安定した関節

肘関節はもともと
曲げて、伸ばして

という動きしかないと言ってもいいくらいに
動きのバリエーション、方向は少ないです。

そのため、
多方向に動く肩などと比べると、
非常に脱臼しにくい安定した関節と言えます。

肘の骨折の主な3つの種類

肘の骨折としては、
3つの骨、それぞれで起こりえます。

上腕骨遠位端骨折

まず上腕骨ですが、
肘側を遠位端とひとくくりで言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折ということになります。

 

ただ、実際は
上腕骨の肘部分は

内側上顆、外側上顆、
小頭、滑車

などと呼ばれるパートにわかれていて、

それぞれの部位の骨折が起こりえますし、
部位によって細かく治療法が変わります。

ここでは大まかな内容を
つかんでいただければと思いますので、

上腕骨の遠位、つまり肘の方は、
かなり複雑な構造をしている

それをひとくくりに言ってしまえば、

上腕骨遠位端骨折という

ということだけご理解いただければと思います。

橈骨頭骨折

橈骨の場合は
橈骨頭骨折か、
その少し根本よりである
橈骨頚部骨折

ということになります。

肘頭骨折

尺骨については肘頭骨折が
典型的な骨折として
頻度が高いですが、

他にも肘の前方側の突起である
鉤状突起骨折などもあります。

肘頭骨折についてはこちらをご参照ください。

肘頭骨折の基本からリハビリまで専門医解説

2016.11.04

肘の骨折を疑う症状

まず肘の骨折を疑う症状についてです。

肘の腫れ・内出血

当然、肘を骨折すれば、骨折部分から出血し、炎症が起こりますので、

腫れと内出血が起こってきます。

 

重症の骨折であればこれはわかりやすいくらいに顕著ですが、ズレがない骨折であれば、ごく軽度であることもあります。

肘はぶつけていないのに肘が痛い・腫れている

肘をぶつけて、肘が痛い、腫れているというのは、打撲だけでも起こりうる症状です。

しかし、肘はぶつけていないのに(例えば手をついたなど)肘が痛い、腫れているというときは、骨を伝って肘関節に負荷がかかっての痛みの可能性が高いので、骨折がより疑われます。

折れやすい骨の圧痛

次に判別ポイントの1つ、「圧痛」です。

つまり、折れやすい骨の部分を押すと痛いということがあれば、その骨の骨折が疑われるということです。

肘頭

1つ目は肘頭です。

これは肘の頭と書くだけあって、そのイメージ通りの場所です。 ここですね。

尺骨の一部で上腕三頭筋がついていることと肘関節の受け皿部分の軟骨がある重要な場所です。手術になることが多いです。

スポンサード リンク

橈骨頭

橈骨頭(とうこつとう)というのは橈骨という骨の肘よりの先端です。

この赤い矢印で指している部分です。

細くて、ちょっとしたことでもヒビが入りやすく、わかりにくい骨折の1つです。

上腕骨顆上部(内側上顆・外側上顆)

上腕骨には内側と外側に出っ張りがあります。 足首のくるぶしみたいな感じですね。

出っ張っているだけで折れやすいわけですが、さらに筋肉や靭帯がくっついていますので、折れやすい場所です。

この画像で言うと、

  • 内側上顆:MEDIAL EPICONDYLE
  • 外側上顆:LATERAL EPICONDYLE

ですね。

痛みで肘を動かせない

骨折している場合はたいていは痛みで肘を動かせません。それも当然と言えば当然ですね。

肘の骨折で注意しないといけない症状

肘の骨折とわかった場合には主治医とよく治療について相談していただきたいわけですが、その治療の過程で注意しないといけない症状があります。

それは主に神経と血管の問題です。

手や指先のしびれ

まず手や指先のしびれです。

肘周りには正中神経、尺骨神経、橈骨神経という大切な指を動かし、その感覚を司る神経が走っています。骨折の腫れや骨折のズレの影響で神経を傷めてしまうことが時にあります。

その最初の症状はしびれであることが多いです。

しびれがある場合は医師に報告しましょう。

手指や手首の動かしにくさ

しびれだけならまだ神経損傷は軽症の可能性もありますが、指や手首が動かせないという完全な麻痺が起こることもあります。

これは重症です。

麻痺を起こす神経によって動かせない動きが異なります。

手首を反らすことができない橈骨神経や親指側の指を曲げられない正中神経、小指側の指を曲げられない、指を開いたり閉じたりできない尺骨神経

ちょっと大雑把ですが、そんな感じで神経の働きが異なって、 実際はもっと細かく動きをみないと診断できない神経障害もありますので、よく主治医に診察してもらいましょう。

また、ここまでの神経麻痺ではないにしろ、指や手首を動かすと痛いというのは次に述べるような腫れが強いサインかもしれません。

強い腫れ + 包帯やギプス

手術をしてもしなくても、最初はシーネという副木と包帯であったり、ギプスであったりで外から固定します。

girl with a broken arm

これがあまりにユルユルで巻かれてしまうと、結局中で肘が動いてしまって、骨折部分がズレてしまうわけですが、

逆にきつく、ぎゅーぎゅーに巻いてしまうと、

肘周りの神経を圧迫して、先ほど述べたような神経障害を疑うしびれや麻痺が起こってしまいます。

さらには骨折後、だんだん腫れが強まっていくことが多いので、ギプスの中で筋肉がギューギューになって、腫れの逃げ場がなくなってしまうと、血管が締め付けられて、筋肉をはじめとする組織に血が巡らなくなってしまいます。

その結果、「壊死」という怖い状態になってしまいます。

これは筋肉が働きを失って、カタくなって、指や手首が動かなくなってしまうという状態です。

これは厳密には筋肉の区画(コンパートメント)の圧が高まりすぎたせいで起こるので「コンパートメント症候群」と呼ばれます。 そして、その結果、手や指が動かなくなってしまうのを「フォルクマン拘縮」と呼ばれます。

まとめ

今回は肘の骨折を疑うべき症状について解説し、さらに骨折の治療過程で注意すべき症状についてもお伝えいたしました。

参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。