バートン骨折とは?基本からリハビリと治療について専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

「バートン骨折!?」 手首の骨折だと思ったら横文字がでてきた!? ということがあるかもしれません。

手首の骨折で最も多い「橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)」には

  • コーレス骨折(Colles骨折)
  • スミス骨折(Smith骨折)
  • ショーファー骨折(Chauffeur骨折)
  • バートン骨折(Barton骨折)

など、いろいろな名前がつく骨折があります。折れ方の分類や俗称のようなものですね。

その中で今回はバートン骨折とは?という基本から、リハビリも含めた治療についても解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

手首の骨折で最多:橈骨遠位端骨折とは?

まず手首の骨折において
最も頻度が高い、
橈骨遠位端骨折についてカンタンに解説いたします。

バートン骨折も橈骨遠位端骨折の1つです。

橈骨(とうこつ)とは
前腕を構成する2本の骨のうち、
親指側の骨であり、

手首側で太くなって、
手首の関節の主役の骨です。

cfc4aa4cec3d4ba3cad4ce638c4cd257-300x295

その橈骨の「遠位端」ですが、

遠位と近位という言葉は医学において
よく使われます。

心臓(身体の中枢)に近い方を近位
遠い方を遠位

すなわち、遠位は手の指に近い方になるわけですね。

そのため、肘から手首までの前腕の骨である
橈骨においては、
遠位端というのは手首を表します。

長々と説明いたしましたが、
要は、橈骨の手首側の骨折

それが橈骨遠位端骨折となります。

バートン骨折とは?

バートン骨折というのは厳密には

  • 掌側バートン骨折
  • 背側バートン骨折

にわかれ、

関節の中の軟骨まで骨折が及び、かつ、その骨片が掌側ないし、背側にずれている骨折です。結果として部分的には脱臼している脱臼骨折と言えます。

本質的に一番大切なのはバートン骨折とは関節内骨折であるということです。

つまり、関節の軟骨まで折れちゃっているという状態ですね。

手首の関節内骨折はやっかい

この手首の関節内骨折は関節外骨折に比べてやっかいです。

関節の軟骨はツルッとスムーズな構造をしているからこそ、なめらかに手首が動いてくれるわけですから、骨折によってズレてしまって、その状態でくっついてしまえば、関節の動きはなめらかにいきません。 結果的に痛みが残ったり、将来的に軟骨のすり減りが起こったりします。

また、関節の中は血の巡りが悪いので骨のくっつきに時間がかかるという不利な条件もあります。

バートン骨折の特徴的症状

このバートン骨折の特徴的症状についてですが、

実際のところ、一般的な橈骨遠位端骨折の関節外骨折と大きな違いはありません。

同じくらいのずれ具合だとすれば、関節外骨折の方が血の巡りがいい骨の骨折で骨折面が広いので腫れや内出血が多い傾向があり、 逆にバートン骨折は関節は明らかに変形しているが腫れや内出血が関節外骨折に比べれば少なめです。

と言っても、通常、しっかり腫れて内出血しています。

それに対して関節外骨折以上に、手首の関節を動かすのは痛みが強くてできません。関節に骨折が及んでいるから当然ですね。

スポンサード リンク

バートン骨折の治療は?

次にバートン骨折の治療についてです。

手術が必要になることが多い

バートン骨折をはじめ、関節内骨折は手術が必要になることが多いです。それは関節内骨折はやっかいと説明したような特徴があり、

ちょっとしたズレでも後遺症のリスクがあるからです。

一般的に関節面に2mmのズレがあれば手術した方がいいと言われています。 たった2mmですからシビアですよね。

引用画像:上肢の骨折・脱臼-手技のコツトラブルシューティング-(OS-NOW-Instruction)メジカルビュー社

 

慎重な経過観察が必要

そんなシビアなバートン骨折ですから、手術をしてもしなくても、骨がくっつくまではしっかりとレントゲンで定期チェックをする必要があります。

リハビリをしていくうちに骨折がズレてきてしまう場合や、その前の段階で固定をして動かさないようにしていても、まったく動かさないというのは不可能なので少しずつズレてしまうことがあります。

バートン骨折のリハビリは?

このバートン骨折のリハビリテーションは特に重要です。

関節の中にまで骨折が及んでいるということは、関節の中の構造物である、軟骨、靭帯、関節包という膜などにも損傷が及んでいる可能性があり、その結果、癒着が起こって、手首がカタくなってしまう(拘縮状態)ことがあります。

そのため、早期から関節を動かすリハビリテーションを行いたいわけですが、しかし、それをすれば、ちょっとのズレも嫌な関節内骨折がズレてしまうリスクが高まるという困った状態になります。

やっかいですね。

そこで、一般的には手術で多少動かしてもビクともしないくらいにしっかりと固定して、早めからリハビリをするというのが基本的な治療になっています。

ただ、ほぼ0mmのズレがない骨折に対しても手術をするのか?という問題もあれば、ズレも大きく粉砕も強い骨折は手術してもすぐに動かせるくらいの固定性は得られないという問題もあり、基本通りの治療とはいかないことは多々あります。

まとめ

バートン骨折について、その基礎から治療、リハビリの考え方について解説いたしました。ポイントは「関節内骨折は厄介である」ということですね。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。