コーレス骨折のリハビリのポイントを専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

コーレス骨折とは橈骨遠位端骨折の中で最も多い形の骨折です。 橈骨遠位端骨折にはコーレス骨折の他にもスミス骨折、バートン骨折などいくつか横文字がありますが、このコーレス骨折は手首が手の甲側(手背側)にずれてしまう骨折です。

このコーレス骨折のリハビリテーションのポイントから防ぎたい後遺症まで専門医の視点からわかりやすく解説しますのでおつきあいください。

そもそも「橈骨遠位端骨折って?コーレス骨折って?」 という段階の人もいらっしゃると思いますので、後半のおさらいコーナーから先にご覧いただくのもオススメです。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

コーレス骨折のリハビリテーションのポイント

コーレス骨折のリハビリテーションのポイントを考える上で大切なのは、なぜリハビリテーションを行うのか?ということです。

それは究極的には

手首や手指の機能(はたらき)を元通りにすること

ということです。

 

ケガする前に戻すということが1つの究極的な目標です。

ケガする前と同じ100%というのはなかなか厳しいモノがあるのは事実ですし、逆にケガする前と同じでいいのか?という意見もあります。

僕が診療以外でコーチング、情報発信としてやっているのは、むしろ、ケガを機に、ケガする前よりも「いい状態」を作るお手伝いですので、ちょっと違いますが、一般論としては、

ケガする前に戻すというのが1つの目標になります。

リハビリテーションで改善が見込めるモノと注意点

このリハビリテーションによって改善が見込めることをリストアップしてみます。

可動域(やわらかさ)

一番ダイレクトに改善を目指す、見込めるのは、可動域です。

手術をしてもしなくても、骨折後に手首の関節は間違いなくカタくなっています。つまり、可動域は小さくなっています。

リハビリのやり始めはほとんど動かない人もいるくらいです。

 

そこから骨が安定していると判断すれば、手首を動かしていくことによって可動域を拡げていくことになります。これを可動域訓練(かどういきくんれん)と呼びます。

ただ、骨が安定する前にこの可動域訓練をやりすぎると骨がズレてしまいかねません。ですから、主治医の判断をしっかり聞いた上でのリハビリをしましょう。

痛み

骨折がくっついても手首を動かすと痛いということは結構あります。

それは先ほど述べた関節がカタくなっていてるのが原因であることが多いです。その場合は多少の痛みを伴おうが、可動域訓練リハビリを行うことが最終的な痛みのない手首を作るために重要と言えます。

むくみ、腫れ

リハビリを行わず、動かさない期間が長ければ長いほど、腫れやむくみ(浮腫)は強まり、残ります。

筋肉を使わない、うごかさないということで血の巡りが滞ってしまうせいですね。

コーレス骨折の場合は指は動かしても問題ないので、第一、第二、第三関節までできるかぎりフル可動域でたくさん動かすということは治療直後からやりたいことです。

手指の可動域リハビリ

ということで、手の指のリハビリ、可動域訓練からです。

まず、指先から1つめ(DIP関節)
2つめ(PIP関節)
3つめ(MP関節)
まで
すべての指の関節がしっかり動くことを確認してください。

 

シーネやギプスが長すぎて、
その関節が動かないようでは、
いいリハビリはできません。
指の関節が固まってしまいます。

ですので、指の関節が動かない場合は、
主治医に相談してください。
シーネやギプスをまき直します。

そして、リハビリはシンプルです。

指を完全に伸ばして、完全に曲げる
それを3つの関節(親指は2つ)すべてにおいて
しっかりやるということです。

img_6363-e1471865681657-250x300 img_6362-e1471865702265-292x300 img_6360-e1471865731746-225x300

最初は痛みがあったり、
むくみ、腫れがあって、
なかなかできないかもしれません。

それでも少しずつ、
動く幅が広がるようにやっていきましょう。

手関節(手首)の可動域リハビリ

骨がくっつくか、
手術でしっかり固定されたと判断した時点から、

手首を動かしていくことになります。

こちらのほうが
骨折部位と近くて心配だと思います。

 

どの程度の痛みを我慢して、
リハビリをやっていくべきかは
主治医とよく相談してください。

 

これは実際にケースバイケースです。

そして、
手首(手関節)の可動域の訓練は
主に4種類です。

それは手関節の動きで言うと、

  • 掌屈
  • 背屈
  • 回内
  • 回外

になります。

それぞれどういう動きかというと、

掌屈:掌(手のひら)側に手首を曲げる動き

admin-ajax-1

背屈:手背(手の甲)側に曲げる動き

回内:「小さく前へならえ」の姿勢から手のひらを下に向ける動き
回外:「小さく前へならえ」の姿勢から手のひらを上に向ける動き

になります。

回内、回外において、

「小さく前へならえ」の姿勢から

というのは、

そこで、肩の動きを固定する意味があります。

要は、回内も回外も
手のひらをくるくると回す動きですが、

実際は、肩関節もくるくる回るので、
(肩の内外旋)
実は手首を回してるつもりが、
肩で回しているだけということがあります。

 

それでは意味ないので、「小さく前へならえ」で
肩を動かさないようにしているんですね。

実際のリハビリは、
それぞれ骨折していない側の手を使って、

手首をそれぞれの方向に
じわじわと曲げていく、動かしていく。

それをゆっくりと10回1セットにして、
2−3セット/日を最低として
毎日継続していただくというのが基本になります。

橈骨遠位端骨折の中でコーレス骨折に特有の傾向とリハビリ

コーレス骨折はこの下のコーナーでもご紹介しているように、橈骨遠位端骨折の中でも先端が手の甲側にずれている骨折になります。

このコーレス骨折のズレ方からリハビリにおいて特に注意したいポイントをお伝えします。

手をつかないように注意する

骨がある程度くっついて、固定が外れたとしても、しばらくは手の平をついて、「よっこいしょ」と体重を支えるような動きはやめておきましょう。

これは体重が手首にダイレクトにかかり、思いの他、強い負荷ですし、コーレス骨折をしてしまったときとまったく同じ力を加えることになります。

固定が外れても最低でも2週間はやめたほうがいいですし、主治医に負担はそろそろかけても大丈夫か聞くことが大切です。

掌屈をより重点的に

やや手首の形がズレている場合は、コーレス骨折の場合は手首を反らす(背屈)方が動きやすいはずです。ベースの骨の変形が反らす方に傾いてしまっていますから。

そのため、手の平側に曲げる掌屈という動きがカタくなりやすい傾向がありますので、そこを重点的にやってみましょう。

ただ、ギプスなどの固定肢位(手首の形)でもその傾向は変わってきます。

コーレス骨折で防ぎたい後遺症

コーレス骨折で防ぐべき後遺症として主なモノ2つをご紹介します。

1.手首がカタくなってしまう(関節可動域制限)

まず、手首がカタくなってしまう
ということです。

これはさきほどから口酸っぱく言っている話ですね。
骨折後、多少は必ずと言っていいほど起こります。

 

スポンサード リンク

これらの動きの角度が
カタくなることで、

日常生活や、スポーツパフォーマンスにおいて、
できないことがでてきてしまうのと、

ギリギリできても、
そこで痛みが走ってしまうということが起こりえます。

2.手首の骨折がくっつかない、ズレてしまう(偽関節、変形治癒)

これは頻度は少ないといえますが、

偽関節という、くっつかない状態なんてのは、
非常に重症で、

ほぼ再手術です。

それも、他の部位から骨を移植する、
骨移植が必要なことがあります。

そこまでいかなくても、
ギプスや手術後に、
無理をして動かしてしまったり、

再度転倒してしまって、骨折がズレてしまう。

これは比較的起こりやすく、
注意が必要なものです。

コーレス骨折とは?

まず手首の骨折において
最も頻度が高い、
橈骨遠位端骨折についてカンタンに解説いたします。

コーレス骨折も橈骨遠位端骨折の1つです。

橈骨(とうこつ)とは
前腕を構成する2本の骨のうち、
親指側の骨であり、

手首側で太くなって、
手首の関節の主役の骨です。

cfc4aa4cec3d4ba3cad4ce638c4cd257-300x295

その橈骨の「遠位端」ですが、

遠位と近位という言葉は医学において
よく使われます。

心臓(身体の中枢)に近い方を近位
遠い方を遠位

すなわち、遠位は手の指に近い方になるわけですね。

そのため、肘から手首までの前腕の骨である
橈骨においては、
遠位端というのは手首を表します。

長々と説明いたしましたが、
要は、橈骨の手首側の骨折

それが橈骨遠位端骨折となります。

コーレス骨折とは?

橈骨(とうこつ)という前腕の骨の手首側の骨折を橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)というわけですが、

この橈骨遠位端骨折のうち、先端が手の甲側にズレている骨折をコーレス骨折(Colles’s fracture)といいます。

 

このコーレス骨折が一番多い理由は、その骨折が起こるメカニズムです。

通常、転倒などをしてしまったときに、身体を支えるために手を地面につくと思います。そのときにほとんどのケースでは手の平から地面につきます。 そうすると、手の平から手の甲側に力が加わりますから、骨折した場合に手の甲の方に手を含む骨折の先端がズレるわけです。

まとめ

今回はコーレス骨折のリハビリテーションのポイントについて解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

骨折というマイナス状態からゼロに戻すだけでなく、さらにプラスへ持っていく方法や考え方についてはメールマガジンで解説していますので、興味が持っていただけましたらご登録をお願いします。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。