かかとの骨折を疑う症状と踵骨骨折の基本を専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

かかとの骨は踵骨(しょうこつ)といいますが、意外と折れやすい骨折です。それは高いところからの着地などで最初に衝撃が加わるのはかかとの骨であることが多いからですね。

そして、意外とカタくないのがかかとの骨です。

そのため、このくらいじゃ折れてないだろうと思っても折れていることもあります。そんな骨折を疑う症状とこの踵骨骨折の基本的なことについて解説していきます。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

かかとの骨折を疑う症状

このかかとの骨折を疑うべき症状についてですが、その前に、踵骨骨折が起こる典型的なメカニズムについて解説いたします。

一番典型的なメカニズムは高所からの転落で踵から着地してしまった場合です。踵の下には脂肪体というクッションがありますが、そのすぐ上は踵骨です。そして、膝や股関節などで着地の衝撃を吸収できればまだしも、うまくタイミングが合わずに着地してしまうと踵骨が折れてしまうということになります。

もう一つは足首の捻挫のような状態で踵骨が折れてしまうというケースです。踵骨の上には距骨という骨があり、その距骨と距踵関節という関節を形成しています。そして、足首を捻ってしまった場合にこの距踵関節の動きが激しくなり、踵骨にも強い負荷がかかります。

つまり、高いところからの着地や足首を捻ってしまって、かかとが痛いという時に骨折を疑いはじめることになります。

スポンサード リンク

歩けないくらいの痛み

まずシンプルに骨折は打撲に比べ痛みが強いです。

そして、踵骨は体重がかかる場所ですから踵骨骨折の時は歩けない、体重がかけられないというケースが多いです。

ちなみに足首の他の部位の骨折と比べると、足首は動かせることも少なくありません。それは足首の主要な動きである底屈、背屈は距骨と下腿からなる距腿関節がメインで動き、その下の距踵関節はあまり動かないので、捻る動き以外ではそこまで強い痛みが出ないというのも踵骨骨折の注意点です。

内出血

踵骨周囲は大きな筋肉もなく皮膚と骨の距離が近いので、骨折したときの内出血が早くに皮膚から透けて変色として見えます。 踵の骨の周囲に内出血がある場合はやはり骨折を疑います。

もちろん、打撲だけでも出血しますが、その場合は、まさに強打した部位が出血するはずです。しかし、骨折の場合は強打した部位というよりは骨折した部位が内出血するはずなので1つ鑑別ポイントになります。

もう一つ注意点ですが、内出血は重力に従って移動します。つまり、足首のくるぶしが骨折している場合も時間が経てば内出血はかかと周囲に来ていることが多いというわけです。なので、内出血の部位は時間が経てば経つほど当てにはならないというのも注意点です。

歩けるかかとの骨折もある

歩けないくらい痛いと言いましたが、部位や程度によっては歩けることもあります。

例えば、アキレス腱の付着部の裂離骨折(剥離骨折)なんかは意外と歩けてしまうことはありますし、ちょっとしたヒビが入った程度なら歩けることもあります。

歩けるからと言って、病院に行かずに放置することなく、一度は診察を受けることをオススメします。

 

踵骨骨折の基本をおさらい

踵骨(しょうこつ)とは?

踵骨というのはまさに「踵(かかと)」の骨です。通常の歩行では最初に踵から地面について体重を支える大切な部位と言えます。

距骨(きょこつ)と距踵関節(きょしょうかんせつ)をつくる

この踵骨の上には距骨(きょこつ)という骨が乗っかっています。この距骨はまさに足首という関節の主役とも言える大切な骨で、足首が動くときには距骨が必ず動いていると言ってもいい骨ですが、

この距骨と距踵関節(きょしょうかんせつ)という関節を形成しています。

この距踵関節は足首の回内と回外という動きを担当します。この関節を境に距骨が内側に傾いたり、外側に傾いたりという動きになります。

こちらで言うと、

  • Inversion:回外 もしくは 内がえし
  • Eversion:回内 もしくは 外がえし

ですね。

内なのか外なのかハッキリしろと怒られそうな用語ですし、回内外と内がえし、外がえしは厳密には違う話ですが、定義もふわふわしているので、考えすぎないのがいいかなとも思います。

アキレス腱の付着部である

踵骨のもう一つの役割はアキレス腱の付着部であるということです。 アキレス腱は踵骨の後ろに付着します。

3d rendered illustration of the achilles tendon

逆に言うと、アキレス腱を下に追って触れていくとカタい骨にあたります。それが踵骨のアキレス腱付着部であるということですね。

このアキレス腱の付着部で骨折してしまうという特殊なタイプの骨折もあり、この骨折の場合はアキレス腱に引っ張られて骨がズレていきやすいという特徴があります。

踵骨骨折の特徴

この踵骨が折れてしまう踵骨骨折の特徴を2つ整理しておきます。

体重をダイレクトに受ける骨

1つはダイレクトに荷重がかかる骨である、体重を受け止める骨であるということです。

つまり、歩く、走る、ジャンプする、といった基本動作において非常に重要な骨であるということですね。重要だからこそ「踵」という漢字が当てられているのかもしれません。

周りの軟部組織が薄い

もう一つの押さえておきたい特徴は周りの軟部組織が薄いということです。

他の骨の多くは筋肉に取り囲まれていたり、厚い皮下脂肪に覆われていたりと皮膚と骨との距離がある程度あるわけですが、踵骨の場合は下は脂肪体と呼ばれるクッション代わりの脂肪が豊富ですが、内側と外側はだいぶ薄いです。すぐに骨が触れてしまうと思います。

この軟部組織が薄いというのは2つのデメリットがあります。

1つは腫れやすいということ、そして、もう一つは手術後の創の治りがイマイチであるということです。その大きな要因は軟部組織が薄いが故に、血の巡りが悪くなりやすいということになります(逆に軟部組織が分厚ければ、多少損傷してもどこかしら血流が保たれます)。

 

まとめ

今回はかかとの骨折、すなわち踵骨骨折を疑うべき症状について解説いたしました。 少しでも参考になりましたら幸いです。

骨折というマイナス状態からゼロに戻すだけでなく、さらにプラスへ持っていく方法や考え方についてはメールマガジンで解説していますので、興味が持っていただけましたらご登録をお願いします。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。