踵骨骨折の症状から治療、全治までまるごと専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

かかとの骨は踵骨(しょうこつ)といいます。

これは意外と折れやすい骨です。

それは高いところからの着地などで最初に衝撃が加わるのはかかとの骨であることが多いからですね。

そして、意外とカタくないのがかかとの骨です。

そのため、このくらいじゃ折れてないだろうと思っても折れていることもあります。そんな骨折を疑う症状というような基本的なことから、治療につかう装具、治療に重要なリハビリテーション、全治までの流れなどについて解説していきます。

それぞれより詳しい記事も紹介しておりますので、全体像を掴みながら参考していただければと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

踵骨(しょうこつ)とは?

踵骨というのはまさに「踵(かかと)」の骨です。通常の歩行では最初に踵から地面について体重を支える大切な部位と言えます。

距骨(きょこつ)と距踵関節(きょしょうかんせつ)をつくる

この踵骨の上には距骨(きょこつ)という骨が乗っかっています。この距骨はまさに足首という関節の主役とも言える大切な骨で、足首が動くときには距骨が必ず動いていると言ってもいい骨ですが、

この距骨と距踵関節(きょしょうかんせつ)という関節を形成しています。

この距踵関節は足首の回内と回外という動きを担当します。この関節を境に距骨が内側に傾いたり、外側に傾いたりという動きになります。

こちらで言うと、

  • Inversion:回外 もしくは 内がえし
  • Eversion:回内 もしくは 外がえし

ですね。

内なのか外なのかハッキリしろと怒られそうな用語ですし、回内外と内がえし、外がえしは厳密には違う話ですが、定義もふわふわしているので、考えすぎないのがいいかなとも思います。

アキレス腱の付着部である

踵骨のもう一つの役割はアキレス腱の付着部であるということです。 アキレス腱は踵骨の後ろに付着します。

3d rendered illustration of the achilles tendon

逆に言うと、アキレス腱を下に追って触れていくとカタい骨にあたります。それが踵骨のアキレス腱付着部であるということですね。

このアキレス腱の付着部で骨折してしまうという特殊なタイプの骨折もあり、この骨折の場合はアキレス腱に引っ張られて骨がズレていきやすいという特徴があります。

踵骨骨折の特徴

この踵骨が折れてしまう踵骨骨折の特徴を2つ整理しておきます。

体重をダイレクトに受ける骨

1つはダイレクトに荷重がかかる骨である、体重を受け止める骨であるということです。

つまり、歩く、走る、ジャンプする、といった基本動作において非常に重要な骨であるということですね。重要だからこそ「踵」という漢字が当てられているのかもしれません。

周りの軟部組織が薄い

もう一つの押さえておきたい特徴は周りの軟部組織が薄いということです。

他の骨の多くは筋肉に取り囲まれていたり、厚い皮下脂肪に覆われていたりと皮膚と骨との距離がある程度あるわけですが、踵骨の場合は下は脂肪体と呼ばれるクッション代わりの脂肪が豊富ですが、内側と外側はだいぶ薄いです。すぐに骨が触れてしまうと思います。

この軟部組織が薄いというのは2つのデメリットがあります。

1つは腫れやすいということ、そして、もう一つは手術後の創の治りがイマイチであるということです。その大きな要因は軟部組織が薄いが故に、血の巡りが悪くなりやすいということになります(逆に軟部組織が分厚ければ、多少損傷してもどこかしら血流が保たれます)。

かかとの骨折を疑う症状

かかとの骨折を疑う症状と踵骨骨折の基本を専門医が解説

2018.02.15

このかかとの骨折を疑うべき症状についてですが、その前に、踵骨骨折が起こる典型的なメカニズムについて解説いたします。

一番典型的なメカニズムは高所からの転落で踵から着地してしまった場合です。踵の下には脂肪体というクッションがありますが、そのすぐ上は踵骨です。そして、膝や股関節などで着地の衝撃を吸収できればまだしも、うまくタイミングが合わずに着地してしまうと踵骨が折れてしまうということになります。

もう一つは足首の捻挫のような状態で踵骨が折れてしまうというケースです。踵骨の上には距骨という骨があり、その距骨と距踵関節という関節を形成しています。そして、足首を捻ってしまった場合にこの距踵関節の動きが激しくなり、踵骨にも強い負荷がかかります。

つまり、高いところからの着地や足首を捻ってしまって、かかとが痛いという時に骨折を疑いはじめることになります。

スポンサード リンク

歩けないくらいの痛み

まずシンプルに骨折は打撲に比べ痛みが強いです。

そして、踵骨は体重がかかる場所ですから踵骨骨折の時は歩けない、体重がかけられないというケースが多いです。

ちなみに足首の他の部位の骨折と比べると、足首は動かせることも少なくありません。それは足首の主要な動きである底屈、背屈は距骨と下腿からなる距腿関節がメインで動き、その下の距踵関節はあまり動かないので、捻る動き以外ではそこまで強い痛みが出ないというのも踵骨骨折の注意点です。

踵骨骨折に使う装具

骨折の治療の中で骨折部の負担を軽くしながらリハビリを行ったり日常生活を行ったりするために「装具」を使うことがありますが、踵骨骨折ではその頻度が多いと言えます。

踵の骨折に有効な3つの装具を専門医がわかりやすく解説

2018.03.03

踵骨骨折に使う装具はいくつかありますが、それぞれ使う目的が違いますので正しく目的や特徴を理解しながら使用していきましょう。

基本は主治医の指示のもと使用装具が決まってくるわけですが、ときには逆に患者さんから「こういう装具はどうですか?」と聞いてみてもいいと思います。

グラフィン装具(踵免荷装具)

グラフィン装具と呼ばれるモノで踵に体重がかからず、足の前方で体重を受けるように踵が浮いたような構造になっています。

グラフィン装具の例
(リンク先はテクノブレイスさんのショートタイプグラフィン装具です。)
http://www.technobrace.com/products/product17.html

踵骨骨折の治療成否のポイントはいかに骨がくっつくまで体重をかけないか?ということになります。

しかし、骨がくっつくまでには1–2ヶ月かかりますから、それまで松葉杖や車椅子での生活もなかなか大変ですし、足の筋肉も落ちていってしまいます。

そこで骨折した踵の骨には体重をかけずに、でも、足全体には体重をかけて歩くための装具です。

松葉杖で片脚歩行が難しい人(高齢で歩行が不安定だったり、両手をフルで使えない事情があったり、逆側の足もケガをしていたりなど)や、早期から少しでも足を使いたい人などが適応です。

また、グラフィン装具も多少長いタイプになると足首もしっかり固定されるのでゆるめのギプス固定のような効果もあります。

踵骨骨折でグラフィン装具を使うときの注意点

このグラフィン装具は踵骨骨折の理想的な装具のように思いますが、そんなにみんながみんな使う装具ではありません。

そのデメリットの一番は費用面ではないかと思います。

シンプルに高いです。

健康保険で7割ほど戻ってきても、それでも高いです。

価格は高いのですが、使うのは短期間、骨がくっつくまで・・・

なんか勿体ないですよね。

ですので、費用対効果というものも考慮に入れながら使用を検討してもらっています。

アーチサポートインソール

こちらは要は靴の中敷きですが、踵骨骨折の治療において一番作る装具じゃないかなと思います。

グラフィン装具のように踵に体重がかからないというところまではいきませんが、足の裏全体で体重を支えることで、踵骨骨折部にかかる負担を減らすという目的で使います。

これも市販のインソールじゃなくて、足裏の形にピッタリフィットしたモノを作ることで効果が高まります。

踵骨骨折でアーチサポートインソールを使うときの注意点

このアーチサポートインソールを使うときは体重をかける前提ですから、ある程度は骨折部が安定しているという判断のもとで作ります。

まだ体重を支えきれない状態と判断されれば、まだ時期尚早と言えますが、装具は採型して完成前1週間から2週間かかりますから、それを見越して作り始めます。

また、使用頻度が高い靴に合わせて作るので、インソールの採型時は靴を持参しましょう。

踵骨骨折に必要なリハビリテーション

踵骨骨折の治療過程においては手術をしようが、しまいが、常に大切なポイントとなるのが「リハビリテーション」になります。 最終的に足首の動きや体重を支える働きが回復して、日常生活、スポーツ、仕事など様々な場面でフルに使える状態にするためにはリハビリテーションはとても大切です。

踵骨骨折においてリハビリテーションはおおきく3段階に分かれます。

  • 第1段階:足首固定時期の筋力訓練
  • 第2段階:足首を柔らかくしていく訓練(ROM訓練)
  • 第3段階:体重をかけていく訓練(荷重訓練)

その順番で解説していきますが、これらの訓練の段階を踏む時期は骨折の状態や手術の有無、手術の出来などによって変わりますので、主治医とよくご相談をお願いします。

足首を固定しているうちは等尺性筋力訓練

骨折したて、もしくは手術したての時は足首は動かせないようにシーネ(+包帯)やギプスというもので固定されています。

それは骨折がズレてしまうことを防ぐのが一番の目的ですから、とても大切なことです。

そこでは片脚の松葉杖歩行の練習や足首以外をよく動かす訓練(筋力維持目的)が基本になります。

さらにもう1つレベルを上げるとすれば、足首周りの筋肉の等尺性筋力訓練を行うということです。

これはギプスやシーネの中で足首は動かせないが力を入れるということです。そうすることで足首は動かなくても筋肉は収縮し、筋力低下を防ぐ効果が期待できます。

この動画は固定はしておらず、逆の足で抵抗して足首は動かさないけれども力は入れている状態を作ってトレーニングをしています。

ギプスをしている場合は足首はかなり強く固定されていますからいいですが、シーネと包帯の場合は包帯は伸びるので力を入れると多少動いてしまいます。そのため、このように動かないように逆の足か手を使って抵抗を加えて力を入れていくことが必要です。

これ以降のリハビリの詳細はこちらの記事をご参照ください。

踵の骨折に必要なリハビリを専門医が解説します

2018.03.09

踵骨骨折後の歩けるまでの治療の流れと期間

踵骨骨折をしてしまってから、まず1つの目標になる「歩ける」という状態までの治療の流れとその期間についてです。

この「歩く」ということは基本的には踵の骨にかかる体重との関係がポイントになります。これは手術をしてもしなくてもそこまで大きな違いはありません。

手術をして骨を固定しても、体重に耐えうるほどの固定はできないので結局は骨がくっつくのを待つしかないというのが現状です。

まず「歩ける」という状態は複数あることをおさえる

ひとくちに「歩ける」と言っても、その状態はいくつかのケースがあります。

松葉杖で体重をかけずに歩ける

まずは松葉杖を使って踵を骨折した側の足に体重をかけないようにして歩くということです。

これは松葉杖での片脚歩行ができる体力、スキルさえあれば骨折してしまったその日から可能です。 ただし、ある程度の両手の力とバランス感覚、慣れがないと逆に転倒のリスクもあるのが松葉杖の片手歩行です。僕の経験上はご健康な人でも50–60歳くらいからはなかなか難しい人もいらっしゃいます。

その点はよく理解し、時にはリハビリテーションなども活用しながら安全に歩けるように心がけてください。

装具を使って足にかかる体重を調整しながら歩ける

次の「歩ける」はかける体重を調整した歩行です。

それは先ほどの松葉杖を使っても体重を調整することができます。だいぶアバウトですが。

もしくは装具を使うということです。 装具は骨折後や手術後しばらくは腫れも強いので作製を待ちます。踵を完全に免荷する装具であれば、早めに使用しても踵の骨には負荷が少ないので、腫れが引けてくる2週間目以降くらいに作製して、その翌週くらいに装着するというケースが多いかと思います。

 

フルで体重をかけて歩ける

そしていよいよ、いわゆる「歩ける」状態である、フルに体重をかけて歩くということですが、

これは踵の骨が全体重に耐えうる状態があることが必要です。

それはつまりは骨がかなりくっついた状態と言えます。

そこまではだいたい6–8週間程度はかかることが多いです。

全治期間についてのさらなる詳細はこちらをご参照ください。

踵の骨折後 歩けるまでの期間は?全治は? 専門医が解説します

2018.03.16

踵骨骨折で注意すべき後遺症

踵骨は足にとって重要な骨で、かつ、治療が少し難しい骨折になりやすいという特徴があります。どんな後遺症を注意しながら治療しているかということを知っていただくことは有益なことだと思います。

踵骨骨折で注意すべき後遺症として3つの後遺症を解説します。

皮膚の障害(変色・感染・しびれ・むくみ)

かかとの骨の周囲は皮下脂肪も薄く、筋肉も腱くらいしかないので皮膚から骨までの距離が短い、薄い場所です。

そのため、血の巡りも悪く、皮膚に障害が起こることがあります。

特に手術をして皮膚を大きく切開した場合に多いわけですが、そうでなくても、骨折のあとに内出血大きな腫れが出現し、さらに水ぶくれ(水疱)が多発するといよいよ皮膚のコンディションは悪いです。

最悪なのはそこから感染(化膿)してしまって、瘻孔(ろうこう)という穴が空いてしまったり、周りにどんどん拡がってしまったりなんてこともあり得ます。 その場合は中を洗浄したり、抗生物質の点滴を入院しながら継続する必要が出てきたりします。

そこまででないにしろ、皮膚の色が変わって(色素沈着)、厚ぼったい感じが残ったり、むくみやすい状態になったり、しびれがのこったりというような後遺症は比較的多いと言えます。

防ぐにはケガの直後や手術の直後が大切

これらを防ぐにはケガや手術の直後が大切です。いかに腫れや内出血を少なくするかを考えます。

そのために足を高く挙げて(心臓より高く挙げて、腫れや内出血を心臓に戻すようなイメージです)、多少の圧迫と多少のアイシング、固定を行うのが基本です。

外傷後の基本であるRICE療法ですね。

スポンサード リンク

体重をかけるときの痛み

かかとの骨は体重がダイレクトにかかる骨ですから、骨折後の後遺症として体重をかけたときの痛みというのは起こりうるものです。

歩くくらいは大丈夫でも走ったり、ジャンプの着地などが痛いという後遺症は少なくありません。

防ぐにはできるだけいい形で骨が治ること

これを防ぐには、できるだけいい形で骨が治るということが必要で、そのために手術を行うことがあるということですね。

さらにリハビリテーションは徐々に体重をかけていくわけですが、ここで医師の指示の範囲内であれば怖がりすぎないことがポイントです。

長い間、かかとに体重がかからないと骨が弱ってしまう(骨萎縮)ことがあって、それが痛みの原因になることがありますので、やはり、適切なバランスのいい刺激というものも必要だということになります。

足首の可動域制限・拘縮

足首の可動域制限、すなわち拘縮(関節がかたくなってしまうこと)も起こりうるものです。

特にかかとの骨である踵骨はその上の距骨(きょこつ)と距踵関節(きょしょうかんせつ)を形成していて、足首の動きとしては、内がえし、外がえし、もしくは回内外という動きを担当しています。

詳しくは後半のおさらいコーナーをご覧ください。

また固定が長くなるために足首の底背屈の拘縮も直接は関わらないかかとの骨折でも十分起こりえます。

防ぐには関節面の骨折の治癒となによりリハビリ

この可動域制限を防ぐには、まず距踵関節の関節面が大きな段差などがなくくっついてくれることが必要です。その上でしっかりとしかる時期に足首を動かす可動域訓練(リハビリ)を行うことが大切です。

さらに後遺症が残ってしまったときに、その後遺症によっては診断書を医師に書いてもらって公的なサポートを得ることができます。こちらもご参照ください。

踵の骨折で注意したい後遺症と後遺症診断書について専門医解説

2018.02.22

まとめ

踵骨骨折の全体像を掴んでいただくのを主眼において解説いたしました。少しでも参考になりましたら幸いです。

骨折というマイナス状態からゼロに戻すだけでなく、さらにプラスへ持っていく方法や考え方についてはメールマガジンで解説していますので、興味が持っていただけましたらご登録をお願いします。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。