骨挫傷を早く治す治療法をまるごと専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は骨挫傷(こつざしょう)の治療法について、特に「早く治す」ということについてどう考えればいいのか?を解説いたします。

実際のところ、早く治すと言う意味での特効薬はありません。本質的には身体が治ろうとする努力を邪魔しないということが大切な視点になりますし、邪魔しちゃっている人が多いなというのが僕の実感です。 そこらへんについて、詳しく解説していきたいと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

骨挫傷に対する治療法

では骨挫傷を早く治すには?という治療について解説してまいります。

治療について考えるために、似たような病態の骨折と比べてみましょう。

骨折の場合はズレがあれば、戻して(整復)、またズレないように(固定)しないといけませんね。 そのためにギプスがあったり、手術をしたりということが治療になるわけですが、骨挫傷であれば骨の殻が折れてないのでズレる心配はほぼほぼありません。ということで、ギプスや手術という治療法が必要になることはほとんどありません。

ありませんが、

不顕性骨折というレントゲンでもわからない骨折と骨挫傷がMRIでも見分けがつかないことがあるので、その場合は最初は固定したりすることはあります。

しかし、だいたいは骨挫傷という状態から治ろうとする骨の力、身体の力を邪魔しないという視点での治療になります。

安静 痛いことをしない

一番シンプルな考え方は

「痛いことをしない」

です。

痛みは身体の防御サインであり、治ろうとする力の1つですから、それに従うというのは基本ですね。

ただ、もう一歩考えを進めると、

どのようなメカニズムで骨挫傷になったかを重視します。

例えば、膝の骨挫傷で 膝が内側に入ってしまっての骨挫傷だとすれば、

似たような動きにならないようにします。

それは気をつけるだけでもいいかもしれませんし、 重症度によっては

テーピングやサポーター、装具などを用いる必要があるかもしれません。

スポンサード リンク

体重をかけない

骨への大きな負荷になるのは、その骨に体重がかかるという状態です。

まさに骨の大きな働きが体重を支えることになりますから、負担がかかって当然ですね。

下半身の骨挫傷であれば、最初は松葉杖などで完全に体重がかからないようにしますし、腕や手であれば三角巾でつって、あまり使わないように意識したりというようなことをやります。

関節を固定する

関節を固定するというのも大きな安静手段です。

骨挫傷は骨と骨がぶつかることで起こることが多いので、関節付近が傷むことが多いわけです。とすると、関節を動かすことによる負担は思いの他大きい、と考えるべきです。

そのため、骨折じゃなかったとしても、最初だけ関節を固定するという方法がとられることがあります。

適切な時期の負荷

ただし、いつまでも安静にしていればいいというわけではありません。

いつまでも安静にしていれば関節はカタくなり筋力は低下し骨は弱くなります。その状態ではケガの再発のリスクも高いですし、痛みも実際は残りやすい傾向があります。

筋力が一部弱いだけで、痛みが残ることがありますし、関節がカタければ一定以上に関節を動かしたときに痛みが走ります。

これでは治療がうまくいったとは言いがたいわけです。

そのため、やるべきは、 ある程度骨挫傷が治癒してきた段階で負荷をかけていくということです。

適切な時期に適切な負荷を段階的にかけていく

これがポイントです。

 

一言で言えば、そうなんですが、それがまた難しい。

結局、痛みを指標にしながら慎重かつ大胆にやっていくしかありません。

負荷に対する痛みの性質を判断する

そこで必要なのが

痛みの評価です。

負荷を上げていく中で感じる「痛み」がどういう意味を持つのか?

これを考える必要があります。

「安静」のときに解説した痛みは、 単に避けるべきもので、 「安静が足りない」という意味の痛みでした。

これは受傷直後、安静が最重要な時期の痛みの評価です。

 

しかし、負荷をかけていく段階では 痛みが別の意味をもつ場合があります。

もちろん、

「まだその負荷は早い、待ちなさい」

ということもありますし、まずこれを考えます。

しかし、

関節の正常な可動範囲を動かすだけで痛いというケース

これは安静時期ののちに動かし出すとよくありますが、

これは、関節がカタくなっているサインで、 多少の痛みは許容して動かしていいサインと言えます。

この場合の痛みとの付き合い方は、リハビリ的に関節を動かした「あと」に 痛みが悪くなっている場合は「やりすぎ」 と考えて調整します。

 

このように痛みをどう評価するか?

これで負荷の上手なかけ方がかわってきます。

しかし、これは簡単なことではありませんので、主治医にも質問してみましょう。

骨挫傷に合併した○○の治療がむしろ重要

さらには

  • 骨挫傷と思いきや○○
  • 骨挫傷に加えて○○

というような○○病態に対する治療の方が実は重要だったりしますので、よくよく主治医と相談してください。

軟骨下骨折→骨壊死

骨挫傷は骨と骨がぶつかるようなメカニズムで起こることがあります。

その場合に、実際は関節でぶつかるわけですから、軟骨と軟骨がぶつかります。

その結果、骨挫傷で済めばいいのですが、軟骨下骨折(なんこつかこっせつ)という軟骨のすぐ深くにある骨が折れてしまう状態や、次に述べる軟骨損傷が起こることがあります。

軟骨下骨折の場合はその後の経過を注意してみていかないと(ときに体重をかけないような安静など)、骨壊死(こつえし)という骨の栄養、血流低下による細胞死が起こってしまい、軟骨がだんだん凹んできてしまうということが起こりえます。

その結果、次に述べる変形性関節症となり、体重がかかると痛い、曲げ伸ばしで痛い、関節がかたいというような後遺症が残ることがあります。

軟骨損傷→変形性関節症(軟骨すり減り)

軟骨損傷も程度によって、だんだん軟骨のすり減りが増していって変形性関節症となってしまいます。

変形性関節症はもともとツルッとスムーズに滑った軟骨がすり減り、ざらざら、ぼこぼこしていって動かすたびに軟骨はわずかながら削れていって、関節の形が変形し、関節の炎症が続いてしまう状態です。

その症状の多くは関節の痛み、関節の可動域制限によって日常生活に支障がでるほどです。

靭帯損傷による関節グラグラ(不安定)

また、骨と骨が関節においてぶつかるくらいの状態で骨挫傷が起こったとして、それは関節にとっては想定外の動きです。

想定外と想定内を決めているのは関節を安定化させていてる靭帯です。

この靭帯の許容範囲を超えて動かされてしまった関節は脱臼するか、亜脱臼して、靭帯は断裂してしまいます。

骨挫傷 + 靭帯損傷は特に膝でよく起こり、前十字靭帯損傷のときはたいてい骨挫傷も一緒に起こっています。

内側側副靱帯と前十字靱帯が断裂する図

ということは、骨挫傷がある場合はその関節の靭帯がどこか切れていないか?と疑ってかかることが基本なんですね。

そして、靭帯が断裂していれば、そのせいで関節がぐらぐら状態となり、関節によっては脱臼を繰り返したり、また、脱臼までいかなくても、膝なら膝崩れが起こりやすかったり、踏ん張りがきかなかったり、半月板など他の場所にも損傷が拡大していったりしてしまいます。

実際には不顕性骨折→骨折がズレる

また、骨挫傷と考えられていたが、実際には不顕性骨折というレントゲンではわからない骨折だったというケースがあります。

MRIでは骨折でも骨折周りが出血、浮腫を起こしますから、骨挫傷と見分けがつかないことがあるんですね。

その場合に早め早めにリハビリやスポーツ復帰をしてしまったために不顕性骨折が、いよいよズレてしまうなんてことが起こりえます。

まとめ

今回は骨挫傷を早く治すには?という視点で解説いたしました。少しでも参考になりましたら幸いです。

骨折というマイナス状態からゼロに戻すだけでなく、さらにプラスへ持っていく方法や考え方についてはメールマガジンで解説していますので、興味が持っていただけましたらご登録をお願いします。

 

 

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。